研究者
J-GLOBAL ID:200901001540925911   更新日: 2020年05月25日

松本 清司

マツモト キヨシ | MATSUMOTO KIYOSHI
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/hito/i-animal/
研究分野 (3件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
論文 (22件):
  • Tomozawa, Hiroshi, Nishio, Ayako, Higuchi, Keiichi, Matsumoto, Kiyoshi, Mori, Masayuki. Genes for Difference in Eosinophilic Phenotype between MES and BN.MES-Cyba(mes) Rats Are on Chromosomes 9, 5, and 1. EXPERIMENTAL ANIMALS. 2011. 60. 2. 151-160
  • Tomozawa, Hiroshi, Nishio, Ayako, Okuhara, Yuji, Higuchi, Keiichi, Matsumoto, Kiyoshi, Mori, Masayuki. BN.MES-Cyba(mes) Congenic Rats Manifest Focal Necrosis with Eosinophilic Infiltration in the Liver without Blood Eosinophilia. EXPERIMENTAL ANIMALS. 2010. 59. 4. 469-478
  • Asanuma F, Miyata H, Iwaki Y, Matsumoto K. Evaluation of short-term nyelotoxicity in dietary reduced rats. J Toxicol Pathol. 2010. 23. 31-37
  • Mori M, Li G, Hashimoto M, Nishio A, Matsumoto K. Eosinophilia in the MES rat strain is caused by a loss-of-function mutation in the gene for cytochrome b(-245) , alpha polypeptide (Cyba). Leukoc Biol. 2009. 86. 3. 469-478
  • Mori M, Higuchi K, Matsumoto K. A third locus for eosinophilia on chromosome 1 of the MES rats. EXPERIMENTAL ANIMALS. 2006. 55. 5. 497-500
もっと見る
書籍 (4件):
  • Blood and Bone Marrow Cells of Mouse
    Sysmex 2009
  • 血液毒性
    朝倉書店 2009
  • 特殊実験法と検査法 11内部透視撮影法,12麻酔
    アドスリー,東京 2004
  • 動物実験の基本
    アドスリー,東京 2004
経歴 (3件):
  • 2003/04 - 信州大学ヒト環境科学支援センター 助教授
  • 1990/03 - 2003/03 信州大学医学部 助教授
  • 1974/04 - 1990/02 国立衛生試験所 毒性部 研究員
委員歴 (5件):
  • 2009 - 日本実験動物学会 評議員
  • 2009 - 日本トキシコロジー学会 評議員
  • 2003 - 2008 日本トキシコロジー学会 理事
  • 2000 - 2008 日本実験動物学会 理事
  • 2000 - 日本獣医学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2014 - 日本毒性学会田邊賞
  • 1990 - 日本実験動物学会賞
所属学会 (4件):
日本免疫毒性学会 ,  日本獣医学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本トキシコロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る