研究者
J-GLOBAL ID:200901001075695963   更新日: 2020年08月31日

荒木 喜美

アラキ キミ | Araki Kimi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 熊本大学生命科学研究部附属健康長寿代謝制御研究センター  教授
論文 (53件):
  • Shinoda Saori, Kitagawa Sho, Nakagawa Shinichi, Wei Fan-Yan, Tomizawa Kazuhito, Araki Kimi, Araki Masatake, Suzuki Takeo, Suzuki Tsutomu. Mammalian NSUN2 introduces 5-methylcytidines into mitochondrial tRNAs. NUCLEIC ACIDS RESEARCH. 2019. 47. 16. 8734-8745
  • Yagi Masaki, Kabata Mio, Ukai Tomoyo, Ohta Sho, Tanaka Akito, Shimada Yui, Sugimoto Michihiko, Araki Kimi, Okita Keisuke, Woltjen Knut, Hochedlinger Konrad, Yamamoto Takuya, Yamada Yasuhiro. De Novo DNA Methylation at Imprinted Loci during Reprogramming into Naive and Primed Pluripotency. STEM CELL REPORTS. 2019. 12. 5. 1113-1128
  • Okumura Kazuhiro, Saito Megumi, Isogai Eriko, Araki Kimi, Wakabayashi Yuichi. Identification of responsible genes for Stmm1a locus conferring resistance to early-stage chemically induced skin tumors. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 381
  • Saito Megumi, Okumura Kazuhiro, Isogai Eriko, Araki Kimi, Wakabayashi Yuichi. The genetic polymorphism in p19Arf confers resistance to tumor progression. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 437
  • Ikeda N, Asano K, Kikuchi K, Uchida Y, Ikegami H, Takagi R, Yotsumoto S, Shibuya T, Makino-Okamura C, Fukuyama H, Watanabe T, Ohmuraya M, Araki K, Nishitai G, Tanaka M. Emergence of immunoregulatory Ym1+Ly6Chi monocytes during recovery phase of tissue injury. Science immunology. 2018. 3. 28
もっと見る
MISC (5件):
特許 (10件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Exchangeable gene trapping.
    Genetically Engineered Mice (eds Sundberg. J.P. & Ichiki T.) CRC Press, Boca Raton, USA 2005
講演・口頭発表等 (40件):
  • 可変型遺伝子トラップ法を用いた新規骨代謝関連遺伝子群の網羅的機能解析
    (日本整形外科学会雑誌 2018)
  • 骨表現型スクリーニングで選別したtransmembrane protein 161A遺伝子トラップマウスは明らかな骨量増加を呈する
    (日本整形外科学会雑誌 2018)
  • 潜性(劣性)遺伝形式で多血症の症状を示す自然発生突然変異マウス『pocy』の解析
    (日本遺伝学会大会プログラム・予稿集 2018)
  • コンディショナルノックアウトを効率良く行うためのタモキシフェン投与法の検討
    (日本遺伝学会大会プログラム・予稿集 2018)
  • 海綿骨構造と身長を制御するモータータンパク質Myosin10の機能解析
    (日本遺伝学会大会プログラム・予稿集 2018)
もっと見る
Works (23件):
  • 個体レベルでのがんの統合的研究
    2005 - 2010
  • ヒトてんかんと同じ遺伝子異常を持つモデル動物の作出とその比較ゲノミクス的病態解析
    2007 - 2008
  • MSMマウス・JF1マウス由来ES細胞を用いた遺伝子改変マウス作出と解析
    2007 - 2008
  • 可変型遺伝子トラップクローンデータベース;EGTC
    2005 - 2006
  • コートカラーではgerm lineに伝わるが導入遺伝子は伝わらないキメラの解析
    2004 - 2006
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 大阪大学 理学研究科 後期課程
  • - 1985 大阪大学 理学部
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2011 - 2014 熊本大学生命資源研究・支援センター疾患モデル 准教授
  • 2014 - 熊本大学生命資源研究・支援センター疾患モデル 教授
  • 2001 - 2007 助教授
  • 2000 - 2001 助手
  • 1994 - 2000 熊本大学 助手
全件表示
所属学会 (5件):
日本遺伝学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る