研究者
J-GLOBAL ID:202001003655604540   更新日: 2020年09月24日

川島 享祐

カワシマ キョウスケ | Kawashima Kyosuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 法学研究科  法学政治学専攻博士課程後期課程   准教授
  • Graduate School of Law and Politics  Field of Study: Law and Politics   Associate Professor
研究分野 (1件): 刑事法学
研究キーワード (1件): 刑事訴訟法
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2022 被疑者供述の獲得・使用に対する法的規制--自白法則の歴史的・比較法的検討
論文 (9件):
  • 川島享祐. 自白法則の理論的構造に関する再検討. 刑法雑誌. 2020. 59. 2. 171-187
  • 川島享祐. 刑事訴訟における自白の証拠能力 : 自白法則の理論的構造の再検討(8・完). 法学協会雑誌. 2020. 137. 3. 382-461
  • 川島享祐. 刑事訴訟における自白の証拠能力 : 自白法則の理論的構造の再検討(7). 法学協会雑誌. 2020. 137. 1. 29-104
  • 川島享祐. 刑事訴訟における自白の証拠能力 : 自白法則の理論的構造の再検討(6). 法学協会雑誌. 2019. 136. 11. 2377-2475
  • 川島享祐. 刑事訴訟における自白の証拠能力 : 自白法則の理論的構造の再検討(5). 法学協会雑誌. 2019. 136. 9. 1931-2018
もっと見る
MISC (1件):
  • 川島享祐. 刑事判例研究(Number 173)現住建造物等放火被告事件につき,訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる放火方法を認定したことが違法とされた事例[最高裁第二小法廷平成24.2.29決定]. 論究ジュリスト. 2015. 14. 206-211
講演・口頭発表等 (1件):
  • 自白法則の理論的構造に関する再検討
    (日本刑法学会第97回大会 2019)
学歴 (1件):
  • - 2012 東京大学
学位 (1件):
  • 学士(法学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 法学部 法学科 准教授
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 法学研究科 法学政治学専攻博士課程前期課程 准教授
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 法学研究科 法学政治学専攻博士課程後期課程 准教授
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 千葉大学 大学院専門法務研究科(法科大学院) 准教授
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 東京大学 大学院法学政治学研究科 助教
全件表示
所属学会 (1件):
日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る