研究者
J-GLOBAL ID:200901000850655233   更新日: 2020年06月09日

土屋 輝一郎

ツチヤ キイチロウ | Tsuchiya Kiichirou
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (4件): 炎症性腸疾患 ,  大腸癌 ,  腸管分化 ,  腸管再生
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2018 - 2020 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明
  • 2018 - 2020 腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究
  • 2018 - 2019 位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明
  • 2017 - 2019 クローン病再燃予測システムの開発
  • 2016 - 2018 ナノネット粘膜防御によるクローン病新規治療開発
全件表示
論文 (137件):
  • Maiko Motobayashi, Katsuyoshi Matsuoka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Fumihiko Iwamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mariko Negi, Yoshinobu Eishi, Mamoru Watanabe. Predictors of mucosal healing during induction therapy in patients with acute moderate-to-severe ulcerative colitis. J. Gastroenterol. Hepatol. 2019. 34. 6. 1004-1010
  • Sho Watanabe, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Nobuhiro Katsukura, Shuji Hibiya, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Mutation by CRISPR System Enhances the Malignant Potential of Colon Cancer. Mol. Cancer Res. 2019. 17. 7. 1459-1467
  • Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kouhei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is Upregulated by Synergy of Notch Signalling and TNF-α in the Inflamed Intestinal Epithelia of IBD Patients. J Crohns Colitis. 2019. 13. 4. 495-509
  • Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Kiichiro Tsuchiya, Yoshihide Miyake, Yusuke Watanabe, Shuji Hibiya, Sho Watanabe, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Establishment of a system to evaluate the therapeutic effect and the dynamics of an investigational drug on ulcerative colitis using human colonic organoids. J. Gastroenterol. 2019. 54. 7. 608-620
  • Suzuki K, Murano T, Shimizu H, Ito G, Nakata T, Fujii S, Ishibashi F, Kawamoto A, Anzai S, Kuno R, Kuwabara K, Takahashi J, Hama M, Nagata S, Hiraguri Y, Takenaka K, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. Journal of gastroenterology. 2018
もっと見る
MISC (39件):
  • 猿田雅之, 長谷耕二, 土屋輝一郎, 平野 勉. 小腸からからだの機能を考える. 消化器病学サイエンス. 2018. 2. 3. 105-114
  • 土屋輝一郎. 特集 プロバイオティクス・プレバイオティクス臨床応用の現状 炎症性腸疾患. 臨牀と研究. 2018. 95. 9. 965-968
  • 緒方晴彦, 土屋輝一郎, 久松理一, 山本博徳. 小腸疾患診療の近未来像を新たな視点で考える. 日本消化器病学会雑誌. 2018. 115. 7. 618-632
  • 土屋輝一郎. 【小腸疾患(non-CD)を見直す】 小腸病変と全身疾患を見直す. 日本消化器病学会雑誌. 2018. 115. 7. 612-617
  • 土屋輝一郎. 【消化器研究最前線】バレット食道の低異型度dysplasiaは高率に癌へと進展する. The GI Foreflont. 2018. 13. 2. 130-130
もっと見る
書籍 (2件):
  • 【内科診断学 第3版】IV.症例編_突然に発症した腰背部痛
    医学書院 2016
  • 【内科診断学 第3版】IV.症例編_繰り返す血便
    医学書院 2016
講演・口頭発表等 (177件):
  • International Poster Session 司会
    (JDDW2019 2019)
  • 炎症性腸疾患モデル構築から癌化モデルへの試み
    (第3回 がん三次元培養研究会 2019)
  • 小腸からIBDそして再生へ
    (Advanced GI & Liver Forum 15th 2019)
  • Establishment of chronic inflammation model using human small intestinal and colonic organoids
    (UEG Week 2019 2019)
  • 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例
    (日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019)
もっと見る
委員歴 (7件):
  • Journal of Gastroenterology and Hematology 編集委員
  • Journal of Gastroenterology 編集委員
  • 日本消化器内視鏡学会 関東支部 学術評議員
  • 日本消化器病学会 関東支部 学術評議員
  • American Gastroenterological Association 評議員
全件表示
受賞 (27件):
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽):18K19535 「位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明」 研究代表者:土屋輝一郎 位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02791 「腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究」 研究代表者:土屋輝一郎 研究分担者:渡辺 守、伴 大輔 腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09370 「クローン病再燃予測システムの開発」 研究代表者:大塚和朗 研究分担者:土屋輝一郎、渡辺 守 クローン病再燃予測システムの開発
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂 ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る