研究者
J-GLOBAL ID:200901001247734664   更新日: 2019年10月09日

佐藤 真

サトウ マコト | SATO Makoto
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学大学院医学系研究科  教授
ホームページURL (1件): http://www.anat2.med.osaka-u.ac.jp/index.html
研究分野 (2件): 基盤・社会脳科学 ,  解剖学一般(含組織学・発生学)
研究キーワード (12件): 発達科学 ,  神経解剖学 ,  形態学 ,  神経化学 ,  神経科学 ,  発達科学 ,  神経解剖学 ,  形態学 ,  神経化学 ,  神経科学 ,  分子神経科学 ,  発達神経科学
競争的資金等の研究課題 (64件):
  • 2019 - 2021 リン脂質ホスファターゼによる神経軸索の細胞骨格制御と側枝形成の分子機構の解明
  • 2019 - 2020 新たな経シナプス物質輸送ツールの開発と大脳皮質神経回路解析への応用
  • 2018 - 2020 シナプス可塑性を制御するBDNF-脂質関連分子Phldb2系の解明
  • 2017 - 2019 スパイン基部括約調節による神経情報伝達制御機構のナノオプティクス的検討
  • 2017 - 2019 大脳皮質領野間の重層的回路形成機構の解明
全件表示
論文 (90件):
  • Kensuke Matsumura, Masayuki Babaa, Kazuki Nagayasua, Kana Yamamoto, Momoka Kondoa, Kohei Kitagawa, Tomoya Takemoto, Kaoru Seiriki, Atsushi Kasai, Yukio Ago, Atsuko Hayata-Takano, Norihito Shintani, Toshihiko Kuriu, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato, Kazuhiro Takuma, Ryota Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa. Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2019. 519. 3. 626-632
  • Tiong, YXS,Oka, Y,Sasaki, T,Taniguchi, M,Doi, M, *Sato, M. Kcnab1 is expressed in subplate neurons with unilateral long-range inter-areal projections. Frontiers in Neuroanatomy. 2019. 13. 39
  • Xie MJ, Ishikawa Y, Yagi H, Iguchi T, Oka Y, Kuroda K, Iwata K, Kiyonari H, Matsuda S, Matsuzaki H, Yuzaki M, Fukazawa Y, Sato M. PIP3-Phldb2 is crucial for LTP regulating synaptic NMDA and AMPA receptor density and PSD95 turnover. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 4305
  • Kumamoto, T. Iguchi, Sato,M. Hirotsune, S. Developmental Downregulation of LIS1 Expression Limits Axonal Extension and Allows Axon Pruning. Biol. Open. 2017
  • Zhong, F.-F., Wu, C.-L., Zhang, Y.-X., Sun, X.-F., Xie, M.-J., Sato, M. Effects of Buyang Huanwu decoction combined with edaravone on mitochondrial apoptotic pathway of nerve cells in mice with cerebral ischemia-reperfusion injury. Int. J. Clin. Exp. Med. 2017. 10. 4. 6749-6755
もっと見る
MISC (26件):
書籍 (11件):
  • 新生化学実験講座第11巻、神経生化学(日本生化学会編)(分担執筆:in situ ハイブリダイゼーション)
    東京化学同人 1990
  • Handbook of Chemical Nueroanatomy(分担執筆:Ontogeny of neurotensin)
    Elsevier Science Publishers (Amsterdam) 1992
  • 分子神経科学の最先端(分担執筆:神経回路網の形成)
    厚生社 1995
  • ニューロサイエンスラボマニュアル2 神経生物学のための遺伝子導入発現研究法(分担執筆:Differential display法)
    シュプリンガー・フェアラーク社 1997
  • 実験医学Vol.21 No17(増刊)「脳・神経研究2004」(分担執筆:神経細胞移動の分子機構-大脳皮質神経細胞の誕生から移動まで)
    羊土社 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (157件):
  • TBPIPの核内移行シグナルの同定
    (第25回日本分子生物学会 2002)
  • Otx1は視覚野の皮質下投射パターン獲得に必要か
    (第45回日本神経化学会 2002)
  • 毛帯交叉形成におけるNetrinの機能
    (第107回第107回日本解剖学会全国学術集会全国学術集会 2002)
  • 毛帯交叉形成におけるNetrinの機能
    (第25回日本神経科学大会 2002)
  • 大脳皮質脳室帯における細胞移動調節因子FILIPの作用機序
    (第25回日本神経科学大会 2002)
もっと見る
Works (34件):
  • 神経回路形成に関わる新規ガイド因子の研究
    1997 - 2002
  • Study on molecules involving in the neuronal network formation
    1997 - 2002
  • 回路形成と細胞移動の研究
    2002 -
  • Studies on the neuronal network formation and cell migration
    2002 -
  • 大脳皮質脳室帯における接着結合を通じた細胞間シグナル伝達の解析, 基盤研究(C)
    2003 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1982 東京大学 工学部 計数工学科(数理専修) 卒業
  • - 1987 大阪大学 医学部 医学科 卒業
  • - 1991 大阪大学大学院 医学研究科 生理系専攻 修了
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学大学院)
経歴 (7件):
  • 1991/06 - 1993/06 ソーク生物学研究所, Research Associate(大阪大学より出張)
  • 1991/04 - 1994/03 大阪大学医学部, 助手
  • 1994/04 - 1998/01 大阪市立大学医学部, 助教授
  • 1998/02 - 2003/09 福井医科大学 教授
  • 2003/10 - 2013/08 福井大学 教授(国立大学再編による)
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2018/04 - 現在 日本神経化学会 理事
  • 2017/04 - 現在 日本解剖学会 理事
  • 2011 - 2015 日本神経化学会 理事
  • 2008 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 2006 - International Society for Neurochemistry 一般会員
全件表示
受賞 (6件):
  • 1994 - 日本医師会 医学研究奨励賞(当時、医学研究助成費)
  • 1994 - 井上研究奨励賞
  • 1996 - 日本解剖学会奨励賞
  • 1999 - 大阪市医学会市長賞
  • 2011 - 文部科学大臣表彰科学技術賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本解剖学会 ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  International Society for Neurochemistry ,  International Brain Research Organization ,  Society for Neuroscience ,  International Society for Neurochemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る