研究者
J-GLOBAL ID:200901000809486727   更新日: 2020年08月31日

今西 衞

イマニシ マモル | Imanishi Mamoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.nbu.ac.jp/http://www.nbu.ac.jp/~imanishimm/
研究分野 (9件): 観光学 ,  地域研究 ,  経済政策 ,  経済政策 ,  経済政策 ,  経済政策 ,  建築計画、都市計画 ,  経済統計 ,  理論経済学
研究キーワード (10件): 地域活性化 ,  まちづくり ,  中心市街地再開発 ,  リスク管理 ,  不動産金融工学 ,  制度設計 ,  finance ,  risk ,  Urban redevelopment ,  Mechanism Design
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 回遊行動のリアルタイムデータベース化と動的回遊モデリングへの展開
  • 2014 - 2016 マイクロデータを用いた東アジアからの観光客のインバウンドツーリズム特性分析
  • 2012 - 2014 オートGPSとIMES屋内測位による広域観光の動態把握と回遊誘発情報提供システムの開発研究
論文 (88件):
  • 今西 衞. ロビンソン・クルーソー経済における資源配分と経済成長に関する考察. 日本文理大学商経学会誌. 2020. 38. 4. 27-49
  • 今西衞, 本村裕之, 工藤順一, 舛田佳弘, 山城興介. SNSを活用した地域観光プロモーションの効果計測. 日本文理大学紀要. 2019. 47. 1. 25-35
  • 今西衞, 本村裕之, 山城興介. 地域資源を活用した観光需要の予測. 日本地域学会第55回(2018年)年次大会学術発表論文集. 2018
  • 斎藤参郎, 山城興介, 岩見昌邦, イヘイン・今西衞. JR おおいたシティ開業効果の事後検証 ~大分都心部は郊外SC から顧客を取り戻せたか?~. マーケティング・サイエンス. 2018. 25. 1
  • 渋澤博幸, 今西衞, 打田委千弘. 熊本・大分地震の観光被害の空間経済効果. 2018年度日本応用経済学会春季大会発表論文. 2018
もっと見る
MISC (12件):
  • Junichi Kato, Tetsuro Hyodo, Mamoru Imanishi, Saburo Saito. Exploring customer needs of Huis Ten Bosch per customer attribute: Market segmentation and targeting by using blog text mining and conjoint analysis. International Winter Conference on Business and Economics Research. 2014. 1-27
  • Kato, Junichi, Mamoru Imanishi, Saburo Saito. Exploring Customers' Needs for Kyushu Shinkansen By Using Blog Text Data. International Winter Conference on Business and Economics Research. 2013. 1-18
  • ベイジアン・フィルターを用いた立ち寄り店舗からの都心来街者の属性の推定. 2012
  • Tran Ngoc Huy, Saburo Saito, Kosuke Yamashiro, Mamoru Imanishi, Masakuni Iwami, Yasufumi Igarashi, Masakuni Kakoi. Characterizing the City Center Retail Environment of Hanoi, Vietnam Based on Consumer Shop-around Behaviors. Characterizing the City Center Retail Environment of Hanoi, Vietnam Based on Consumer Shop-around Behaviors. 2012. 56. 3,4. 213-238
  • Saburo Saito, Tran Ngoc Huy, Masakuni Iwami, Takahiro Sato, Kosuke Yamashiro, Mamoru Imanishi, Masakuni Kakoi, Yasufumi Igarashi. Accuracy of on-site consistent origin-destination estimation method for measuring the actual numbers of consumer shop-around movements within the city center of hanoi, vietnam. Studies in Regional Science. 2012. 42. 2. 439-455
もっと見る
特許 (2件):
  • Device and method for estimation operation statuses of individual electrical appliances
  • 個別電気機器稼働状態推定装置、およびその方法
書籍 (1件):
  • Advances in Kaiyu Studies From Shop-Around Movements Through Behavioral Marketing to Town Equity Research, the New Frontiers in Regional Science: Asian Perspectives book series (volume 19)
    Springer 2018
講演・口頭発表等 (34件):
  • IoTを活用したリアルタイム経済学
    (産業活性化プラザセミナー第5回 2020)
  • 自動車の移動距離を考慮した観光ルートの需要予測に関する研究 -祖母傾大崩ユネスコエコパークを事例として-
    (日本地域学会 第56回(2019年)年次大会 2019)
  • 地域資源を活用した観光需要の予測
    (日本地域学会 第55回(2018年)年次大会 2018)
  • 地域魅力資源に対する需要予測に関する基礎的研究
    (公益社団法人日本不動産学会2017年秋季全国大会(第33回学術講演会) 2017)
  • JRおおいたシティ開業による大分都心部来街者の買い物行動の変化
    (公益社団法人日本不動産学会2016年秋季全国大会(第32回学術講演会) 2016)
もっと見る
Works (1件):
  • 中心市街地再開発における新たな市街地再開発の制度的枠組み
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 福岡大学大学院 経済学専攻(社会工学)
  • 1997 - 1999 福岡大学大学院 経済学専攻(公共経済学)
  • 1993 - 1997 福岡大学 経済学科
学位 (2件):
  • 博士(経済学) (福岡大学)
  • 修士(経済学) (福岡大学)
経歴 (6件):
  • 2009/04 - 2015/03 福岡大学都市空間情報行動研究所ポストドクター
  • 2006 - 2009 香蘭女子短期大学非常勤講師
  • 2003 - 2009 福岡大学都市空間情報行動研究所客員研究員
  • 2002 - 2009 福岡大学経済学部非常勤講師
  • 2000 - 2005 近畿大学通信教育部非常勤講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017 - 2018/03 豊後大野市 観光振興ビジョン審議会
受賞 (1件):
  • 2011 - 日本地域学会学会賞奨励賞
所属学会 (5件):
日本応用経済学会 ,  公益社団法人日本不動産学会 ,  マーケティングサイエンス学会 ,  日本地域学会 ,  一般社団法人日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る