研究者
J-GLOBAL ID:200901001523209730   更新日: 2022年11月21日

平岩 健

ヒライワ ケン | HIRAIWA Ken
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://scholar.google.co.jp/citations?user=3Y3-0u4AAAAJ&hl=jahttps://gyoseki.meijigakuin.ac.jp/mguhp/KgApp?kyoinId=ymdegegsggy
研究分野 (10件): その他 ,  その他 ,  その他 ,  基盤脳科学 ,  進化生物学 ,  その他 ,  認知科学 ,  言語学 ,  認知科学 ,  言語学
研究キーワード (33件): Brain Science ,  Ryukyuan Languages and Cultures ,  African Languages ,  Cognitive Science ,  Cognitive Science ,  Japanese Linguistics ,  Linguistics ,  Cultures and Folk Arts ,  Typology ,  琉球民藝 ,  Syntax ,  琉球文化 ,  琉球諸語 ,  琉球語 ,  アフリカ文化 ,  アフリカ言語 ,  デザイン ,  危機的言語 ,  認知科学,認知機能 ,  言語類型論 ,  言語類型論 ,  フィールドワーク ,  数能力 ,  言語類型論 ,  言語類型論 ,  認知科学 ,  認知科学 ,  生成文法 ,  言語理論 ,  統語論 ,  理論言語学 ,  理論言語学 ,  Ryukyuan Languages
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 自然言語における不定語システムの統語メカニズムの記述的・理論的研究
  • 2016 - 2020 自然言語における名詞の分解-名詞の最小構成単位と類別システムとその普遍性の解明-
  • 2013 - 2016 人間言語における数詞の統語構造と再帰メカニズムの研究
  • 2012 - 2015 日本列島と周辺諸言語の比較歴史的研究
  • 2010 - 2013 Root Embedded Clause現象の統語メカニズムの研究
全件表示
論文 (56件):
  • Ken Hiraiwa and Kimiko Nakanishi. Indeterminates in Comparatives as Free Choice Items. Proceedings of the 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America. 2022
  • Ken Hiraiwa. Animacy Hierarchy and Case/Agreement in Okinawan (tentative title). The Proceedings of the 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America[. 2022
  • Ken Hiraiwa and George Akanlig-Pare. Syntax of Reduplication and Negative-Polarity Items in Buli. The Proceedings of the 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America. 2022
  • Ken Hiraiwa. Sluicing cannot Apply in-situ in Japanese. 2021. 6. 1. 317-324
  • Ken Hiraiwa and Kimiko Nakanishi. Free Choice and Existential Indeterminates in Japanese as Hidden Clauses. The Proceedings of WAFL 15. 2020
もっと見る
MISC (1件):
  • 平岩 健. 留学したい人のための大学院言語学科情報《16》マサチューセッツ工科大学. 月刊言語. 2006. 2006年4月号
書籍 (9件):
  • 日本語の裸不定語-譲歩条件節における認可メカニズムを通して-
    開拓社 2019 ISBN:9784758922807
  • Internally Headed Relative Clauses
    Wiley-Blackwell 2017 ISBN:9781118358726
  • 関連性条件から見た日本語の主要部内在型関係節の諸問題ー野村論文の意義と再解釈ー
    2016 ISBN:9784758922241
  • 自然言語と数詞のシンタクス
    開拓社 2016 ISBN:9784758922241
  • <I>Glossa</I>: A Special Collection on Internally-Headed Relative Clauses
    2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (99件):
  • 「シンポジウム:受け継ぐもの:しまくとぅばとやちむん」(琉球のことばと民藝に関するシンポジウム ※コロナウイルスに2023年に開催延期)
    (「シンポジウム:受け継ぐもの:琉球のしまくとぅばとやちむん」(※コロナウイルスにより2022年に開催延期) 2023)
  • 「シンポジウム:受け継ぐもの:琉球のしまくとぅばとやちむん」(※コロナウイルスに2022年に開催延期)
    (「シンポジウム:受け継ぐもの:琉球のしまくとぅばとやちむん」(※コロナウイルスにより2022年に開催延期) 2022)
  • 受け継ぐもの:琉球のしまくとぅばとやちむん(※コロナウイルスに2022年に開催延期)
    (受け継ぐもの:琉球のしまくとぅばとやちむん(※コロナウイルスにより2022年に開催延期) 2022)
  • Indeterminates in Comparatives as Free Choice Items
    (The 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America 2022)
  • Animacy Hierarchy and Case/Agreement in Okinawan
    (The 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 2005 Massachusetts Institute of Technology (MIT) 大学院 言語学・哲学科 言語学
学位 (1件):
  • 言語学博士 (Massachusetts Institute of Technology (MIT))
経歴 (21件):
  • 2017/04 - 現在 明治学院大学 文学部 英文学科 教授
  • 2016/04 - 2017/03 Fulbright研究員プログラム研究員 研究員・ポスドク
  • 2016/04 - 2017/03 Massachusetts Institute of Technology (MIT) Department of Linguistics and Philosophy
  • 2016/04 - 2017/03 Fulbright研究員プログラム研究員 研究員
  • 2016/04 - 2017/03 Massachusetts Institute of Technology (MIT) Department of Linguistics and Philosophy 客員研究員
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2016/01 - 現在 Glossa: A Journal of General Linguistics (Editorial Board)
  • 2016/01 - 現在 Glossa: A Journal of General Linguistics (Editorial Board)
  • 2008/01 - 現在 Syntax: A Journal of Theoretical, Experimental, and Interdisciplinary Research (Editorial Board)
  • 2008/01 - 現在 Syntax: A Journal of Theoretical, Experimental, and Interdisciplinary Research (Editorial Board)
  • 2019/04 - 2022/03 日本語文法学会 (「日本語文法」編集委員)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/04 - Fulbright Fulbright Scholarships
  • 2004/09 - MIT Ken Hale Fund
  • 1999/04 - Rotary財団 Rotary財団奨学金
所属学会 (5件):
日本人間行動進化学会(Human Behavior and Evolution Society Japan (HBES-J) ,  日本認知科学会 (Japan Cognitive Science Society) ,  人工知能学会 ,  アメリカ言語学会 (Linguistic Society of America) ,  人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る