研究者
J-GLOBAL ID:200901001084956990   更新日: 2019年12月01日

武田 知子

タケダ,トモコ | TAKEDA, Tomoko
所属機関・部署:
職名: インストラクター
研究分野 (1件): 日本語教育
論文 (2件):
  • 日本語教師の成長 -教授能力と職業的アイデンティティの形成. 2003
  • ブラジルの日本語教育. 恵泉アカデミア. 2000. 5
MISC (11件):
  • ◎川 晶、保坂 明香、武田 知子. 難しさを抱える日本語学習者-問題と教員の対応-. ICU 日本語教育研究. 2019. 15. 69-79
  • ◎澁川晶・武田知子. 日本語教育における適応支援-初年次教育としての役割からその先へ-. ICU 日本語教育研究. 2018. 14. 55-70
  • 2015年春学期「大学生のための文章作成」授業報告-目標提示とルーブリック評価を使用した文章作成指導-. ICU 日本語教育研究. 2016. 12. 38-47
  • 恵泉女学園大学日本語教員養成課程における学生の学び. 恵泉女学園大学紀要. 2013. 25. 177-188
  • 日系日本語指導者養成の試みと今後の課題. 継承日本語教育センター研究紀要. 2009. 4
もっと見る
書籍 (4件):
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい2
    財団法人海外日系人協会 2008
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい1
    財団法人海外日系人協会 2008
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい3
    財団法人海外日系人協会 2009
  • わかる!レポートのまとめかた
    おうふう 2014
講演・口頭発表等 (27件):
  • 実践報告 E-メールを使用した作文添削の試み
    (第42回第二言語習得研究会 2002)
  • E-メールによる遠隔作文指導の試み-E-メールに適した添削スタイルを考える-
    (第4回研究集会 教育現場からの実践研究発表会 2002)
  • 日本語教授能力に対する自己評価-日本語学校に勤務する教師の場合
    (東アジア日本語教育・日本文化研究学会2003年度国際学術大会 2003)
  • インターネットを利用した海外在住日本語学習者と日本人大学生の作文交換活動の記述的分析
    (韓国日本学会第68回学術大会 2004)
  • 中級作文指導における内容・構成面重視のフィードバックの試み
    (韓国日本学連合会第2回国際学術大会 2004)
もっと見る
学位 (1件):
  • 人文科学修士 (お茶の水女子大学)
経歴 (1件):
  • 2005/04 - 2015/03 恵泉女学園大学 人文学部日本語日本文化学科 特任講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る