研究者
J-GLOBAL ID:200901002231551930   更新日: 2020年07月07日

金丸 研吾

Kanamaru Kengo
ホームページURL (1件): http://www.ans.kobe-u.ac.jp/kenkyuuka08/seimei/seibutukagaku.html
研究分野 (4件): 応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学 ,  分子生物学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (6件): 5-アミノレブリン酸 ,  tRNA ,  テトラピロール ,  σ因子 ,  転写装置 ,  葉緑体
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2017 植物が放出するエンカレッジファクターの同定
  • 2011 - 5-アミノレブリン酸の新規分子機能の解明
  • 2009 - 植物細胞内シグナル伝達物質としてのcGMP/NOの機能解析
  • 2007 - 色素体ヘテロ転写系を中心とする分子機能相関と統御機構
  • 2005 - 植物の光シグナル伝達因子の同定とシグナル伝達ネットワークの解析
全件表示
論文 (61件):
MISC (1件):
書籍 (3件):
  • Advances in Photosynthesis and Respiration, Vol. 36 "Plastid Development in Leaves during Growth and Senescence" #10. Dynamic Features of the Plastid Genome and its Transcriptional Control in Plastid Development
    Springer 2013
  • "Adaptive Gene Regulations from Microorganisms to Organelles" #4 Function of plastidial T7 phage- types RNA polymerase in plants
    Research Signpost, Kerala, India 2008
  • PNE:シロイヌナズナDNAアレイコンソーシアムの活動
    共立出版社 2002
講演・口頭発表等 (146件):
  • シロイヌナズナにおける5- アミノレブリン酸に応答した転写制御
    (第60回日本植物生理学会年会 2019)
  • Overexpression and characterization of Arabidopsis 5-aminolevulinic acid dehydratases in E. coli
    (10th International Symposium of iBioK 2019)
  • 5-aminolevulinic acid responsive genes related to increasing stress tolerance in Arabidopsis
    (10th International Symposium of iBioK 2019)
  • シロイヌナズナにおけるALA類縁物質による病原菌抵抗性の誘導
    (2018若手フロンティア 2018)
  • シロイヌナズナの5-アミノレブリン酸誘導性遺伝子とその生理的効果
    (第91回日本生化学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 名古屋大学 農芸化学専攻 博士(農学)
  • - 1993 名古屋大学 大学院農学研究科博士課程後期課程農芸化学専攻退学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (名古屋大学大学院)
経歴 (4件):
  • 2003/03 - 現在 神戸大学 大学院農学研究科 准教授
  • 1997/10 - 2003/02 東京大学 分子細胞生物学研究所 分子遺伝学研究分野 助手
  • 1996/04 - 1997/09 カリフォルニア大学サンディエゴ校 生物部 博士研究員
  • 1993/09 - 1997/09 国立遺伝学研究所 微生物保存研究室 助手
委員歴 (3件):
  • 2013/04 - 現在 日本農芸化学会 関西支部参与
  • 2019/04 - 2021/03 日本農芸化学会 関西支部幹事
  • 2014/04 - 2016/09 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る