研究者
J-GLOBAL ID:200901000231880222   更新日: 2013年12月18日

辻 星児

ツジ セイジ | Tsuji Seiji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (3件): 漢字音 ,  東アジアの言語 ,  朝鮮語
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2002 - 日本・朝鮮資料の言語史的研究
  • 1977 - 漢字音の研究
MISC (28件):
  • 辻 星児. 書評:野間秀樹編著『韓国語教育論講座 第1巻』. 『朝鮮学報』. 2008. 207. 137-141
  • 辻 星児. 「重刊改修捷解新語の諸本とその板木」. 『文化共生学研究』. 2008. 6. 137-147
  • 辻 星児. 「「尊海渡海日記」に記された朝鮮語について」. 『文化共生学研究』. 2007. 5. 71-84
  • 辻 星児. 「老松堂日本行録」に記録された日本語について. 『岡山大学言語学論叢』. 2006
  • 辻 星児. 「朝鮮時代初期の文献に記録された日本語について」. 『日本言語文化』. 2004
もっと見る
書籍 (13件):
  • 『日本・朝鮮資料の言語史的研究』14-16年度科学研究補助金基盤研究(C)2 報告書
    2006
  • 『世界昔話ハンドブック』全303ページ
    三省堂 2004
  • 『コンサイス カタカナ語辞典第2版』(項目執筆;朝鮮語関係全項目) 三省堂 2001.9
    三省堂 2001
  • (編)小田真弘著作集
    岡山大学文学部言語学研究室
  • 不ui 字音e taehayŏ-chunguk, irbon, hanguk字音-(韓国語文)
    (韓国)太白社:kugohak yongui se chip''ong
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 「昔話の伝聞形式ー岡山の昔話を中心にー」
    (昔話研究会 2007)
  • 語りのリズム
    (昔話研究会例会 2006)
  • 鬼神説話にみられる人間と鬼神の出会いの様相と鬼神認識(原題韓国語)
    (第9回アジア民間説話学会国際シンポジウム ソウル大会 2006)
  • 「尊海渡海日記」について
    (朝鮮語史研究(アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト)研究会 2006)
  • 語りと伝聞形式
    (昔話研究会 2005)
もっと見る
Works (10件):
  • 日本・朝鮮資料による言語交渉史研究
    2009 - 2013
  • 日本・朝鮮資料による言語交渉史研究
    2009 - 2012
  • 日本・朝鮮資料による言語交渉史研究
    2009 - 2012
  • 日本・朝鮮資料の総合的研究
    2007 - 2008
  • 日本人のための韓国語発音教材、韓国人のための日本語発音教材の作成のため
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1976 東京教育大学大学院 文学研究科 文学研究科 言語学
  • - 1971 東京教育大学 文学部 文学科言語学専攻
学位 (1件):
  • 文学修士 (東京教育大学大学院文学研究科(日本))
経歴 (1件):
  • 2004 - - 岡山大学社会文化科学研究科 教授
委員歴 (4件):
  • アジア民間説話学会 理事
  • 日本言語学会 委員
  • The Asian Folk Narrative Society Menber of Committee
  • The Linguistic Society of Japan Member of Committee
受賞 (1件):
  • 1999 - 山陽放送学術文化財団第30回谷口記念賞
所属学会 (10件):
アジア民間説話学会 ,  日本音声学会 ,  朝鮮学会 ,  日本語学会 ,  日本言語学会 ,  The Asian Folk Narrative Society ,  The Phonetic Society of Japan ,  The Academic Associatin of Koreanology in Japan ,  The Society of Japanese Linguistics ,  The Linguistic Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る