研究者
J-GLOBAL ID:200901001247734664   更新日: 2022年11月09日

佐藤 真

Sato Makoto | Sato Makoto
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 大阪大学  医学系研究科 解剖学講座(神経機能形態学)   教授
  • 福井大学  学術研究院先進部門 子どものこころの発達研究センター   招聘教授
ホームページURL (1件): http://www.anat2.med.osaka-u.ac.jp/index.html
研究分野 (2件): 基盤脳科学 ,  解剖学
研究キーワード (13件): Developmental Neuroscience ,  Molecular Neuroscience ,  発達神経科学 ,  分子神経科学 ,  神経科学 ,  神経化学 ,  形態学 ,  神経解剖学 ,  発達科学 ,  神経解剖学 ,  形態学 ,  神経化学 ,  神経科学
競争的資金等の研究課題 (70件):
  • 2021 - 2024 APEXマルチラベル広域連続電顕技術の開発による脳の高密度極小ネットワークの解明
  • 2021 - 2024 大脳皮質領野間の三重並行回路による感覚運動統合機構の解明
  • 2020 - 2023 単一ニューロンレベル解析による大脳皮質頭葉間回路網研究の新展開
  • 2019 - 2022 リン脂質ホスファターゼによる神経軸索の細胞骨格制御と側枝形成の分子機構の解明
  • 2019 - 2020 新たな経シナプス物質輸送ツールの開発と大脳皮質神経回路解析への応用
全件表示
論文 (121件):
  • Manabu Taniguchi, Misaki Iwahashi, Yuichiro Oka, Sheena Y. X. Tiong, Makoto Sato. Fezf2-positive fork cell-like neurons in the mouse insular cortex. PLOS ONE. 2022. 17. 9. e0274170-e0274170
  • Min-Jue Xie, Hideshi Yagi, Tokuichi Iguchi, Hiroyuki Yamazaki, Kenji Hanamura, Hideo Matsuzaki, Tomoaki Shirao, Makoto Sato. Phldb2 is essential for regulating hippocampal dendritic spine morphology through drebrin in an adult-type isoform-specific manner. Neuroscience Research. 2022
  • Mai Quynh Nguyen, Manabu Taniguchi, Misato Yasumura, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato. Cytoneme-like protrusion formation induced by LAR is promoted by receptor dimerization. Biology open. 2022
  • Miyuki Doi, Yuichiro Oka, Manabu Taniguchi, Makoto Sato. Transient expansion of the expression region of Hsd11b1 , encoding 11β-hydroxysteroid dehydrogenase type 1, in the developing mouse neocortex. Journal of Neurochemistry. 2021. 159. 4. 778-788
  • Yuichiro Oka, Miyuki Doi, Manabu Taniguchi, Sheena Y X Tiong, Hisanori Akiyama, Takuto Yamamoto, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato. Interstitial Axon Collaterals of Callosal Neurons Form Association Projections from the Primary Somatosensory to Motor Cortex in Mice. Cerebral Cortex. 2021. 31. 11. 5225-5238
もっと見る
MISC (71件):
もっと見る
書籍 (13件):
  • 脳21「特集 神経系におけるiPS細胞:iPS細部の活用も含めた神経修復の現状と将来」
    金芳堂 2011
  • Terminology of Human Anatomy and Histology
    Sankeisha 2008 ISBN:9784883615513
  • 人体解剖学・組織学用語集
    三恵社 2008 ISBN:9784883615513
  • 新・行動と脳(大阪大学新世紀レクチャー)(分担執筆:神経回路の形成、大脳皮質形成・発達のしくみ)
    大阪大学出版会 2006
  • 後頭葉:その機能とネットワーク(神経科学の基礎と臨床VIII)(分担執筆:後頭葉とその入出力回路)
    ブレーン出版 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (191件):
  • Faster extension for a predetermined associational collateral of a cortical dual-projection neuron
    (THE 5TH INTERNATIONAL ANATOMICAL SCIENCES AND CELL BIOLOGY CONFERENCE 2018)
  • Inter-areal collateral branches of layer 2/3 neurons grow more rapidly than intra-areal collateral branches in the mouse neocortex
    (第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 2018)
  • Inter- laminar comparison of inter - areal circuit development in the mouse cerebral cortex
    (第60回日本神経化学会大会 2017)
  • Development of Axon Collaterals as the Inter-Areal Connection in the Cerebral Cortex
    (7th Asia Pacific International Congress of Anatomists 2016)
  • 進化と個体発生から見通す大脳皮質構築
    (第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 2015)
もっと見る
Works (31件):
  • 自閉症の病態研究と新たな診療技法(診断・予防・治療)の開発(自閉症スペクトラム障害(ASD)の発症基盤の解明と診断・治療への展開)
    2011 - 2012
  • FILIPの立体構造解析に関する研究
    2005 - 2011
  • 真核生物の減数分裂期における、相同染色体対合に関わるTBPIPの生化学的性質及び立体構造に関する研究
    2005 - 2008
  • 真核生物の減数分裂期における,相同染色体対合に関わるTBPIPの生化学的性質及びその立体構造に関する研究
    2005 - 2008
  • アクチンと微小管をつなぐ新たな分子の細胞内制御機構及び生体内機能の解明, 基盤研究(B)(一般)
    2008 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 大阪大学大学院 医学研究科 生理系専攻 修了
  • - 1987 大阪大学 医学部 医学科 卒業
  • - 1982 東京大学 工学部 計数工学科(数理専修) 卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学大学院)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 福井大学 招聘教授
  • 2013/09 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科・連合小児発達学研究科 教授
  • 2013/09 - 現在 福井大学
  • 2013/09 - 2019/03 福井大学 特任教授
  • 2003/10 - 2013/08 福井大学 教授(国立大学再編による)
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2018/04 - 現在 日本神経化学会 理事
  • 2017/04 - 現在 日本解剖学会 理事
  • 2008 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 1998 - 現在 日本解剖学会 評議員
  • 1996 - 現在 日本発生生物学会 一般会員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2013/09 - 日本学術振興会 ひらめきときめきサイエンス推進賞
  • 2011 - 文部科学大臣表彰科学技術賞
  • 1999 - 大阪市医学会市長賞
  • 1996 - 日本解剖学会奨励賞
  • 1994 - 井上研究奨励賞
全件表示
所属学会 (9件):
International Society for Neurochemistry ,  Society for Neuroscience ,  International Brain Research Organization ,  日本発生生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本解剖学会 ,  日本脳科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る