研究者
J-GLOBAL ID:202001021286993277   更新日: 2022年09月14日

辰巳 有紀子

タツミ ユキコ | Tatsumi Yukiko
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2024 がんサバイバーの生活再構築を支援するオントロジーを活用した看護システムの開発
  • 2018 - 2022 悪性脳腫瘍患者の家族に対する看護支援プログラムの作成を目指した研究
  • 2016 - 2019 薬物治療をうける進行・再発大腸がん患者の心理的適応を支援する看護介入モデルの構築
論文 (9件):
  • 荒尾 晴惠, 山本 瀬奈, 福嶋 真志, 來村 徳信, 間城 絵里奈, 辰巳 有紀子, 青木 美和, 溝口 理一郎. 末梢神経障害をもつがんサバイバーの対処方法に関する知識モデルの作成. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2021. 59回. O81-4
  • 竹井 友理, 荒尾 晴惠, 嘉戸 怜子, 田墨 惠子, 渡部 昌美, 高尾 鮎美, 山本 知美, 山下 亮子, 辰巳 有紀子. 化学放射線療法を受ける頭頸部がん患者の疼痛とストレスとの関連. Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S227-S227
  • 辰巳 有紀子, 荒尾 晴惠, 升川 研人, 森田 達也, 木澤 義之, 恒藤 暁, 志真 泰夫, 宮下 光令. 遺族が評価した患者・家族間のEnd of Life Discussion実施の実態(第2報). Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S240-S240
  • 辰巳 有紀子, 荒尾 晴惠, 升川 研人, 森田 達也, 木澤 義之, 恒藤 暁, 志真 泰夫, 宮下 光令. 遺族が評価した患者・家族間のEnd-of-Life Discussion実施の実態(第1報). Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S648-S648
  • 間城 絵里奈, 師岡 友紀, 辰巳 有紀子, 荒尾 晴惠. 手術療法を受けた婦人科がんサバイバーの退院1ヵ月後の支援ニーズの実態. Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S659-S659
もっと見る
MISC (36件):
  • 竹井友理, 山本瀬奈, 師岡友紀, 南口陽子, 畠山明子, 辰巳有紀子, 荒尾晴惠. がん患者における緩和ケア開始時期の認識と関連要因. Palliative Care Research (Web). 2021. 16. 1
  • 前中 夕紀, 荒尾 晴惠, 師岡 友紀, 辰巳 有紀子. 救急医療における終末期患者家族の代理意思決定に向けたプロセスでの看護支援. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2019. 39回. [O55-02]
  • 師岡 友紀, 荒尾 晴惠, 南口 陽子, 畠山 明子, 辰巳 有紀子. がんと診断された患者の緩和ケアに関する認識の実態と関連要因. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S288-S288
  • 青木 美和, 荒尾 晴惠, 畠山 明子, 南口 陽子, 辰巳 有紀子, 師岡 友紀. 通院中の乳がん患者の家族への負担感と関連要因. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S339-S339
  • 藤川 直美, 畠山 明子, 南口 陽子, 淺野 耕太, 高尾 鮎美, 青木 美和, 辰巳 有紀子, 山本 瀬奈, 荒尾 晴惠. 薬物治療中の再発・進行大腸がん患者のソーシャルサポートの認識. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S354-S354
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る