研究者
J-GLOBAL ID:200901000157125573   更新日: 2020年10月07日

髙木 徹

Takagi Akira
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 免疫学 ,  ウイルス学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2007 - 現在 リポソームを用いたHCVワクチンの開発
  • 2018 - 2022 テーラーメイドのがん免疫治療に向けた新しい細胞傷害性T細胞測定法の確立
  • 2014 - 2018 臨床応用に向けた次世代治療ワクチンの開発研究
  • 2010 - 2012 ペプチド表面結合リポソームワクチン用C型肝炎ウイルスCTLエピトープの同定
論文 (8件):
  • Characterization of the flow cytometric assay for ex vivo monitoring of cytotoxicity mediated by antigen-specific cytotoxic T lymphocytes. Biochem Biophys Res Commun. 2017
  • Horiuchi, Takagi A, Kobayashi N, Moriya O, Nagai T, Moriya K, Tsutsumi T, Koike K, Akatsuka T. Effect of the infectious dose and the presence of hepatitis C virus core gene on mouse intrahepatic CD8 T cells. Hepatology Research. 2014. 44. 10. E240-E252
  • 高原表面結合型リポソームによるC型肝炎治療ワクチン開発. 埼玉医科大学雑誌. 2014. 41. 1. 59-63
  • 赤塚俊隆, 内田哲也, 持田 智, 小林 信春, 堀内 大, 髙木 徹. 臨床応用に向けた慢性C型肝炎治療ワクチン研究とインフルエンザワクチンへの応用. 埼玉医科大学雑誌. 2013. 40. 1. 1-6
  • Takagi A, Kobayashi N, Taneichi M, Uchida T, Akatsuka T. Coupling to the surface of liposomes alter the immunogenicity of hepatitis C virus-derived peptides and confers sterile immunity . Biochemical and Biophysical Research Communications . 2013. 430. 1. 183-189
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • Development of the flow cytometric CTL assay for the identification of novel molecule chaperones associated with antigen presentation.
    (RCGMフロンティアシンポジウム 2019)
  • 分子シャペロンgp96の抗原提示に関する研究
    (第22回日本ワクチン学会学術集会 2018)
  • Development of universal HCV vaccine by coupling HCV NS3 protein to the surface of liposomes.
    (日本ウイルス学会学術集会 2015)
  • Development of universal HCV vaccine by coupling HCV NS3 protein to the surface of liposomes.
    (日本免疫学会学術集会 2015)
  • リポソーム表面結合HCV-NS3タンパクによるユニバーサルHCVワクチンの開発
    (日本ワクチン学会学術集会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (埼玉医科大学)
受賞 (1件):
  • 2018/07/01 - 埼玉医科大学医学部同窓会 第29回落合落合記念賞研究助成金 新規がんワクチンアジュバント開発に向けた小胞体分子シャペロンの同定
所属学会 (3件):
日本ワクチン学会 ,  日本免疫学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る