研究者
J-GLOBAL ID:200901001702551689   更新日: 2020年06月07日

三本木 至宏

Sambongi Yoshihiro
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 生態学、環境学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学 ,  応用微生物学
研究キーワード (4件): ATP合成酵素 ,  チトクロームc ,  エネルギー変換 ,  プロトン
論文 (37件):
  • Fujimori, K, Fujii, S, Lisdiana, L, Wakai, S, Yagi, H, Sambongi. Y. Differences in biochemical properties of two 5′-nucleotidases from deep- and shallow-sea Shewanella species under various harsh conditions. Biosci. Biotech. Biochem. 2019. 83. 6. 1085-1093
  • Lisdiana, L, Ômura, H, Fujii, S, Sambongi, Y. Response of neutrophilic Shewanella violacea to acid stress: growth rate, organic acid production, and gene expression. Extremophiles. 2019. 23. 319-326
  • Yamanaka, M, Nakayama,R, Fujii, S, Wakai, S, Sambongi, Y, Hirota, S. Conferment of CO-Controlled Dimer­Monomer Transition Property to Thermostable Cytochrome c' by Mutation in the Subunit­Subunit Interface. BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN. 2019. 92. 702-709
  • Hannah R. Adams, Callie Krewson, Jenny E. Vardanega, Sotaro Fujii, Tadeo Moreno-Chicano, Yoshihiro Sambongi, Dimitri Svistunenko, Jordi Paps, Colin R. Andrew, Michael A. Hough. One fold, two functions: cytochrome P460 and cytochrome c0-b from the methanotroph Methylococcus capsulatus (Bath). Chemical Science. 2019. 10. 3031-3041
  • Suka, A, Oki, H, Kato, Y, Kawahara, K, Ohkubo, T, Maruno, T, Kobayashi, Y, Fujii, S, Wakai, S, Lisdiana, L, Sambongi, Y. Stability of cytochromes c' from psychrophilic and piezophilic Shewanella species: Implications for complex multiple adaptation to low temperature and high hydrostatic pressure. Extremophiles. 2019. 23. 2. 239-248
もっと見る
書籍 (5件):
  • The Role of Water in ATP Hydrolysis Energy Transduction by Protein Machinery
    Springer Singapore 2018 ISBN:9789811084591
  • Extremophilic Enzymes Related to Energy Conversion
    Springer Singapore 2018 ISBN:9789811084584
  • 分子から見た生命の不思議
    広大生物圏出版会 2009 ISBN:4925221191
  • 食の生命科学
    広大生物圏出版会 2004
  • Rotational catalysis by F-type ATPase
    Elsevier Science B. V. 2000
講演・口頭発表等 (96件):
  • Thermal stability of cytochrome c’ from thermophilic Thermus thermophilus
    (15th International Congress on Thermophiles 2019)
  • 好熱菌Thermochromatium tepidum由来シトクロムc′の熱安定性と ガス結合能に関する研究
    (日本農芸化学会中四国支部会第51回講演会 2019)
  • Conferment of CO-Controlled Dimer-Monomer Transition Property to Thermostable Cytochrome c' by Mutation in the Subunit Interface
    (15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry 2019)
  • 深海性細菌Shewanella benthica DB6705由来シトクロムc′の安定化機構の解明
    (日本農芸化学会中四国支部会第54回講演会 2019)
  • Isovaleric acid production as the response to acid stress in Shewanella violacea
    (日本農芸化学会中四国支部会第54回講演会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1988 - 1991 東京大学 農学系研究科
  • - 1988 東京大学 農学系研究科
  • 1982 - 1986 東京大学 農学部 農芸化学科
学位 (2件):
  • 農学修士 (東京大学)
  • 農学博士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2011/10/01 - 2019/03/31 広島大学 教授
  • 2002/02/01 - 2002/03/31 広島大学 助教授
  • 1995/03/01 - 2002/01/31 大阪大学 助手
  • 1992/06/01 - 1995/02/28 オックスフォード大学 博士研究員
委員歴 (8件):
  • 2019/04 - 2020/03 西条農業高等学校 西条農業高等学校 学校運営協議会
  • 2018/05 - 2019/03 学校評議員 広島県立西条農業高等学校
  • 2016/09 - 2017/09 国際生物学オリンピック日本委員会 日本生物学オリンピック本選大会実行副委員長
  • 2017/07 - 2017/08 (社)広島県中小企業診断協会 試験監督要員
  • 2015/12 - 2016/03 (社)広島県中小企業診断協会 研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2012/12/01 - 極限環境生物学会会長 第13回極限環境生物学会 ポスター賞
  • 2001/03 - 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 プロトン情報の生物学的エネルギー変換に関する研究
  • 1998/10 - 日本生化学会 JB論文賞 線虫の銅イオン輸送性ATPaseの構造と機能
所属学会 (5件):
広島県中小企業診断協会 ,  日本高圧力学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本蛋白質科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る