研究者
J-GLOBAL ID:200901001757389635   更新日: 2018年11月30日

煙山 奨也

ケムリヤマ ショウヤ | Kemuriyama Shoya
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (2件): 柔道整復 ,  スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 柔道整復手技が筋疲労に及ぼす影響
論文 (1件):
MISC (9件):
書籍 (1件):
  • 柔道整復外傷学ハンドブック 総論 第2版
    医道の日本社 2016 ISBN:4752951819
講演・口頭発表等 (17件):
  • 高周波通電刺激が筋収縮特性と筋硬度に及ぼす影響
    (日本柔道整復接骨医学会学術大会プログラム・抄録集 2017)
  • 大学生競技者におけるハムストリングス肉ばなれの筋収縮特性
    (日本柔道整復接骨医学会学術大会プログラム・抄録集 2017)
  • Usage of taping to prevent recurrence of knee ligament injury in Judo -Taking cases of medial collateral ligament injury as examples-
    (6th International Symposium on “Present Situation and Future Status of Mongolian Traditional Medicine Development” 2011)
  • 柔道整復学科における柔道実技による身体・精神的効果について : 3年間の追跡調査
    (柔道整復・接骨医学 = Japanese journal [of] judo therapy 2006)
  • 高濃度酸素浴が運動パフォーマンスに及ぼす影響
    (柔道整復・接骨医学 = Japanese journal [of] judo therapy 2006)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2009 大阪体育大学
  • - 2006 明治鍼灸大学医療技術短期大学部 柔道整復学科
  • - 2003 明治国際医療大学 鍼灸学科
学位 (1件):
  • 修士 (大阪体育大学)
所属学会 (3件):
日本臨床スポーツ医学会 ,  日本体力医学会 ,  日本柔道整復接骨医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る