研究者
J-GLOBAL ID:200901000684033938   更新日: 2019年12月23日

斉藤 美加

サイトウ ミカ | Saito Mika
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 応用獣医学 ,  ウイルス学 ,  公衆衛生学・健康科学
研究キーワード (10件): 沖縄の感染症史 ,  シチズンサイエンス ,  ワンヘルス ,  熱帯医学 ,  人獣共通感染症 ,  疫学 ,  新興再興感染症 ,  フラビウイルス ,  蚊媒介性感染症 ,  対策とサーベイランス
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 沖縄における日本脳炎ウイルスの遺伝子型、抗原型の最近の変化
  • 駆除事業下マングースを用いた日本脳炎サーベイランスの提言、新興フラビウイルスの侵入リスク評価:北海道及び沖縄の野鳥での血清疫学
  • 1991 - 沖縄における日本脳炎ウイルスの生態学的・疫学的検討
  • 1992 - 1996 ラオス国ビエンチャンで分離された日本脳炎ウイルスの性状
  • 1992 - 1998 ラオス国におけるフラビウイルスの生態学的、疫学的検討
全件表示
論文 (23件):
  • 斉藤 美加. Serologic and Virologic Studies of an Imported Dengue Case Occurring in 2014 in Okinawa. Japanese Journal of Infectious Diseases. 2016. 69. 1. 60-65
  • Saito M, Tamayose M, Miyagi K, Takaragawa H, Tateyama M, Tadano M, Fujita J. Serologic and Virologic Studies of an Imported Dengue Case Occurring in 2014 in Okinawa, Japan. Japanese journal of infectious diseases. 2016. 69. 1. 60-65
  • 斉藤 美加. 紀伊半島大台ヶ原のニホンジカCervus nipponの日本脳炎ウイルス抗体保有状況. Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine. 2015. 20. 3. 41-45
  • 斉藤 美加. Epidemiological study of Japanese encephalitis virus in Vientiane, Lao PDR, in 1990s. The Scientific World Journal. 2015. Doi: 10.1155/2015/235934. 1-12
  • 斉藤 美加. 北海道におけるアイガモの寄生蠕虫類検査. 獣医疫学会誌. 2012. 15. 19. 106-109
もっと見る
MISC (9件):
  • 斉藤 美加. 平成29年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」. 委託業務成果報告書. 2018
  • 斉藤 美加. 平成28年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」. 委託業務成果報告書. 2017
  • 斉藤 美加. 平成27年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業(感染症媒介生物分野)「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」. 委託業務成果報告書. 2016
  • 斉藤 美加. WHOによるジカ熱に対する緊急事態宣言について 専門家コメント. サイエンスメディアセンター http://smc-japan.org/?p=4300. 2016
  • 斉藤 美加. 沖縄島の日本脳炎ウイルスの変遷-ウイルス侵入リスクと健康影響評価への試み-. 科学研究費助成事業 研究成果報告 基盤研究(C). 2015
もっと見る
書籍 (8件):
  • トンガ王国アテニシ高校教科書
    1988
  • ラムサール条約
    自然保護ガイド「釧路湿原」釧路自然保護協会 1991
  • ラオス国検査マニュアル(ラオス語)
    1993
  • デング、日本脳炎パンフレット(ラオス語)
    1993
  • ラオス国ウイルス学教科書(ラオス語)
    1993
もっと見る
講演・口頭発表等 (59件):
  • 蚊媒介性感染症対策におけるシチズンサイエンスの可能性 -市民参加型媒介蚊モニタリングのモデル構築の試み-
    (第60回日本熱帯医学会)
  • ラオス国ビエンチャンのデング熱/デング出血熱流行時のオリセットネットを用いた対策
    (第40回日本熱帯医学会、第14回日本国際保健医療学会合同大会 1999)
  • ラオスの都市近郊農村における環境保健
    (第15回日本国際保健医療学会総会 2000)
  • ラオス・ビエンチャンで分離した日本脳炎ウイルスの抗原性に関する検討
    (第41回日本熱帯医学会大会 2000)
  • Study on drinking-water and possible health risks in Lao PDR
    (International Water Association 2nd World Water Congress 2001)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
受賞 (3件):
  • 2017/01 - 琉球大学 研究・教育業績評価優秀者
  • 2002/11 - 日本国 紺綬褒章
  • 1994/05 - ラオス国保健省 ラオス国保健大臣賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る