研究者
J-GLOBAL ID:200901001215376847   更新日: 2024年02月10日

佐野 勝彦

サノ カツヒコ | Sano Katsuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://k2sn.sakura.ne.jp/
研究分野 (3件): 知能情報学 ,  情報学基礎論 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (5件): ハイブリッド論理 ,  動的認識論理 ,  アラン・チューリング ,  非古典論理 ,  様相論理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2022 - 2027 社会的コミュニケーションにおける発話のダイナミクスの動的様相論理による学際的研究
  • 2019 - 2024 不完全情報下での質疑によるエージェントの知識・信念更新:証明論的研究
  • 2019 - 2022 命題・様相チーム意味論による確率論理のモデル論・証明論研究
  • 2017 - 2022 発話と社会的文脈の相互作用に関する動的様相論理による学際的研究
  • 2015 - 2019 多次元・多ソート化によるエージェント相互作用の証明論的研究
全件表示
論文 (81件):
  • Toyooka, M., Sano, K. Combining Intuitionistic and Classical Propositional Logic: Gentzenization and Craig Interpolation. Studia Logica. 2024. To appear
  • Sizhuo Liu, Katsuhiko Sano. Non-labelled Sequent Calculi of Public Announcement Expansions of K45 and S5. Logic, Rationality, and Interaction. 2023. 190-206
  • Masanobu Toyooka, Katsuhiko Sano. Semantic Incompleteness of del Cerro and Herzig's Hilbert System for a Combination of Classical and Intuitionistic Propositional Logic. The Australasian Journal of Logic. 2023. 20. 3. 397-411
  • Ryo Murai, Katsuhiko Sano. Intuitionistic Public Announcement Logic with Distributed Knowledge. Studia Logica. 2023
  • Youan Su, Katsuhiko Sano. A First-Order Expansion of Artemov and Protopopescu’s Intuitionistic Epistemic Logic. Studia Logica. 2023
もっと見る
書籍 (2件):
  • 数学における証明と真理: 様相論理と数学基礎論
    共立出版 2016 ISBN:4320111486
  • チューリング
    近代科学社 2014 ISBN:4764904543
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 京都大学大学院 文学研究科 現代文化学専攻科学哲学科学史専修 博士後期課程
  • 2000 - 2003 京都大学大学院 文学研究科 現代文化学専攻科学哲学科学史専修 博士前期課程
  • 1996 - 2000 京都大学 文学部 人文学科基礎現代文化学系 科学哲学科学史専修
学位 (2件):
  • 修士(文学) (京都大学)
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院文学研究院 准教授
  • 2016/09 - 2019/03 北海道大学 大学院文学研究科 准教授
  • 2011/07 - 2016/09 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教
  • 2011/04 - 2011/07 京都大学大学院 文学研究科 研究員(最先端戦略強化)
  • 2008/04 - 2011/03 日本学術振興会 特別研究員(PD、京都大学、受入研究者:林晋教授)
全件表示
所属学会 (4件):
応用哲学会 ,  日本数学会 ,  科学基礎論学会 ,  日本科学哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る