研究者
J-GLOBAL ID:200901002037002845   更新日: 2006年03月30日

古川 政明

フルカワ マサアキ | FURUKAWA Masaaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 科学教育 ,  教育工学
研究キーワード (8件): 視覚伝達デザイン ,  生活用具デザイン ,  情報機器デザイン ,  生活環境デザイン ,  視覚伝達デザイン ,  生活用具デザイン ,  情報機器デザイン ,  生活環境デザイン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 生涯生活術としてのデザイン教育の研究(作法を姿にするモノ作り教育)
  • -生活デザインリソースサーベイとしての研究- ハイテクに反映すべき伝統的な日常生活術の研究
  • バリアフリーな視覚伝達の研究
  • 2003 - 2003 知的障害者(児)教育現場の情報バリアフリ-戦略としての視覚デザイン研究
MISC (19件):
  • 日本デザイン学会誌 作品特集号第1号(H7年11月発行)に掲載 超精密射出成型機のデザイン. 超精密射出成型機のデザイン. 1995. 第1号. 10-13
  • こんな時のいろは-目の不自由な人をガイドするために-(福)日本点字図書館発行,E&Cプロジェクト制作. こんな時のいろは-目の不自由な人をガイドするために-. 1994. 1. 1刷-2刷. 全
  • 芸術工学会誌 第7号'95年4月号 45頁 「自然・デザイン」に関するノート欄に掲載,ブラックボックス化した瀕死のウチデの小槌について考える。. ブラックボックス化した瀕死のウチデの小槌について考える。. 1995. 7、95. 7. 45
  • 目以外でも観るサイン,第8回日本サイン学会'97筑波大会報告書 バリアフリーとサインコミュニケーションデザイン '98年3月刊の12頁に掲載. 第8回日本サイン学会'97筑波大会報告書. 1998. 8. 12
  • バーチャルとリアルの接点を体感させる工夫を,及び生活術としてのデザイン倫理,芸術工学会誌(]G0061[)17,ザデイン・研究・教育,'98年6月刊の43頁/39頁に掲載. 芸術工学会誌(]G0061[)17デザイン・研究・教育. 1998. 17. 39,43
もっと見る
書籍 (1件):
  • バリアフリーの商品開発=人に優しいモノ作り= E&Cプロジェクト編,日本経済新開社発刊の(143p〜148p)「操作しやすい証明書自動交付システム」
    操作しやすい証明書自動交付システム 1995
Works (7件):
  • 目以外で見るサイン。公頭発表。日本サイン学会第12回サインフォーラム'94年5月、東京サイン素材センターでのバネルディスカッションのテーマとして。
    1994 -
  • 北日本新聞年間広告賞審査活動。北日本新聞社主催の年間広告賞審査委員として、地域メディアのコミュニケーション効果のあり方を研究する。
    1995 - 1998
  • 町並見直しのための提言。富山建築士会主催定例行事町並ウォッチング活動に於けるフィールドワーク及び提言懇談会に於ける公頭発表。1996〜1998
    1996 - 1998
  • 道路ぞいの野立て看板のあり方を考える。富山県景観条例を考えるパネルディスカッション,富山県土木部都市計画課主催シンポジュームでの口頭発表'97年
    1997 -
  • 上史街道を現代に活かす。高岡南ライオンズクラブ主催,ユニバーサルデザイン実現のために,のテーマ講演公頭発表のためのフィールドワーク。'97年4月
    1997 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1964 千葉大学 工学部 工業意匠学科
経歴 (2件):
  • 1964 - 1995 (株)日立製作所デザイン研究所 勤務・主任研究員
  • 1995 - 2001 (国立)富山大学教育学部 教授
委員歴 (2件):
  • 2001 - 2004 芸術工学会 理事
  • 2001 - 2004 芸術工学会 理事
受賞 (2件):
  • 1980 - アメリカ合衆国・デザインアンドエンジニアリング賞 -ポータブル・ ビデオシステムのデザイン開発-
  • 1994 - 機械デザイン賞審査員特別賞 -超精密射出成型機のデザイン開発-
所属学会 (5件):
日本サイン学会 ,  日本デザイン学会 ,  芸術工学会 ,  大学美術教育学会 ,  道具学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る