研究者
J-GLOBAL ID:202001005285232919   更新日: 2020年10月10日

鶴田 健二

ツルタ ケンジ | Tsuruta Kenji
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 自然共生システム ,  森林科学
研究キーワード (4件): 森林水文 ,  森林管理 ,  水資源 ,  蒸発散
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2016 - 2018 森林成長に伴う蒸発散量の長期的変遷が流出水量に及ぼす影響の評価
  • 2016 - 2017 竹林の拡大が山地流域における蒸散量及び流出水量に与える影響評価
  • 2013 - 2016 人工林管理が水資源量に及ぼす影響の評価
  • 2011 - 2016 地形・土壌・植生の入れ子構造的発達をふまえた流域水流出特性の変動予測
  • 2014 - 2015 山地流域における森林の成長に伴う蒸散量及び流出水量変遷の評価
全件表示
論文 (33件):
  • Nobuhisa Koga, Seiji Shimoda, Yasuhito Shirato, Takashi Kusaba, Takeo Shima, Hiroshi Niimi, Tsuyoshi Yamane, Katsufumi Wakabayashi, Katsuhisa Niwa, Kazunori Kohyama, et al. Assessing changes in soil carbon stocks after land use conversion from forest land to agricultural land in Japan. Geoderma. 2020. 377. 114487-114487
  • Kenji Tsuruta, Hiroyuki Yamamoto, Yoshiko Kosugi, Naoki Makita, Masanori Katsuyama, Ken'ichirou Kosugi, Makoto Tani. Slope position and water use by trees in a headwater catchment dominated by Japanese cypress: Implications for catchment-scale transpiration estimates. Ecohydrology. 2020. e2245
  • Yoko Osone, Shoji Hashimoto, Tanaka Kenzo, Masatake G. Araki, Yuta Inoue, Koji Shichi, Jumpei Toriyama, Naoyuki Yamashita, Kenji Tsuruta, Shigehiro Ishizuka, et al. Plant trait database for Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa (SugiHinoki DB): Their physiology, morphology, anatomy and biochemistry. Ecological Research. 2020. 35. 1. 274-275
  • Kenji Tsuruta, Yoshiko Kosugi, Masanori Katsuyama, Ken’ichirou Kosugi, Masakazu Suzuki, Makoto Tani. Long-term effects of evapotranspiration on the flow duration curve in a coniferous plantation forest over 40 years. Hydrological Research Letters. 2020. 14. 1. 1-8
  • Ryuji Ichihashi, Hikaru Komatsu, Tomonori Kume, Yoshinori Shinohara, Kenji Tsuruta, Kyoichi Otsuki. Effects of thinning on canopy transpiration of a dense Moso bamboo stand in Western Japan. Journal of Forest Research. 2019. 24. 5. 285-291
もっと見る
MISC (5件):
  • 鶴田健二. 発想のたまご 学位取得後の10年間を振り返って. 水文・水資源学会誌. 2020. 33. 5. 224-225
  • 谷 誠, 玉井 幸治, 鶴田 健二, 野口 正二. 日本森林学会企画シンポジウム報告「収穫期を迎えた人工林における資源循環利用と水土保全との両立」. 森林科学. 2017. 80. 42-45
  • 鶴田健二. 若手のページ ポスドク3年目に思うこと. 水文・水資源学会誌. 2014. 27. 1. 39
  • 五名美江, 篠原慶規, 小田智基, 山川陽祐, 正岡直也, 若原妙子, 長谷川規隆, 鶴田健二, 平岡真合乃, 飯田真一. 第3回 森林水文学を考える若手研究者の会 開催報告. 水文・水資源学会誌. 2013. 26. 3. 174-178
  • 鶴田健二. 台湾に滞在して思ったこと. 九州大学大学院農学研究院 JSPS 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム News Letter. 2011. 26
講演・口頭発表等 (70件):
  • 熱帯低地林におけるフタバガキ科高木種の水利用特性
    (第131回日本森林学会大会 2020)
  • 桐生水文試験地における45年間の流況曲線の変動
    (第131回日本森林学会大会 2020)
  • Time lags between crown and basal sap flows in tropical broadleaf and temperate conifer trees
    (XI International Workshop on Sap Flow 2019)
  • Contribution of whole-tree water storage to daily transpiration in conifer trees
    (AsiaFlux 2019 -20th Anniversary Workshop- 2019)
  • Hydraulic characteristics and water storage of Japanese cypress using sap flow rate and water potential measurements
    (AsiaFlux 2019 -20th Anniversary Workshop- 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 九州大学 森林資源科学専攻 博士課程
  • 2005 - 2008 九州大学 森林資源科学専攻 修士課程
  • 2000 - 2005 愛媛大学 環境建設工学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学)
経歴 (9件):
  • 2020/07 - 現在 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 総合解析部門 研究員
  • 2019/10 - 2020/06 京都大学 大学院農学研究科 研究員
  • 2019/04 - 2019/10 株式会社 素鶴園
  • 2017/06 - 2019/03 国立研究開発法人森林総合研究所 立地環境研究領域 土壌資源研究室 非常勤特別研究員
  • 2016/04 - 2017/05 京都大学 大学院農学研究科 研究員
全件表示
所属学会 (1件):
日本森林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る