研究者
J-GLOBAL ID:200901002140047407   更新日: 2020年09月01日

吉川大 和

キッカワ ヤマト | Kikkawa Yamato
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20274227
研究分野 (5件): 人体病理学 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  構造生物化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (13件): 肝細胞 ,  幹細胞 ,  生体機能材料 ,  バイオマテリアル ,  ペプチドマトリックス ,  転移・浸潤 ,  肝細胞癌 ,  基底膜 ,  ルテラン ,  細胞外マトリックス ,  ラミニン ,  インテグリン ,  細胞接着
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2014 - 2016 ラミニンα5鎖による癌細胞の基底膜浸潤メカニズムの解明
  • 2014 - 2015 上皮管腔組織における基底膜形成メカニズムの解明
  • 2011 - 2011 ルテランによるがん細胞の接着および運動促進メカニズムの解明
  • 2009 - 2011 ヒト肝細胞増産と肝組織移植を目指した基礎的研究
  • 2008 - 2010 ラミニン機能部位を応用した肝細胞培養基質の開発
全件表示
論文 (103件):
  • Yuji Yamada, Chihiro Yoshida, Keisuke Hamada, Yamato Kikkawa, Motoyoshi Nomizu. Development of Three-Dimensional Cell Culture Scaffolds Using Laminin Peptide-Conjugated Agarose Microgels. Biomacromolecules. 2020
  • Anh Tan Truong, Keisuke Hamada, Yuji Yamada, Hao Guo, Yamato Kikkawa, Curtis T Okamoto, J Andrew MacKay, Motoyoshi Nomizu. Evaluation of extracellular matrix mimetic laminin bioactive peptide and elastin-like polypeptide. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 5. 6729-6740
  • Minami Yamada, Hajime Okada, Yamato Kikkawa, Atsushi Miyajima, Tohru Itoh. Tissue substructure-specific deposition of the β3-containing laminin-332 in the biliary epithelium of human and mouse livers. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020
  • Jun Kumai, Yuji Yamada, Keisuke Hamada, Fumihiko Katagiri, Kentaro Hozumi, Yamato Kikkawa, Motoyoshi Nomizu. Identification of active sequences in human laminin α5 G domain. Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society. 2019. 25. 12. e3218
  • Sato T, Kikkawa Y, Yamamoto S, Tanaka Y, Kazama JJ, Tominaga Y, Ichimori T, Okada M, Hiramitsu T, Fukagawa M. Disrupted tubular parathyroid hormone/parathyroid hormone receptor signaling and damaged tubular cell viability possibly trigger postsurgical kidney injury in patients with advanced hyperparathyroidism. Clinical kidney journal. 2019. 12. 5. 686-692
もっと見る
MISC (2件):
  • 吉川大和, 門谷裕一, 野水基義. 基底膜. 脳科学辞典. 2012. http://bsd.neuroinf.jp/wiki/基底
  • 吉川大和. 肝細胞とラミニン研究の接点. 肝細胞研究会・研究交流. 2011. http://hepato.umin.jp/kouryu/k
特許 (2件):
書籍 (7件):
  • Encyclopedia of Signaling Molecules
    Springer International Publishing 2018
  • Laminins: Structure, Biological Activity and Role in Disease
    Nova Publishers 2013
  • タンパク質実験ノート〈上〉タンパク質をとり出そう(抽出・精製・発現編) (無敵のバイオテクニカルシリーズ)
    羊土社 2011 ISBN:4897069432
  • タンパク質実験ノート (上) (無敵のバイオテクニカルシリーズ)
    羊土社 2004 ISBN:4897069181
  • タンパク質実験ノート〈上〉抽出と分離精製 (無敵のバイオテクニカルシリーズ)
    羊土社 1999 ISBN:4897069114
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (11件):
  • 2009/04 - 現在 東京薬科大学薬学部 准教授
  • 2005/04 - 2009/03 東京薬科大学 薬学部 講師
  • 2003/04 - 2005/03 札幌医科大学 助手
  • 2000/12 - 2003/03 Washington Univ. Sch of Med Research Associate
  • 1999/04 - 2000/11 大阪府立母子保健総合医療センター研究所 日本学術振興会特別研究員PD
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010 - 大高賞(結合組織学会奨励賞)
  • 2009 - 水島昭二記念研究賞
所属学会 (7件):
米国細胞生物学会 ,  米国マトリックス学会 ,  肝細胞研究会 ,  日本再生医療学会 ,  日本癌学会 ,  日本生化学会 ,  日本結合組織学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る