研究者
J-GLOBAL ID:200901001087101643   更新日: 2020年09月01日

寺尾 憲

テラオ ケン | Terao Ken
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=3483
研究分野 (2件): 高分子材料 ,  高分子化学
研究キーワード (1件): 高分子溶液
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 剛直な非線状高分子の溶液物性に立脚した機能創発
  • 2018 - 2021 両親媒性ランダム・交互共重合体の花型ミセルが形成する高次秩序構造とその応用
  • 2017 - 2020 らせん高分子の分子形態に立脚したキラル分離メカニズムの解明
  • 2013 - 2016 低温での高分子溶液物性測定法の確立と低温に特異ならせん構造や液晶構造への応用
  • 2011 - 2014 高分子集合体の構造解析の精密化とバイオマテリアルへの応用に向けた基盤的研究
全件表示
論文 (24件):
  • Saki Ishida, Tasuku Yoshida, Ken Terao. Complex Formation of a Triple-helical Peptide with Sodium Heparin. Polymer Journal. 2019. 51. 11. 1181-1187
  • DongChan Kim, Akiyuki Ryoki, Daigo Kabata, Shinichi Kitamura, Ken Terao. Lyotropic Liquid Crystallinity of Linear and Cyclic Amylose Derivatives: Amylose Tris(n-octadecylcarbamate) in Tetrahydrofuran and 2-Octanone. Macromolecules. 2019. 52. 20. 7806-7811
  • Akiyuki Ryoki, Yuto Kimura, Shinichi Kitamura, Katsuhiro Maeda, Ken Terao. Does Local Chain Conformation Affect the Chiral Recognition Ability of an Amylose Derivative? Comparison between Linear and Cyclic Amylose Tris(3,5-dimethylphenylcarbamate). Journal of Chromatography A. 2019. 1599. 144-151
  • Yuki Kameyama, Shinichi Kitamura, Takahiro Sato, Ken Terao. Self-Assembly of Amphiphilic Amylose Derivatives in Aqueous Media. Langmuir. 2019. 35. 20. 6719-6726
  • Hirokazu Hasegawa, Ken Terao, Takahiro Sato, Yuuya Nagata, Michinori Suginome. Lyotropic Liquid Crystallinity of Linear and Star Poly(quinoxaline-2,3-diyl)s: Isotropic-Liquid Crystal Phase Equilibria in Tetrahydrofuran. Macromolecules. 2019. 52. 9. 3151-3574
もっと見る
MISC (25件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 基礎高分子科学 第2版
    東京化学同人 2020 ISBN:4807909622
  • 環状高分子の合成と機能発現
    シーエムシー出版 2018 ISBN:9784781313993
  • Bioinspired Materials Science and Engineering
    Wiley & Sons 2018 ISBN:9781119390350
  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials
    Springer Berlin Heidelberg 2015 ISBN:9783642296475
  • 光散乱法の基礎と応用
    講談社 2014 ISBN:9784061543874
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻 博士後期課程
  • 1994 - 1996 大阪大学 大学院理学研究科 高分子学専攻 博士前期課程
  • 1990 - 1994 大阪大学 理学部 高分子学科
学位 (3件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
  • 学士(理学) (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2016/05 - 現在 大阪大学 准教授
  • 2013/05 - 2016/04 大阪大学 講師
  • 2007/04 - 2013/05 大阪大学 助教
  • 2010/08 - 2010/10 シュライナーズ子ども病院 ポートランド研究所 客員研究員
  • 2005/04 - 2007/03 大阪大学 助手
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010 - Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞
  • 2006 - 高分子研究奨励賞
所属学会 (3件):
American Chemical Society(アメリカ化学会) ,  高分子学会 ,  日本レオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る