研究者
J-GLOBAL ID:200901001584040976   更新日: 2019年09月27日

錦織 千佳子

ニシゴリ チカコ | NISHIGORI Chikako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2017 - 色素性乾皮症治療薬の探索
  • 2017 - (AMED)in silicoドラッグリポジショニング解析による色素性乾皮症D群に対する治療薬の開発
  • 2017 - (AMED)ゲノム不安定性を示す難治性遺伝性疾患群の診断センター運用及びゲノム・分子機能解析による創薬ターゲットの創出/ヌクレオチド除去修復(NER)異常症(色素性乾皮症/コケイン症候群)の症例収集と診断
  • 2017 - (AMED)ゲノム不安定性疾患群を中心とした希少難治性疾患の次世代マルチオミクス診断拠点構築/色素性乾皮症並びに近縁DNA修復異常症患者の収集と既知遺伝子診断
  • 2016 - 2019 美白剤の色素細胞障害性における酸化ストレスの関与
全件表示
論文 (430件):
  • Chayahara N, Mukohara T, Tachihara M, Fujishima Y, Fukunaga A, Washio K, Yamamoto M, Nakata K, Kobayashi K, Takenaka K, Toyoda M, Kiyota N, Tobimatsu K, Doi H, Mizuta N, Marugami N, Kawaguchi A, Nishigori C, Nishimura Y, Minami H. Adapalene Gel 0.1% Versus Placebo as Prophylaxis for Anti-Epidermal Growth Factor Receptor-Induced Acne-Like Rash: A Randomized Left-Right Comparative Evaluation (APPEARANCE). Oncologist. 2019
  • Jinbo H, Fujiwara S, Nagai H, Nishigori C. Case of histiocytosis with bone involvement of fingers successfully treated with peginterferon-α. J Dermatol. 2019. 46. 3. e94-e95
  • Hosaka C, Kunisada M, Koyanagi-Aoi M, Masaki T, Takemori C, Taniguchi-Ikeda M, Aoi T, Nishigori C. Induced pluripotent stem cells-derived melanocyte precursor cells undergoing differentiation into melanocytes. Pigment Cell Melanoma Res. 2019
  • Higaki-Mori H, Yoshida Y, Hisaoka M, Nishigori C, Shindo M, Yamamoto O. Unusual Congenital Multiple Clustered Dermatofibroma: First Reported Case on the Face. Acta Derm Venereol. 2019. 99. 3. 341-342
  • Hida T, Okura M, Kobayashi K, Yamashita T, Nishigori C, Uhara H. Xeroderma pigmentosum group D: Report of a novel combination of ERCC2 variations and its phenotype. J Dermatol. 2019. 46. 3. e81-e82
もっと見る
MISC (123件):
  • Nishigori C, Nakano E, Masaki T, Ono R, Takeuchi S, Tsujimoto M, Ueda T. Characteristics of Xeroderma Pigmentosum in Japan: Lessons From Two Clinical Surveys and Measures for Patient Care. Photochem Photobiol. 2019. 95. 1. 140-153
  • Nakatani S, Oda Y, Washio K, Fukunaga A, Nishigori C. The Urticaria Control Test and Urticaria Activity Score correlate with quality of life in adult Japanese patients with chronic spontaneous urticaria. Allergol Int. 2018
  • 錦織 千佳子. 「日本フォトダーマトロジー学会」の設立~太陽光の皮膚への影響をよりよく知るために~. Bella Pelle. 2018. 3. 3. 234-235
  • 錦織千佳子. 【婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患の新知識-他科エキスパートに聞く】 色素性乾皮症. 産科と婦人科. 2018. 85. 6. 642-647
  • FukunagaA, WashioK, HatakeyamaM, OdaY, OguraK, HorikawaT, NishigoriC. Cholinergic urticaria: epidemiology, physiopathology, new categorization, and management. Clin Auton Res. 2018. 28. 1. 103-113
もっと見る
書籍 (69件):
  • 動物性皮膚症環境因子による皮膚障害(最新皮膚科学大系16) / DNA障害による皮膚障害
    中山書店 2003
  • 図解皮膚科学テキスト / 紫外線生物学
    中外医学社 2003
  • 図説分子病態学第3版 / 遺伝子修復機構とその異常
    中外医学社 2003
  • 新有用性化粧品の開発 / 有用性化粧品の評価技術、美白
    シーエムシー出版 2004
  • カラーアトラス皮膚診断の技法:皮膚を診ると全身が見える / 母斑性基底細胞癌症候群(nevoid basal cell carcinoma syndrome: NBCCS)
    診断と治療社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (905件):
  • アロエによる光アレルギーの2例
    (UV-ABClub-32 2003)
  • 紫外線と皮膚
    (第53回日本アレルギー学会 2003)
  • カテーテルアブレーション後に生じた右上腕放射線腫瘍の1例
    (第380回日本皮膚科学会大阪地方会 2003)
  • Genisteinによりヒトメラノーマ細胞のcisplatinによる細胞増殖抑制とアポトーシスは増強される
    (第17回日本色素細胞学会 2003)
  • Narrowband UVBによる白斑の治療と角化細胞由来GM-CSFについて
    (第17回日本色素細胞学会 2003)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1988 京都大学 大学院医学研究科博士課程修了
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
委員歴 (6件):
  • 日本皮膚科学会 理事
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会 理事
  • 日本光医学・光生物学会 理事
  • 日本色素細胞学会 理事
  • 日本研究皮膚科学会 評議員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/12 - リディアオリリー記念ピアス皮膚科学振興財団 清寺眞記念賞 メラニン・メラナイゼーション、光とくに紫外線生物学をコアとする皮膚科学の多領域において既に国際的トップレベルに達したリーダー的研究者
  • 2014/09 - International Union of Photobiology Edna Roe Lecturers
所属学会 (11件):
日本皮膚科学会 ,  日本色素細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本美容皮膚科学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本光医学・光生物学会 ,  日本乾癬学会 ,  日本皮膚悪性腫瘍学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る