研究者
J-GLOBAL ID:200901000159559910   更新日: 2020年07月13日

竹内 英之

タケウチ ヒデユキ | Takeuchi Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (12件): グライコプロテオミクス ,  品質管理 ,  フォールディング ,  EGF リピート ,  O-結合型糖鎖 ,  O-グルコース糖鎖修飾 ,  質量分析 ,  糖転移酵素 ,  Notch シグナル ,  生化学 ,  糖鎖生物学 ,  がんの生物学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2022 Notch シグナルにおける O-グルコース糖鎖修飾の構造多様性の意義
  • 2019 - 2022 血管内皮におけるNotchシグナル精密制御の基盤となる非典型糖鎖修飾の統合的解析
  • 2019 - 2022 O-グルコース糖鎖修飾による筋衛星細胞における Notch シグナルの制御機構の解明
  • 2019 - 2021 生体内において自由自在に Notch シグナルの強弱を変化させる分子ハンドルの創生
  • 2019 - 2020 衛星細胞の機能異常を生じる新しい肢帯型筋ジストロフィーの原因遺伝子 POGLUT1 の機能解析
全件表示
論文 (11件):
  • Ralser DJ, Takeuchi H, Fritz G, Basmanav FB, Effern M, Sivalingam S, El-Shabrawi-Caelen L, Degirmentepe EN, Kocatürk E, Singh M, Booken N, Spierings NMK, Schnabel V, Heineke A, Knuever J, Wolf S, Wehner M, Tronnier M, Leverkus M, Tantcheva-Poór I, Wenzel J, Oji V, Has C, Hölzel M, Frank J, Haltiwanger RS, Betz RC. Altered Notch signaling in Dowling-Degos disease: Additional mutations in POGLUT1 and further insights into disease pathogenesis. J Invest Dermatol. 2019. 139. 4. 960-964
  • Yu H, Takeuchi H. Protein O-glucosylation: another essential role of glucose in biology. Curr Opin Struct Biol. 2019. 56. 64-71
  • Saiki Wataru, Urata Yusuke, Senoo Yuya, Tsukamoto Yohei, Ma Chenyu, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki. Exploring the significance of xylosyl-extension of O-glucose glycans on EGF repeats for Notch signaling in mammals. GLYCOBIOLOGY. 2018. 28. 12. 1028-1029
  • Takeuchi Hideyuki, Yu Hongjun, Hao Huilin, Urata Yusuke, Senoo Yuya, Tsukamoto Yohei, Saiki Wataru, Takeuchi Megumi, Ito Atsuko, Li Huilin, Okajima Tetsuya, Haltiwanger Robert S. Significant roles of O-glucose glycans in mammalian Notch trafficking and signaling. GLYCOBIOLOGY. 2018. 28. 12. 1017-1018
  • Takeuchi H, Schneider M, Williamson DB, Ito A, Takeuchi M, Handford PA, Haltiwanger RS. Two novel protein O-glucosyltransferases that modify sites distinct from POGLUT1 and affect Notch trafficking and signaling. Proc Natl Acad Sci USA. 2018. 115. 36. E8395-E8402
もっと見る
MISC (10件):
  • 竹内 英之. Notch受容体を修飾するタンパク質O-グルコース転移酵素 (POGLUT1): 基質特異性、構造、そして、ヒトの病態との関連. Trends in Glycoscience and Glycotechnology. 2019
  • 竹内 英之. O-結合型糖鎖修飾によるNotch受容体の活性化制御の分子機構. ファルマシア. 2018. 54. 10. 948-952
  • 竹内 英之. O-グルコース糖鎖修飾によるタンパク質の安定性の制御とその生物化学的意義. 生化学. 2018. 90. 4. 519-523
  • 竹内 英之. NotchシグナルにおけるO-グリコシル化の意義. 生化学. 2015. 87. 4. 459-462
  • 竹内 英之, 加藤 健太郎, 脇 紀彦, 宇佐美 克明, Clausen Henrik, 入村 達郎. 実験的転移能の異なるマウス大腸癌細胞におけるムチン O-グリコシレーションの制御. 日本分子腫瘍マーカー研究会誌. 2006. 21. 31-32
もっと見る
書籍 (2件):
  • Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes 2nd ed.
    2013
  • 糖鎖生物学
    共立出版 2000
講演・口頭発表等 (6件):
  • O-グルコース糖鎖修飾による Notch シグナルの調節機構
    (第 92 回日本生化学会大会 2019)
  • O-グルコース糖鎖修飾による衛星細胞における Notch シグナル制御の重要性
    (日本筋学会第 5 回学術集会 2019)
  • O-結合型糖鎖は上皮増殖因子様リピートの安定性を変化させることによりNotchのトラフィッキングを制御する
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Significant roles of O-glucose glycans in mammalian Notch trafficking and signaling
    (The annual meeting of the Society for Glycobiology 2018)
  • O-Glycosylation modulates the stability of epidermal growth factor-like repeats and thereby regulates Notch trafficking.
    (Benzon Foundation Symposium #64 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 2001 東京大学 大学院薬学系研究科 機能薬学専攻
  • 1992 - 1996 東京大学 薬学部 薬学科
学位 (2件):
  • 薬学博士(薬学) (東京大学)
  • 修士(薬学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2019/10 - 現在 お茶の水女子大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 名古屋大学 准教授
  • 2015/07 - 2017/03 ジョージア大学 Associate Research Scientist
  • 2008/04 - 2015/06 ニューヨーク州立ストーニーブルック大学 Research Assistant Professor
  • 2006/04 - 2008/03 ニューヨーク州立ストーニーブルック大学 Research Scientist
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018 - 現在 日本糖質学会 第 38 回日本糖質学会名古屋大会組織委員
受賞 (3件):
  • 2018/11 - 大幸財団 第 33 回海外学術交流研究助成
  • 2011 - Gordon Research Conferences (Glycobiology) Achievement award
  • 2006 - アステラス病態代謝研究会 海外留学補助金
所属学会 (4件):
糖鎖生物学会(米国) ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  基盤的がん免疫研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る