研究者
J-GLOBAL ID:200901001403887476   更新日: 2019年09月28日

吉澤(渡邉) 小百合

ヨシザワ サユリ | YOSHIZAWA-WATANABE Sayuri
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 認知科学 ,  科学教育 ,  教育工学 ,  外国語教育 ,  教育学
研究キーワード (4件): 教育工学 ,  教育学 ,  英語教育 ,  言語習得
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2019 eラーニングによる自主学習の促進とその効果の評価
  • 2011 - 2014 科学的思考力養成と英語作文力向上のためのピアリヴュー・システムの確立と実践
  • 2010 - 2012 外国語活動のための語彙・表現集の作成
論文 (21件):
  • 吉澤(渡邉) 小百合. 異文化理解への認識と理解. 星薬科大学一般教育論集. 2018. 36. 41-47
  • S. Bohme, Y. Ohashi, S. Yoshizawa-Watanabe. Motivating Students to Increase Participation through Augmented Assessment. Hoshi J. Gen. Ed. 2017. 35. 35-44
  • Y. Kanazawa, S. Yoshizawa-Watanabe, Y. Ohashi, S. Bohme. Beliefs, Strategies and Confidence in English: A Survey Analysis. Hoshi J. Gen. Ed. 2016. 34. 43-54
  • S. Yoshizawa-Watanabe. Evaluating the Effects of Pict-net Abstraction for Writing in a Foreign Language. Hoshi J. Gen. Ed. 2015. 33. 39-55
  • S. Yoshizawa-Watanabe. Pict-net Abstraction for EFL Writings and Classification Using the Normalized Compression Distance. Hoshi J. Gen. Ed. 2014. 32. 33-44
もっと見る
MISC (6件):
  • 吉澤(渡邉) 小百合, 國上真章, 寺野隆雄, 吉川厚. ピクトグラム・ネットワークによる作文改善支援. 人工知能学会第26回全国大会発表論文集. 2012
  • 吉澤 小百合,寺野隆雄,吉川厚. 英作文技術向上のための問題作成支援. 人工知能学会第25回全国大会発表論文集. 2011
  • 吉澤 小百合、吉川厚、寺野隆雄. 英作文授業におけるピアリヴュー活動. 人工知能学会第24回全国大会発表論文集. 2010. 3F4-2. 1-2
  • 吉澤小百合. <リレー連載>語彙指導を改善するQ&A[6] 単語の予習や復習はどのように指導したらよいですか?. 英語教育2010年9月号. 59. 6. 52-4
  • S. Yoshizawa & Y. Kambayashi. Dialogue and Monologue: A Practice of Producing a Coherent Document. IEEE International Professional Communication Conference 2009, CD-Rom Proceedings. 2009. 1A. 1-4
もっと見る
書籍 (9件):
  • 英語なんでも情報事典(分担執筆)
    研究社出版 1995
  • Ancient Tales and Folklore of Japan (「ゴードン・スミスの日本の奇談と怪談」)(共編注)
    南雲堂フェニックス 1998
  • Sound Bites(共編)
    南雲堂 1998
  • TOEICテストボキャブラリー攻略(共著)
    三修社 2004
  • 新TOEICテストボキャブラリー攻略(共著)
    三修社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • English Education at Japanese Universities for Technology (invited lecture)
    (Omiya Chapter, The Japan Association for Language Teaching 2005)
  • 辞書検索と読解能力の関連性および反復学習の重要性について
    (大学英語教育学会英語辞書研究会・語彙研究会合同ワークショップ 2005)
  • 受容語彙と発表語彙の関係-4コマ漫画を用いた発表語彙の測定-
    (日本教材学会第19回研究発表大会 2007)
  • 薬学部における語学教育基準と教材に関する一考察-薬学アドバンストガイドラインに基づいて-
    (日本教材学会第20回研究発表大会 2008)
  • Dialogue and Monologue: A Practice of Producing a Coherent Document
    (IEEE International Professional Communication Conference 2009 2009)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻
  • 国際基督教大学大学院 教育学研究科 教育方法学 英語教授法専攻
  • 米国セントローズ大学 理学部数学科及び音楽学部音楽演奏科専攻
学位 (1件):
  • 教育学修士 (国際基督教大学大学院)
経歴 (5件):
  • - 1993/05 オルバニー交響楽団
  • 1995/10 - 2008/03 東京理科大学,東京電機大学,大東文化大学,中央学院大学,流通経済大学,横浜商科大学,日本工業大学,浦和大学(旧浦和短期大学),聖学院大学,埼玉女子短期大学の講師を兼任
  • 2008/04 - 2013/03 星薬科大学 講師
  • 2016/04 - 2019/03 日本大学 兼任講師
  • 2013/04 - 現在 星薬科大学 准教授
委員歴 (3件):
  • 2018/03 - 2018/04 General Conference on Emerging Arts of Research on Management and Administration プログラム委員
  • 2012/06 - 2012/11 6th International Conference on Education, Research and Innovation (ICERI 2013) International Advisory Board Member, 査読委員
  • 2011/05 - 2011/09 General Conference on Emerging Arts of Research on Management and Administration プログラム委員,査読委員,予稿集編集委員,応用ワークショップオーガナイザ
受賞 (1件):
  • Who's Who Among Students in American Universities and Colleges
所属学会 (7件):
IEEE ,  人口知能学会 ,  日本認知科学会 ,  医学英語教育学会 ,  大学英語教育学会 ,  関東甲信越英語教育学会 ,  日本教材学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る