研究者
J-GLOBAL ID:200901000795956040   更新日: 2020年05月05日

伊藤 益代

イトウ マスヨ | Ito Masuyo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (6件): syntax ,  pragmatics ,  language acquisition ,  語用論 ,  言語習得 ,  統語論
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2018 削除現象と比較に関する言語心理学的研究ー統語論と意味論の実証を目指して
  • 2009 - 2011 量化表現解釈と言語心理学的研究ー統語論と意味論と語用論のインターフェイス
  • 2007 - 2008 量化表現解釈言語心理学的研究ー普遍文法と語用論的分析
  • 2004 - 2006 普遍文法における量化詞解釈と言語心理学的研究--生成文法理論と言語習得
  • 2002 - 2003 A-連鎖の習得について
論文 (31件):
  • Masuyo Ito, Kenneth Wexler. Maximality trouble? Japanese-speaking children's interpretation of comparatives. New trends in language acquisition within the generative perspective. 2019
  • Masuyo Ito. A note on the interpretation of the Japanese connectives ka and ya 'or'. 福岡大学研究部論集A:人文科学編. 2019. 19. 1. 23-28
  • A preliminary study on sluicing in Japanese. 福岡大学研究部論集人文科学編. 2012. 12
  • 伊藤益代, 矢野雅貴, 備瀬優, 立山憂, 坂本勉. 日本語における表層・深層照応文の理解過程について-事象関連電位を用いた研究ー. 電子情報通信学会技術研究報告 思考と言語. 2012. 7-12
  • Japanese-speaking children’s interpretation of sentences containing the focus particle datte ‘even’: Conventional implicatures, QUD and processing limitations. Linguistics. 2012. 50. 1. 105-151
もっと見る
MISC (3件):
  • 量化表現解釈と言語心理学的研究-統語論と意味論と語用論のインターフェイス. 平成21年度-平成23年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書. 2012
  • 量化表現解釈の言語心理学的研究-普遍文法と語用論的分析. 平成19年度-平成20年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書. 2009
  • 普遍文法における量化詞解釈の言語心理学的研究--生成文応理論と言語習得. 平成16年度-平成18年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書. 2007
書籍 (1件):
  • Case marking and verb morphology in early syntactic development
    九州大学出版会 2001
講演・口頭発表等 (5件):
  • Japanese-speaking children's interpretation of ka and ya 'or'
    (Japanese and Korean Linguistics 27 2019)
  • Japanese-speaking children's interpretation of ka and ya 'or'
    (SPE 11 2019)
  • Maximality trouble?: Japanese-speaking children's interpretation of comparatives
    (GALA 13 2017)
  • 日本語における表層・深層照応文の理解過程について-事象関連電位を用いた研究ー
    (電子情報通信学会 思考と言語研究会 2012)
  • 格標識付きstripping構文における照応の理解過程-事象関連電位を用いた研究
    (日本言語学会第143回大会 2011)
学歴 (2件):
  • - 1996 津田塾大学 文学研究科 英語学
  • - 1986 高知大学 教育学部 英語教育
学位 (2件):
  • 修士(文学) (南イリノイ大学)
  • 博士(文学) (津田塾大学)
経歴 (4件):
  • 2014 - 2015 MIT言語学部 客員研究員
  • 2001 - 2002 MIT言語学部 客員研究員
  • 2000 - 福岡大学人文学部 助教授
  • 1996 - 1999 福岡大学人文学部 講師
所属学会 (2件):
日本言語学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る