研究者
J-GLOBAL ID:200901000282099479   更新日: 2020年09月01日

島津 省吾

シマヅ ショウゴ | Shimazu Shogo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://pulsar.tc.chiba-u.jp/~shimazu/Research/http://chem.tf.chiba-u.jp/acb04/research.html
研究分野 (3件): 無機物質、無機材料化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  機能物性化学
研究キーワード (2件): 環境化学 ,  グリーンケミストリー
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2003 - 2004 金属錯体と層状化合物の組合わせによるナノ構造体の創製とグリーンケミストリーへの応用
  • 2003 - 2004 Chiral Modification of Clays with Aminosugars and Molecular Recognition
  • 粘土鉱物・有機化合物複合体の合成とインテリジェント材料の開発
  • 新規無機・有機ナノ複合体の合成と機能性材料の開発
  • 固定化錯体触媒の有効利用
全件表示
論文 (100件):
もっと見る
MISC (60件):
特許 (4件):
書籍 (11件):
  • 物理化学
    みみずく舎, 医学評論社 (発売) 2008 ISBN:9784872119046
  • 分子認識化学 5章無機化合物による分子認識
    三共出版 1997
  • Molecular Recognition Chemistry
    1997
  • 基本化学シリーズ6 物理化学
    朝倉書店 1996
  • Physical Chemistry
    1996
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • A12 スルホン化アロフェンの合成と多糖類加水分解反応(口頭発表,一般講演)
    (粘土科学討論会講演要旨集 2009)
  • スルホン化アロフェンの合成と多糖類加水分解反応
    (粘土科学討論会講演要旨集 2009)
  • B15 スルホン化アロフェンの合成と固体酸触媒としての挙動(口頭発表,一般講演)
    (粘土科学討論会講演要旨集 2008)
  • スルホン化アロフェンの合成と固体酸触媒としての応用
    (粘土科学討論会講演要旨集 2008)
  • P43 層間サイズを制御したテニオライト固定化La触媒の合成とアルコールによるオキシラン開環反応への応用
    (粘土科学討論会講演要旨集 2007)
もっと見る
Works (29件):
  • 構造制御された層間固定化Rh-BPPFA錯体によるケトンの立体選択的水素化反応
    2000 -
  • FSM-16を用いた細孔内固定化Pd((]G0002[))錯体触媒の合成と触媒作用
    2000 -
  • 多重修飾による層間固定化Rh-BINAPの合成とケトンの不斉水素化触媒作用
    1999 -
  • 層間固定化Rh-BPPFA錯体によるケトンの不斉水素化触媒作用-固体NMRによる構造解析と分子認識機構-
    1999 -
  • MCM-41へのPd錯体の固定化と選択的オレフィン水素化反応
    1999 -
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1983 テキサスA&M大学大学院 無機化学
  • - 1983 Texas A & M University
  • - 1980 大阪大学 高分子学
  • - 1980 大阪大学
  • - 1978 京都工芸繊維大学 繊維化学
全件表示
学位 (2件):
  • PhD(Chemistry) (Texas A&M University)
  • (BLANK) (Osaka University)
経歴 (3件):
  • 1984 - 1985 住友電気工業株式会社基盤技術研究所 研究員
  • 1984 - 1985 Sumitomo Electric Industries Co., Ltd.,
  • Researcher
委員歴 (4件):
  • 2002 - インドネシア環境化学・トキシコロジー学会 編集委員
  • 2002 - Indonesian Society for Environmental Chemistry and Toxicology member of editorial board
  • 1995 - 日本イオン交換学会 常任理事
  • 1995 - Japan Ion Exchange Association member of the executive board
受賞 (4件):
  • 2011/11 - 日本イオン交換学会 日本イオン交換学会 学会賞 無機イオン交換体を用いた選択的触媒の開発
  • 2006/10 - 日本イオン交換学会 日本イオン交換学会 学術賞 無機イオン交換体を利用したナノ構造体触媒の創製
  • 1996/11 - 日本イオン交換学会 日本イオン交換学会 奨励賞 ソフト化学的手法によるイオン交換体の化学修飾と分子認識触媒への応用
  • 1996 - Japan Ion Exchange Society, Encouragement Award
所属学会 (15件):
インドネシア環境化学・トキシコロジー学会 ,  日本粘土学会 ,  日本イオン交換学会 ,  高分子学会 ,  The New York Academy of Science ,  触媒学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  Indonesian Society for Environmental Chemistry and Toxicology ,  The Clay Society of Japan ,  Japan Ion Exchange Association ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  Catalysis Society of Japan ,  American Chemical Society ,  Chemical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る