研究者
J-GLOBAL ID:200901001556668196   更新日: 2021年01月09日

葛谷 明紀

クズヤ アキノリ | Kuzuya Akinori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://wps.itc.kansai-u.ac.jp/mol-mach/http://wps.itc.kansai-u.ac.jp/mol-mach/
研究分野 (4件): ナノ構造化学 ,  生体化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (10件): バイオマテリアル ,  分子機械 ,  DNAオリガミ ,  核酸化学 ,  分子技術 ,  分子ロボティクス ,  AFM ,  DNAナノテクノロジー ,  RNA ,  DNA
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2021 DNAオリガミ分子機械を活用した可動式人工抗体の構築と超高感度抗体標識法への応用
  • 2019 - 2021 光応答性ヘアピン構造の活用による超高速駆動DNAオリガミ光アクチュエーターの開発
  • 2016 - 2021 温度に応答して共有結合ゲルを形成する生分解性インジェクタブルポリマーの医療応用
  • 2017 - 2019 DNAオリガミ構造体を活用した革新的膜タンパク操作法の開発
  • 2012 - 2017 アメーバ型分子ロボット実現のための要素技術開発とその統合
全件表示
論文 (94件):
  • Jeunice Ida, Akinori Kuzuya, Yee Siew Choong, Theam Soon Lim. An intermolecular-split G-quadruplex DNAzyme sensor for dengue virus detection. RSC Advances. 2020. 10. 55. 33040-33051
  • Ankita Ray, Korinne Liosi, Shivaprakash N. Ramakrishna, Nicholas D. Spencer, Akinori Kuzuya, Yoko Yamakoshi. Single-Molecule AFM Study of DNA Damage by O-1(2) Generated from Photoexcited C-60. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS. 2020. 11. 18. 7819-7826
  • Yu Sekizawa, Hideyuki Mitomo, Mizuki Nihei, Satoshi Nakamura, Yusuke Yonamine, Akinori Kuzuya, Takehiko Wada, Kuniharu Ijiro. Reversible changes in the orientation of gold nanorod arrays on polymer brushes. NANOSCALE ADVANCES. 2020. 2. 9. 3798-3803
  • Hiromichi Sumida, Yuta Yoshizaki, Akinori Kuzuya, Yuichi Ohya. Versatile Cell-Specific Ligand Arrangement System onto Desired Compartments of Biodegradable Matrices for Site-Selective Cell Adhesion Using DNA Tags. BIOMACROMOLECULES. 2020. 21. 9. 3713-3723
  • Yutaka Ueno, Kento Matsuda, Kaoru Katoh, Akinori Kuzuya, Akira Kakugo, Akihiko Konagaya. Modeling a Microtubule Filaments Mesh Structure from Confocal Microscopy Imaging. MICROMACHINES. 2020. 11. 9
もっと見る
MISC (9件):
書籍 (34件):
  • 核酸科学ハンドブック
    講談社サイエンティフィク 2020 ISBN:9784065207864
  • 「動く」DNAオリガミ
    現代化学 2020
  • 核酸とPEGの複合体を利用したDDS
    バイオマテリアル-生体材料- 2020
  • 生体分子モーターの能動的自己組織化を利用した分子人工筋肉の開発
    技術情報協会「自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例」 2020 ISBN:9784861047817
  • 生体分子モーターとDNAオリガミによる分子人工筋肉の開発
    バイオインダストリー 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (470件):
  • DNAでキャップされたシクロデキストリンロタキサンのDNAオリガミへの位置選択的組み込み
    (第4回分子ロボティクス年次大会 2020)
  • DNA四重鎖ゲルのin vivo応用の検討
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • CNFを沈降抑制剤として活用したDNA四重鎖ゲル中での細胞培養
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • シクロデキストリンロタキサンとDNAオリガミを用いた分子そろばんの構築
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • ターゲットと相互作用して開閉するDNAオリガミ分子機械の高速AFMによるリアルタイム観察
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 東京大学 化学生命工学専攻
  • 1997 - 1999 東京大学 化学生命工学専攻
  • - 1997 東京大学 化学生命工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2020/09 - 現在 合同会社分子ロボット総合研究所 研究チームリーダー(兼任)
  • 2018/04 - 現在 関西大学 化学生命工学部 教授
  • 2011/04 - 2018/03 関西大学 化学生命工学部 准教授
  • 2012/10/01 - 2016/03/31 科学技術振興機構 さきがけ研究者(「分子技術と新機能創出」領域)(兼任)
  • 2007/06/01 - 2011/03/31 東京大学大学院工学系研究科 助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2008/04 - 2010/03 生体機能関連化学部会 若手の会 幹事
  • 2010/03 - 分子ロボティクス研究会 実行委員
受賞 (6件):
  • 2016/03/11 - 公益財団法人 野口研究所 第2回野口遵賞
  • 2012/07 - 高分子学会 第58回高分子研究発表会[神戸] ヤングサイエンティスト講演
  • 2011/11 - 第38回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2011) Outstanding Oral Presentation Award for Young Scientist in 2011
  • 2009/09 - 日本化学会 生体機能関連化学部会 部会講演賞
  • 2008/05 - 日本化学会 第88春季年会優秀講演賞(学術)
全件表示
所属学会 (11件):
核酸医薬学会 ,  日本核酸化学会 ,  日本MRS ,  CBI学会 ,  International Society of Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids ,  International Society For Nanoscale Science, Computation and Engineering ,  計測自動制御学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  アメリカ化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る