研究者
J-GLOBAL ID:200901001452014640   更新日: 2021年04月27日

藤原 広行

フジワラ ヒロユキ | Fujiwara Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 部門長
ホームページURL (1件): http://www.j-shis.bosai.go.jp/
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (3件): 応用地震学 ,  強震動 ,  Applied Seismology
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2006 - 2010 統合化地下構造データベースの構築
  • 2006 - 2010 Strong Motion Prediction and Seismic Hazard Evaluation
  • 2006 - 2010 Integrated Geophysical and Geological Information Database
論文 (36件):
  • 藤原広行, 豊田利久, 崔青林, 池田真幸, 佐藤純恵, 堀江進也, 中村洋光. 地震による直接被害額のリアルタイム推計方法の検討. 防災科学技術研究所 研究資料. 2021. 460
  • 内藤昌平, 友澤弘充, 森悠史, 門馬直一, 中村洋光, 藤原広行. 複数の地震における航空写真を用いた深層学習による建物被害判別モデルの開発. 日本地震工学会論文集. 2020. 20. 7
  • Shohei Naito, Hiromitsu Tomozawa, Yuji Mori, Takeshi Nagata, Naokazu Monma, Hiromitsu Nakamura, Hiroyuki Fujiwara, Gaku Shoji. Building-damage detection method based on machine learning utilizing aerial photographs of the Kumamoto earthquake. Earthquake Spectra. 2020. 36. 3. 1166-1187
  • 藤原広行, 平田賢治, 中村洋光, 森川信之, 河合伸一, 前田宜浩, 大角恒雄, 土肥裕史, 松山尚典, 遠山信彦, et al. 南海トラフ沿いの地震に対する確率論的津波ハザード評価 第一部 本編・付録編. 防災科学技術研究所 研究資料. 2020. 439
  • 藤原広行, 中村洋光, 河合伸一, 森川信之, 前田宜浩, 内藤昌平, 岩城麻子, 土肥裕史, 先名重樹, はお憲生, et al. 南海トラフで発生する地震・津波を対象とした広域リスク評価手法の検討. 防災科学技術研究所 研究資料. 2020. 444. 1-163
もっと見る
MISC (16件):
  • 池田真幸, 崔青林, 豊田利久, 中村洋光, 藤原広行. 6月18日22時22分頃の山形県沖の地震に関するリアルタイム直接被害額推計(速報). 日本自然災害学会学術講演会講演概要集. 2019. 38th. 3-4
  • 崔青林, 豊田利久, 中村洋光, 臼田裕一郎, 藤原広行. 2018年6月大阪府北部地震による大阪府の直接被害額の推計(速報). 日本自然災害学会学術講演会講演概要集. 2018. 37th. 117-118
  • 藤原広行, 中村洋光, 功刀卓, 青井真, 先名重樹, 高橋郁夫, 伊勢正, 臼田裕一郎. リアルタイム地震被害推定・状況把握システムの開発. 日本地震学会秋季大会講演予稿集. 2015. 2015. 88
  • 伊勢正, 磯野猛, 田口仁, 臼田裕一郎, 藤原広行, 長坂俊成. タブによる業務階層及びメニューによる処理手順を示した自治体災害対応システムの提案. 日本災害情報学会研究発表大会予稿集. 2014. 16th. 146-147
  • 青井真, 功刀卓, 鈴木亘, 森川信之, 中村洋光, 藤原広行. 東北地方太平洋沖地震で観測された強震動. 日本地震工学会誌. 2011. 15. 25-28
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 経済復旧を目的とした道路復旧優先順位決定支援シミュレーションの試行
    (日本地震工学会 2020)
  • 南海トラフで発生する可能性のある多様な地震・津波に備えるための災害シナリオの試作
    (日本地震工学会 2020)
  • 車載カメラ画像を活用した災害発生直後の建物ガレキ量と災害ボランティア作業量の簡易的推定手法の検討
    (日本地震工学会 2020)
  • 強震動予測レシピによる2016年熊本地震(Mj7.3)の強震動シミュレーション
    (日本地震工学会 2020)
  • 強震動データベース試作版に基づく地震動予測式に対する残差データベースの作成と分析
    (日本地震学会秋季大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 京都大学
  • - 1988 京都大学理学部
学位 (1件):
  • 博士(理学)
受賞 (3件):
  • 2017/09 - 平成29年防災功労者内閣総理大臣表彰
  • 2006 - 平成18年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
  • 2000 - 平成12年度科学技術庁長官賞(業績表彰)
所属学会 (7件):
米国地震学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本地震学会 ,  The Seismological Society of Japan ,  The Seismological Society of America ,  The Japan Society of Industrial and Applied Mathematics ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る