研究者
J-GLOBAL ID:200901001793404900   更新日: 2019年10月21日

石井 恵子

イシイ ケイコ | ISHII Keiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fc3cc92f69b48b4c769b3b75e1e75632.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fc3cc92f69b48b4c769b3b75e1e75632.html
研究分野 (8件): 膠原病・アレルギー内科学 ,  細菌学(含真菌学) ,  ナノ材料化学 ,  ナノ材料工学 ,  ナノバイオサイエンス ,  免疫学 ,  ウイルス学 ,  分子生物学
研究キーワード (2件): 感染免疫学 ,  ステルス性ナノ粒子
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 酸化鉄ナノ粒子を用いた粘膜免疫を標的とする新規肺炎球菌ワクチンの開発
  • 2014 - 2017 網内系に捕捉されることなくがん組織に集積するステルス性ナノ粒子の開発
  • 2013 - 2015 マグネタイトナノ粒子を用いた新規結核ワクチン開発のための基礎検討
  • 2012 - 2014 新興クリプトコックス・ガッティ感染症における高病原性機序の解析
  • 1997 - 1999 慢性関節リウマチ患者より単離した人パルボウイルスB19のウイルス学的特性
論文 (54件):
  • Miura T, Kawakami K, Kanno E, Tanno H, Tada H, Sato N, Masaki A, Yokoyama R, Kawamura K, Kitai Y, Takagi N, Yamaguchi K, Yamaguchi N, Kyo Y, Ishii K, Imai Y, Saijo S, Iwakura Y, Tachi M. Dectin-2-mediated signaling leads to delayed skin wound healing through enhanced neutrophilic inflammatory response and neutrophil extracellular traps formation. The Journal of investigative dermatology. 2018
  • Toyama M, Kudo D, Aoyagi T, Miyasaka T, Ishii K, Kanno E, Kaku M, Kushimoto S, Kawakami K. Attenuated accumulation of regulatory T cells and reduced production of interleukin 10 lead to the exacerbation of tissue injury in a mouse model of acute respiratory distress syndrome. Microbiology and immunology. 2018. 62. 2. 111-123
  • Kanno E, Kawakami K, Tanno H, Suzuki A, Sato N, Masaki A, Imamura A, Takagi N, Miura T, Yamamoto H, Ishii K, Hara H, Imai Y, Maruyama R, Tachi M. Contribution of CARD9-mediated signalling to wound healing in skin. Experimental dermatology. 2017. 26. 11. 1097-1104
  • Tanno H, Kawakami K, Kanno E, Suzuki A, Takagi N, Yamamoto H, Ishii K, Imai Y, Maruyama R, Tachi M. Invariant NKT cells promote skin wound healing by preventing a prolonged neutrophilic inflammatory response. Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society. 2017. 25. 5. 805-815
  • Ishii K, Onishi Y, Miyamura N, Fukuhara N, Ishizawa K, Nakanishi M, Ohnaka S, Miyasaka T, Kanno E, Kawakami K, Harigae H, Kaku M. Development and evaluation of a quantitative assay detecting cytomegalovirus transcripts for preemptive therapy in allogeneic hematopoietic stem cell transplant recipients. Journal of medical virology. 2017. 89. 7. 1265-1273
もっと見る
MISC (28件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • Res. Adv. in Microbiology
    Global Research network 2004
  • 臨床検査データブック
    医学書院 2013
講演・口頭発表等 (113件):
  • 先天性サイトメガロウイルス感染症と診断した高度難聴併発自閉症の1例
    (第110回日本小児科学会学術集会 2006)
  • 関節リウマチ発症時におけるヒトパルボウイルスB19感染の有無による臨床病態への影響
    (第50回日本リウマチ学会学術集会 2006)
  • Rheumatoid arthritis and human parvovirus B19
    (XIth Parvovirus Workshop 2006)
  • Human parvovirus B19 activates the function of T cells and macrophages
    (XIth Parvovirus Workshop 2006)
  • 菌血症の診断を目的としたDNAマイクロアレイの開発
    (第68回日本血液学会総会 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1978 九州大学 理学部 生物学科
  • - 1984 九州大学 理学研究科 生物学
学位 (1件):
  • 理学(生物学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 1984/04 - 1986/03 財団法人日本学術振興会 特別奨励研究員
  • 1986/04 - 1994/03 宮崎医科大学 助手
  • 1993/01 - 1995/02 ハーバード大学医学部 研究員
  • 1996/11 - 1998/04 東北大学 助手
  • 1998/04 - 2006/03 東北大学 講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2012/01 - 2014/12 日本生体防御学会 事務局長
所属学会 (12件):
日本臨床細菌学会 ,  東北院内感染対策研究会(世話人) ,  日本ウイルス学会 ,  日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本細菌学会 ,  日本環境感染学会 ,  アメリカ免疫学会 ,  日本生体防御学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本感染症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る