研究者
J-GLOBAL ID:200901002086862221   更新日: 2020年06月08日

池上 知子

イケガミ トモコ | Ikegami Tomoko
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/ikegami/
研究分野 (2件): 社会心理学 ,  社会心理学
研究キーワード (4件): 社会的アイデンティティ ,  偏見と差別 ,  社会的認知 ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2015 - 2019 社会システム変革動機を促す要因の解明 -集団脱同一視パラドクスの克服に向けて-
  • 2011 - 2015 社会システム正当化の深層過程 -統制感覚と相補的世界観-
  • 2007 - 2011 相補的ステレオタイプと社会システム正当化動機の関係
  • 2004 - 2007 不本意な社会的アイデンティティと差別的態度の関係に関する研究 -日米を比較して「-
  • 2001 - 2002 学歴アイデンティティが対人感情に及ぼす影響に関する社会心理学的研究
全件表示
論文 (102件):
  • Bierle, I, Becker, J, Ikegami, T. Coping with unpleasant group memberships in Japan and Germany: Cultural differences in disidentification, confrontation and emotion regulation. European Journal of Social Psychology. 2019. 49. 5. 953-969
  • Hiroaki Tanaka, Tomoko Ikegami. Social exclusion and disengagemnet of covert attention form social signs: The moderating role of fear of negative evaluation. Japanese Psychological Reserach. 2019. 61. 2. 133-141
  • 山本佳祐, 池上知子. 第三者が援助者に自己呈示動機を推測するメカニズム -関係が予期される観察者の存在と援助に伴うリスクが及ぼす影響ー. 人文研究. 2019. 70. 88-109
  • 谷口 友梨, 池上 知子. 量刑判断にもたらす心理的距離の影響ー事件の発生時期に着目してー. 法と心理. 2018. 18. 1. 99-116
  • 谷口友梨, 池上知子. 自発的特性推論と他者の行動予測:心理的距離の変化がもたらす影響. 認知科学. 2018. 25. 2. 172-187
もっと見る
MISC (23件):
  • 池上知子. 対人認知の心理機制 -人はいかにして他者の心を知るのか-. 浦光博・北村英哉編著 展望 現代の社会心理学「個人のなかの社会」 誠信書房. 2010. 1. 48-69
  • 日本社会心理. 社会心理学事典(編集幹事・項目分担執筆). 丸善株式会社. 2009. 14-15,502-503
  • 山祐嗣, 山口素子, 小林知博. 基礎から学ぶ心理学・臨床心理学(分担執筆). 北大路書房. 2009. 83-91
  • 島井哲志, 池見陽, 編著, 分担執筆. 心理学・臨床心理学入門ゼミナール. 北大路書房. 2006. 84-92
  • 海保博之, 楠見孝, 監修, 分担執筆. 心理学総合事典. 朝倉書店. 2006. 408-415
もっと見る
書籍 (52件):
  • 心理学
    勁草書房 2016 ISBN:9784326251155
  • 格差と序列の心理学ー平等主義のパラドクス-
    ミネルヴァ書房 2012
  • 格差と序列の心理学 -平等主義のパラドクスー
    ミネルヴァ書房 2012 ISBN:9784623064373
  • 格差と序列の心理学ー平等主義のパラドクス-
    ミネルヴァ書房 2012
  • 格差と序列の心理学 : 平等主義のパラドクス
    ミネルヴァ書房 2012 ISBN:9784623064373
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 不平等是正動機システムとしての相補的世界観
    (第13回人格社会心理学会年次大会 2012)
  • 社会的排除と受容のサインに対する懐疑的態度
    (第13回人格社会心理学会年次大会 2012)
  • 対人行動の規定因としての印象と感情
    (第13回大会人格社会心理学会年次大会 2012)
  • 正確な知識がもたらすエイズ患者への偏見
    (第13回人格社会心理学会年次大会 2012)
  • 理想と現実の差異が自己受容に与える影響 -愛着による緩和効果ー
    (関西心理学会第123回大会 2011)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1984 京都大学 教育学研究科 教育方法学
  • - 1984 京都大学 教育学研究科 教育方法学
  • - 1979 京都大学 教育学部 教育学科・教育心理学
  • - 1979 京都大学 教育学部 教育学科・教育心理学
学位 (4件):
  • 博士(教育学) (京都大学)
  • 教育学修士 (京都大学)
  • 博士(教育学) (京都大学)
  • 教育学修士 (京都大学)
経歴 (16件):
  • 2017/04/01 - 現在 大阪市立大学 副学長
  • 2017/04/01 - 現在 大阪市立大学 副学長
  • 2005/04/01 - 現在 大阪市立大学 教授
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 大阪市立大学 教務担当部長
  • 2013/04 - 2015/03 大阪市立大学 文学研究科研究科長
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2009 - 現在 日本教育心理学会 編集委員
  • 2009 - 現在 日本心理学会 編集委員
  • 2005 - 現在 アジア社会心理学会 Consulting Editor
  • 2009/10 - 2011/03 日本グループ・ダイナミックス学会 編集委員
  • 2009 - 日本教育心理学会 編集委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2013/11 - 日本社会心理学会 日本社会心理学会賞(出版賞)
  • 2013 - 日本社会心理学会学会賞(出版賞)
  • 2009/11 - 大阪市立大学学友会優秀テキスト賞
  • 2009 - 大阪市立大学学友会優秀テキスト賞
  • 1993/10 - 日本グループダイナミクス学会第6回研究奨励賞
全件表示
所属学会 (24件):
法と心理学会 ,  日本認知心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本認知科学会 ,  日本感情心理学会 ,  心理科学連合 ,  アジア社会心理学会 ,  人格社会心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  法と心理学会 ,  日本認知科学会 ,  日本認知心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  人格社会心理学会(The Society for Personality and Social Psychology) ,  心理科学連合(Association for Psychological Science) ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  アジア社会心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る