研究者
J-GLOBAL ID:200901002397900070   更新日: 2020年06月10日

桑田 文幸

クワタ フミユキ | Kuwata Fumiyuki
所属機関・部署:
職名: 特任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (4件): 常態系口腔科学 ,  細胞生物学 ,  科学教育 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (4件): 歯科医学教育 ,  遺伝子発現 ,  歯の形成 ,  口腔生化学,分子生物学
論文 (55件):
  • Application of telemedicine to assess mandibular cortical width on panoramic images of dental patients in the Lao Peaples Democratic Republic. Oral Radiology. 2015
  • 第1学年歯科医院見学実習における学生の自己理解. 日本大学歯学部紀要. 2014. 42. 31-38
  • 第1学年しか委員見学実習の事前・事後教育における発見的学習の展開. 日本大学歯学部紀要. 2014. 42. 61-72
  • 横瀬勝美, 中野善夫. 亜鉛イオンが骨芽細胞株(Saos 2)の生細胞およびサイトカイン産生に及ぼす影響(第3報). 日本大学歯学部紀要. 2012. 40. 1-6
  • 横瀬勝美, 中野善夫. 亜鉛イオンが骨芽細胞株(Saos 2)の生細胞およびサイトカイン産生に及ぼす影響(第2報). 日本大学歯学部紀要. 2011. 39. 11-16
もっと見る
書籍 (7件):
  • 第32回日本歯科医学教育学会学術大会報告
    日大歯学 2013
  • 遠隔医療システムを活用したアジア基盤型EBM研究の構築
    2013
  • 歯科医学教育白書 2011年版
    日本歯科医学教育学会 2012
  • 歯科医学教育白書
    日本歯科医学教育学会 2012
  • 歯科医学教育白書
    日本歯科医学教育学会 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (74件):
  • 第1学年歯科医院見学実習の事前・事後教育における発見的学習方略の展開
    (日本歯科医学教育学会 2014)
  • 日本大学歯学部2年次テュートリアル教育の受講生にみられた短時間の総括講義実施による自己評価の改善効果
    (日本歯科医学教育学会 2014)
  • 第1学年の化学・生物学関連授業の成績と理科受験科目との関連
    (日本歯科医学教育学会 2013)
  • 教養演習が教養教育に果たした役割
    (日本歯科医学教育学会 2013)
  • 遠隔医療システムを活用した国際教育協力モデル
    (日本歯科医学教育学会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1978 日本大学 大学院 歯学研究科 歯科基礎系生化学
  • - 1974 日本大学 歯学部 歯学科
学位 (2件):
  • 歯学士 (日本大学)
  • 歯学博士 (日本大学)
経歴 (4件):
  • 1997/05 - 2003/04 日本大学 助教授
  • 2003/04 - 日本大学 教授
  • 1979/04 - 1997/04 日本大学 専任講師
  • 1978/04 - 1979/03 日本大学 助手
委員歴 (11件):
  • 2010/04/01 - 日本歯科医学教育学会 常任理事
  • 2010/04/01 - 日本歯科医学会 評議員
  • 2010/04/01 - 日本歯科医学教育学会 理事
  • 2002/04/01 - 日本大学歯学会 理事
  • 1997 - 日本大学歯学会 評議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1985/11 - 日本大学歯学部佐藤賞
所属学会 (8件):
日本歯科医学会 ,  国際歯科研究学会(IADR) ,  日本歯周病学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本大学歯学会 ,  国際歯周病学会(IAP) ,  日本化学会 ,  日本歯科医学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る