研究者
J-GLOBAL ID:200901001025786291   更新日: 2019年11月15日

橋本 栄一

ハシモト エイイチ | Hashimoto Eiichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 美術史
研究キーワード (1件): 書道史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 中国南北朝書道史
MISC (4件):
  • 橋本栄一, 山下由季, 小林拓也, エカテリーナ・ボボルィーキナ. 東京学芸大学蔵日高秩父コレクションについて. 公益財団法人日本習字教育財団 学術研究助成成果論文集. 2018. Vol.4. 158-189
  • 橋本栄一, 石井健, 徳泉さち, ボボルィーキナ・エカテリーナ, 山下由季, 荒木広之, 小林拓也, 岡村美里, 網代菜摘. 寄贈資料紹介:日高秩父コレクションについて. 東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系 第67集. 2015. 第67集. 109-120
  • 中国南北朝時代の巴蜀地域の書文化について. 全国大学書道学会研究紀要. 2008
  • 加藤眞太朗, 徳泉さち, 塩出智代子, 岡村浩, 東賢司, 久多見建, 横田恭三. 北魏孝文帝の漢化政策と書文化について. 全国大学書道学会紀要. 2007. 平成18年度 愛知大会. 27-36
書籍 (2件):
  • 平和概念の再検討と戦争遺跡
    明石書店(東京) 2006
  • 批判 植民地教育史認識
    東京 社会評論社 2000 ISBN:9784784507696
講演・口頭発表等 (11件):
  • 書とコピー文化
    (早稲田大学文化芸術週間2018年度シンポジウム「書を再視する」 2018)
  • 紀功碑の系譜
    (平成29年度全国大学書道学会(東京大会) 2017)
  • 明治期における石碑の制作についてー長三洲と日高秩父の関わりを中心としてー
    (全国大学書道学会平成28年度(岩手)大会 2016)
  • 石刻と漢化について-雲南における東晋から南朝宋の作例を中心として-
    (早稲田大学美術史学秋季例会 2014)
  • 現代日本における書文化の課題
    (フランス国立東洋言語文化大学書道シンポジウム 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1990 早稲田大学大学院 美術史学
学位 (1件):
  • 文学修士 (早稲田大学大学院)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る