研究者
J-GLOBAL ID:200901001260167639   更新日: 2022年08月04日

田中 久美子

タナカ クミコ | Tanaka-Ishii Kumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.cl.rcast.u-tokyo.ac.jp
研究分野 (4件): 知能情報学 ,  数理情報学 ,  ソフトウェア ,  言語学
研究キーワード (9件): 計算言語学 ,  言語の複雑系科学 ,  計量言語学 ,  数理言語学 ,  自然言語処理 ,  多言語処理 ,  言語ソフトウエア ,  情報検索・抽出 ,  情報記号論
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2021 - 2026 価格と文書に基づく経済対象のベクトル表現とその応用
  • 2021 - 2026 自然言語の非線形性の計算論モデル
  • 2020 - 2025 冪則の観点からの高度技術の評価方法に関する研究
  • 2020 - 2021 東京証券取引市場株式のポートフォリオ最適化技術の検証, PoC 構築, 事業化の 検討, ならびに社会実装
  • 2017 - 2021 冪則からみる実社会の共進化研究 -AIは非平衡な複雑系を擬態しうるか-
全件表示
論文 (52件):
  • 杜キン, 田中久美子. Stock portfolio selection balancing variance and tail risk via stock vector representation acquired from price data and texts. Knowledge-Based Systems,. 2022. 249. 108917-108917
  • 田中久美子. Menzerath's law in the syntax of languages compared with random sentences. Entropy,. 2021. 23. 6. 661-661
  • KUMIKO TANAKA-ISHII, SHUNTARO TAKAHASHI. A COMPARISON OF TWO FLUCTUATION ANALYSES FOR NATURAL LANGUAGE CLUSTERING PHENOMENA -TAYLOR vs. EBELING & NEIMAN METHODS-. Fractals. 2021. 29. 02. 2150033-2150033
  • 杜鑫, 田中久美子. Stock embeddings acquired from news articles and price history, and an application to portfolio optimization. Proceedings of the 50th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL) Long Papers. 2020. 3353-3363
  • Gen Ren,高橋峻太郎,田中久美子. Entropy rate estimation for english via a large cognitive experiment using mechanical turk. Entropy. 2019. 21. 12
もっと見る
MISC (8件):
  • 田中久美子. 言語の長相関と文構造. 数学セミナー8月号. 2021. 60. 718. 32-36
  • 田中久美子. 言語の数理研究への誘い. 数学セミナー3月号. 2020. 59. 701. 8-12
  • 田中久美子. ガードナーとスマリヤン. 数学セミナー11月号. 2019. 58. 697
  • 田中久美子. 数は使用か. 数学セミナー5月号. 2019. 58. 690
  • 田中久美子. 言語のエントロピーレート. 数学セミナー10月号. 2018. 57. 683. 77-81
もっと見る
特許 (14件):
  • 情報処理装置、その制御方法、プログラム、ならびに、学習済モデル
  • 抽出装置、抽出方法、ならびに、プログラム
  • ウェブ文書を表示する端末装置が実行するプログラム,
  • 検索システム
  • 発話の評価方法及び装置、発話を評価するためのコンピュータプログラム
もっと見る
書籍 (16件):
  • 言語とフラクタル
    東大出版会 2021 ISBN:9784130802574
  • Statistical Universals of Language: Mathematical Chance vs. Human Choice
    Springer 2021 ISBN:9783030593766
  • Information Theory and Language
    MDPI 2020
  • Machine vs. structure of language via statistical universals
    Springer 2019
  • これからのウィトゲンシュタイン -刷新と応用のための14 篇
    リベルタス叢書 2016 ISBN:9784905208051
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 言語を複雑系として捉える試み
    (言語処理学会大会 2022)
  • 複雑系の視点からの言語とプログラムの差異
    (ソフトウエア技術者会議(SEA) 2022)
  • 複雑系科学の観点からの言語研究の試み
    (NLP コロキウム 2021)
  • Long Memory underlying Language
    (International Conference on Quantitative Linguistics 2021)
  • 自然言語の長相関
    (応用数理学会大会 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1993 - 1997 東京大学
  • 1994 - 1995 フランスLIMSI-CNRS
  • 1991 - 1993 東京大学
  • 1987 - 1991 東京大学 計数工学科
学位 (1件):
  • 博士
経歴 (7件):
  • 2016/04 - 現在 東京大学 先端科学技術研究センター 教授
  • 2012/04 - 2016/03 九州大学 システム情報科学研究院 教授
  • 2007/04 - 2012/03 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 助教授
  • 2003/03 - 2005/03 東京大学 情報基盤センター 助教授
全件表示
委員歴 (60件):
  • 2021 - 現在 Association for Computational Linguistics 常時査読委員
  • 2018 - 現在 大川情報通信基金 大川出版賞審査委員
  • 2021 - 2022 Large Resources and EvaluationConference (LREC), 査読委員
  • 2022 - JST AIP 関連4 領域評価評価委員(ACT-I 評価委員)
  • 2022 - Conference on Computational Linguistics (COLING), 査読委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2022/05 - MDPI Editor's Choice Articles of Entropy 2022 Menzerath’s Law in the Syntax of Languages Compared with Random Sentences
  • 2021/11 - 毎日新聞社 第75回毎日出版文化賞 「言語とフラクタル」
  • 2012/03 - 言語処理学会 2011年度論文賞 「文書量に不変な定数-Yule のK, Golcher のVM」
  • 2011/03 - 公益財団法人 大川情報通信基金 第19回大川出版賞受賞 「記号と再帰」
  • 2011/02 - 16th International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI) Best paper award ”picoTrans: An icon-driven user interface for machine translation on mobile devices”
全件表示
所属学会 (3件):
ACL ,  言語処理学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る