研究者
J-GLOBAL ID:200901000220321302   更新日: 2023年01月20日

久保 美和

クボ ミワ | Kubo Miwa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 環境、天然医薬資源学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  機能物性化学
研究キーワード (5件): 天然物メタボロミクス ,  コンビナトリアル化学 ,  天然物化学 ,  有機化学 ,  Organic chemistry
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2022 - 2025 高効率的な神経栄養因子様活性物質探索を指向した合理的スクリーニング法の開発
  • 2018 - 2021 モレキュラーネットワーキングを活用した神経幹細胞分化誘導調節リード化合物の開発
  • 2015 - 2018 神経幹細胞分化制御と神経恒常性調節物質の開発を指向した天然物化学的研究
  • 2011 - 2013 神経幹細胞分化制御物質ライブラリーの構築と機能解明
  • 2006 - 2008 オリゴペプチドを検出する化学センサーアレイの開発
全件表示
論文 (67件):
  • Yukiyasu Yoneda, Tadahiro Yahagi, Kenichi Harada, Yasuko Okamoto, Sumiaki Motai, Keiichi Matsuzaki, Miwa Kubo, Yoshiyasu Fukuyama, Ayumi Ohsaki. Anchietins A-E: 30-norfriedelane-type triterpenes from Anchietea pyrifolia. Phytochemistry. 2022. 203. 113388-113388
  • Masaki Shoji, Risa Okamoto, Taishi Unno, Kenichi Harada, Miwa Kubo, Yoshiyasu Fukuyama, Takashi Kuzuhara. Transcriptome analysis of PC12 cells reveals that trans-banglene upregulates RT1-CE1 and downregulates abca1 in the neurotrophic pathway. Biological & pharmaceutical bulletin. 2022. 45. 12. 1784-1790
  • Miwa Kubo, Hisaka Tajima, Wanxia Tang, Kenichi Harada, Yoshiyasu Fukuyama. Four Clerodane Diterpenoids From Ptychopetalum Olacoides. Natural Product Communications. 2022. 17. 6. 1934578X2211085-1934578X2211085
  • Miwa Kubo, Yuri Nishikawa, Hiroyuki Nakagawa, Shiori Shimada, Ayana Mori, Kenichi Harada, Jian-Mei Huang, Ayumi Ohsaki, Yoshiyasu Fukuyama. Germacrane-type sesquiterpenoids from Illicium lanceolatum. Tetrahedron. 2022. 109. 132673-132673
  • Naoto Yamasaki, Ikumi Iwasaki, Kazu Sakumi, Rei Hokari, Aki Ishiyama, Masato Iwatsuki, Masataka Nakahara, Shuhei Higashibayashi, Takeshi Sugai, Hiroshi Imagawa, et al. A Concise Total Synthesis of Dehydroantofine and Its Antimalarial Activity against Chloroquine-Resistant Plasmodium falciparum. Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany). 2021. 27. 17. 5555-5563
もっと見る
MISC (43件):
  • 岩崎郁弥, 山崎直人, 葛西祐介, 山本博文, 今川洋, 久保美和, 福山愛保. デヒドロアントフィンの第二世代全合成研究. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2020. 140th (Web)
  • 岩崎郁弥, 山崎直人, 作見和, 葛西祐介, 山本博文, 今川洋, 久保美和, 福山愛保, 穗苅玲, 石山亜紀, et al. 抗マラリア活性を有するデヒドロアントフィンおよびその誘導体の合成と評価. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. ROMBUNNO.21PO-am040S
  • 柳本剛志, 岸本卓, 清水奈津美, 柳井翠, 小松加奈, 杉本実希子, 山口仁美, 高岸照久, 葛西祐介, 松井敦聡, et al. 分子掛け合わせ法による新規ネオビブサニン誘導体の設計と合成. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2017. 137th. ROMBUNNO.26R-pm09S
  • 鈴木加奈, 中内樹里, 近藤静香, 清水奈津美, 井上みなみ, 井西紫乃, 柳本剛志, 葛西祐介, 山本博文, 久保美和, et al. 神経栄養因子様化合物NVC(neovibsanin core structure)の機序についての検討. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2017. 137th. ROMBUNNO.27PB-am120S
  • 柳本剛志, 柳井翠, 小松加奈, 杉本実希子, 山口仁美, 清水奈津美, 岸本卓, 高岸照久, 葛西祐介, 松井敦聡, et al. 神経突起伸展促進活性を有する新規ネオビブサニン誘導体の設計と合成. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2016. 136th. ROMBUNNO.28AB-AM192
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2000 徳島文理大学大学院薬学研究科博士前期課程
  • - 1998 徳島文理大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
受賞 (3件):
  • 2015/10 - 徳島県 徳島県科学技術大賞(第1回)
  • 2014/11 - 日本薬学会中四国支部 日本薬学会中四国支部奨励賞
  • 2014/09 - 国際ポリフェノール会議 ベストプレゼンテーション賞
所属学会 (1件):
日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る