研究者
J-GLOBAL ID:200901000550435010   更新日: 2020年06月06日

石原 逸子

イシハラ イツコ | Ishihara Itsuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (11件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  高齢者看護学、地域看護学 ,  基礎看護学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (5件): 脳科学 ,  行動科学 ,  健康科学 ,  産業保健 ,  産業看護学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2007 - 2008 看護職の国家間移動と太平洋沿岸諸国における看護職の労働実態に関する調査
  • 2007 - 2008 特定保健指導のアウトソーシング先に関するクオリティ評価ガイドの開発
  • 2004 - 2006 就労女性の、慢性疲労症候群(CFS)の実態調査と職場環境におけるストレス要因の解明
  • 2002 - 2004 職場における電磁波の生体影響
  • 2002 - 2003 情報通信ネットワークを活用した健康教育方法の開発
全件表示
MISC (36件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 産業看護
    高野健人, 伊藤洋子編集, 社会医学事典, 朝倉書店 2002
  • 精神看護護の為の基礎的知識:身体生物学的側面からの理解
    TACSシリーズ精神看護学 2000
講演・口頭発表等 (39件):
  • Survey Development of International Collaboration to study the Occupational Health of Nurses (ICOHN)
    (The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science 2009)
  • 特定保健指導における保健師の能力特性
    (第82回 日本産業衛生学会 2009)
  • International Collaboration to Study the Occupational Health of Nurses
    (Third International Conference on Pychosocial Factors, at work 2008)
  • 中高年女性労働者の更年期症状と対人ストレスおよび社会的スキルの関連性
    (第80回 日本産業衛生学会 2007)
  • 就労女性の疲労について -看護職と一般職間におけるストレス要因の差異-
    (第26回 日本看護科学学会 2006)
もっと見る
Works (2件):
  • Sykの神経系における機能解析に関する共同研究
    1999 - 2001
  • 酸化的ストレスと蛋白質-チロシンキナーゼの役割
    1995 - 1999
学歴 (1件):
  • - 1989 筑波大学 医科学研究科 社会医学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 1996 - 2000 神戸市看護大学 助教授
  • 2000 - - 産業医科大学産業保健学部 教授
  • 1991 - 1993 日本赤十字看護大学 講師
  • 1986 - 1991 日本赤十字看護大学 助手
所属学会 (6件):
看護研究学会 ,  看護教育学会 ,  日本産業衛生学会 ,  分子生物学会 ,  日本衛生学会 ,  日本看護科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る