研究者
J-GLOBAL ID:200901001793404900   更新日: 2021年02月27日

石井 恵子

イシイ ケイコ | Ishii Keiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fc3cc92f69b48b4c769b3b75e1e75632.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fc3cc92f69b48b4c769b3b75e1e75632.html
研究分野 (7件): 分子生物学 ,  ウイルス学 ,  免疫学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学 ,  細菌学 ,  膠原病、アレルギー内科学
研究キーワード (2件): ステルス性ナノ粒子 ,  感染免疫学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 酸化鉄ナノ粒子を用いた粘膜免疫を標的とする新規肺炎球菌ワクチンの開発
  • 2014 - 2017 網内系に捕捉されることなくがん組織に集積するステルス性ナノ粒子の開発
  • 2013 - 2015 マグネタイトナノ粒子を用いた新規結核ワクチン開発のための基礎検討
  • 2012 - 2014 新興クリプトコックス・ガッティ感染症における高病原性機序の解析
  • 1997 - 1999 慢性関節リウマチ患者より単離した人パルボウイルスB19のウイルス学的特性
論文 (99件):
  • Kaori Dobashi-Okuyama, Kazuyoshi Kawakami, Tomomitsu Miyasaka, Ko Sato, Keiko Ishii, Kaori Kawakami, Chiaki Masuda, Syugo Suzuki, Jun Kasamatsu, Hideki Yamamoto, et al. Novel Toll-Like Receptor 9 Agonist Derived from Cryptococcus neoformans Attenuates Allergic Inflammation Leading to Asthma Onset in Mice. International Archives of Allergy and Immunology. 2020. 1-14
  • Ko Sato, Hideki Yamamoto, Toshiki Nomura, Jun Kasamatsu, Tomomitsu Miyasaka, Daiki Tanno, Ikumi Matsumoto, Takafumi Kagesawa, Anna Miyahara, Tong Zong, et al. Production of IL-17A at Innate Immune Phase Leads to Decreased Th1 Immune Response and Attenuated Host Defense against Infection with Cryptococcus deneoformans. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2020
  • Kenji Yamaguchi, Emi Kanno, Hiromasa Tanno, Ayako Sasaki, Yuki Kitai, Takayuki Miura, Naoyuki Takagi, Miki Shoji, Jun Kasamatsu, Ko Sato, et al. Distinct roles for Dectin-1 and Dectin-2 in skin wound healing and neutrophilic inflammatory responses. The Journal of investigative dermatology. 2020
  • Daiki Tanno, Rin Yokoyama, Kotone Kawamura, Yuki Kitai, Xiaoliang Yuan, Keiko Ishii, Magdia De Jesus, Hideki Yamamoto, Ko Sato, Tomomitsu Miyasaka, et al. Dectin-2-mediated signaling triggered by the cell wall polysaccharides of Cryptococcus neoformans. Microbiology and immunology. 2019. 63. 12. 500-512
  • Kanno E, Tanno H, Masaki A, Sasaki A, Sato N, Goto M, Shisai M, Yamaguchi K, Takagi N, Shoji M, et al. Defect of Interferon γ Leads to Impaired Wound Healing through Prolonged Neutrophilic Inflammatory Response and Enhanced MMP-2 Activation. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 22
もっと見る
MISC (40件):
書籍 (2件):
  • 臨床検査データブック
    医学書院 2013
  • Res. Adv. in Microbiology
    Global Research network 2004
講演・口頭発表等 (161件):
  • クリプトコックス感染防御におけるClaudins欠損の影響
    (日本医真菌学会雑誌 2020)
  • 関節リウマチ治療薬に関節指向性を与えるDDSの開発
    (日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2020)
  • クリプトコックス感染防御におけるTight junctionタンパク質欠損の影響
    (感染症学雑誌 2020)
  • クリプトコックス感染の自然免疫時相におけるメモリー、エフェクターT細胞からのIFN-γ産生
    (感染症学雑誌 2020)
  • 肺炎球菌感染防御及び好中球応答におけるMincleの役割
    (感染症学雑誌 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 九州大学 生物学
  • - 1978 九州大学 生物学科
学位 (1件):
  • 理学(生物学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2008/04 - 現在 東北大学大学院医学系研究科 准教授
  • 2006/04 - 2008/03 東北大学 准教授
  • 1998/04 - 2006/03 東北大学 講師
  • 1996/11 - 1998/04 東北大学 助手
  • 1993/01 - 1995/02 ハーバード大学医学部 研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2012/01 - 2014/12 日本生体防御学会 事務局長
所属学会 (12件):
日本感染症学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本生体防御学会 ,  アメリカ免疫学会 ,  日本環境感染学会 ,  日本細菌学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本免疫学会 ,  日本ウイルス学会 ,  東北院内感染対策研究会(世話人) ,  日本臨床細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る