研究者
J-GLOBAL ID:200901000361443037   更新日: 2022年12月22日

渡邊 実

ワタナベ ミノル | Minoru Watanabe
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.rs.cs.okayama-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 電子デバイス、電子機器
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2022 - 2025 耐放射線プロセッサを用いた組み込みシステムの開発
  • 2022 - 2025 光電子ウエハースケールVLSIと光ブローバーの研究
  • 2021 - 2024 1GradTID耐放射線光電子デバイスへのマルチコンテキストスクラビング実装
  • 2022 - 2023 VLSIの高エネルギー中性子への耐用評価
  • 2021 - 2022 核融合炉プラズマ診断用VLSIの高エネルギー中性子への耐用評価
全件表示
論文 (338件):
  • Sae Goto, Minoru Watanabe, Nobuya Watanabe. Optically reconfigurable gate array VLSI that can support a perfect parallel configuration. 18th IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems. 2022
  • Minoru Watanabe. Cf252 neutron soft error tolerance of an optoelectronic field programmable gate array VLSI. IEEE International Integrated Reliability Workshop. 2022
  • Kaho Yamada, Takeshi Okazaki, Minoru Watanabe, Nobuya Watanabe. Total Dose Tolerance Analysis of an Optically Reconfigurable Gate Array VLSI. IEEE International Conference on Electronics Circuits and Systems. 2022
  • Sae Goto, Minoru Watanabe, Nobuya Watanabe. Optically reconfigurable gate array VLSI without any common signal. The sixth International Forum on the Decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. 2022
  • Kaho Yamada, Takeshi Okazaki, Minoru Watanabe, Nobuya Watanabe. Total-ionizing-dose tolerance of an optically reconfigurable gate array VLSI. The sixth International Forum on the Decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. 2022
もっと見る
MISC (115件):
  • 耐放射線イメージセンサのトータルドーズ耐性. 第66回宇宙科学技術連合講演会. 2022
  • 安藤 駆, 渡邊 実, 渡邊 誠也. 宇宙機器向けマルチコンテキストスクラビング. 第66回宇宙科学技術連合講演会. 2022
  • 渡邊 実. パネルタイトル「FPGAデザインコンテスト」,パネルディスカッション 「自律型モビリティシステムとドメイン特化型ハードウェアやFPGA技術の未来」. 電子情報通信学会技術研究報告(リコンフィギャラブルシステム研究会). 2022
  • 山田 果歩, 岡崎 武志, 渡邊 実, 渡邊 誠也. 光再構成型ゲートアレイVLSIの290 Mradまでのトータルドーズ耐性試験. 電子情報通信学会技術研究報告(リコンフィギャラブルシステム研究会). 2022
  • 後藤 彩絵,渡邊 実,渡邊 誠也. 完全並列構成が可能な光再構成型ゲートアレイVLSI. 電子情報通信学会技術研究報告(リコンフィギャラブルシステム研究会). 2022
もっと見る
特許 (3件):
  • 光学的メモリの記録方法及び光学的メモリ
  • 光再構成ゲートアレイの再構成制御装置及びその方法
  • 光再構成ゲートアレイの再構成制御装置及びその方法
書籍 (6件):
  • FPGAの原理と構成
    オーム社 2016
  • High-Performance Computing Using FPGAs
    Springer 2013
  • 「高速な木探索回路を実現する」,ディジタル・デザイン・テクノロジ
    CQ出版 2012
  • Advances in Solid State Circuit Technologies
    IN-TECH 2010
  • Parallel and Distributed Computing
    IN-TECH 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (534件):
  • Vitis AIを用いたCNN実装
    (電子情報通信学会技術研究報告(リコンフィギャラブルシステム研究会) 2021)
  • Radiation-hardened optically reconfigurable gate array
    (The Collaborative Conference on Laser 2020)
  • Multi-context holographic memory exploiting a wavelength-dependent optimization technique
    (IEEE International Conference on Photonics 2020)
  • Radiation tolerance of a crystal oscillator circuit
    (The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2020)
  • Implementation of RISC-V Processor on MAX-10 FPGA
    (The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1994 静岡大学 工学研究科 光電機械工学専攻
  • - 1994 静岡大学
  • - 1992 静岡大学 工学部 光電機械工学科
  • - 1992 静岡大学
学位 (1件):
  • 博士(情報工学) (九州工業大学)
委員歴 (8件):
  • 2022/04 - 2023/03 リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会 専門委員
  • 2021/12 - 2022/12 International Conference on Field-Programmable Technology Design Competitioin Chair
  • 2022/04 - 2022/10 リコンフィギャラブルシステム研究会 FPGAデザインコンテスト 実行委員長
  • 2021/04 - 2022/03 リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会 専門委員
  • 2020/12 - 2021/12 International Conference on Field-Programmable Technology Design Competitioin Chair
全件表示
受賞 (81件):
  • 2022/03 - 電子情報通信学会 教育功労賞 FPGA自動運転競技大会によるディジタルシステム教育の普及
  • 2022/01 - IEEE Annual Computing and Communication Workshop and Conference (IEEE) Best Paper Award
  • 2022/01 - IEEE Annual Computing and Communication Workshop and Conference (IEEE) Best Paper Award
  • 2021/12 - パルテノン研究会 優秀プレゼンテーション賞 FSLによる3値化CNNのFPGA実装
  • 2019/06 - 社団法人電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
ACM ,  OSA ,  情報処理学会 ,  計測自動制御学会 ,  応用物理学会 ,  電子情報通信学会 ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る