研究者
J-GLOBAL ID:200901002405755590   更新日: 2022年08月09日

堀 雅裕

ホリ マサヒロ | Hori Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www3.u-toyama.ac.jp/rsees/index.html
研究分野 (3件): 地球資源工学、エネルギー学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (14件): 積雪 ,  海氷 ,  エアロゾル ,  雲 ,  雪氷圏 ,  リモートセンシング ,  気候 ,  気象 ,  aerosol ,  clouds ,  cryosphere ,  remote sensing ,  climate ,  meteorology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2022 - 2025 GCOM-C/SGLIによる北極域環境モニタリング手法の高度化およびSGLI雪氷圏プロダクト検証用地上データの収集と数値モデル連携推進
  • 2021 - 2024 急激な温暖化に曝される北極海流入主要河川網の熱流束分布の動態解明
論文 (75件):
  • Joji Ishizaka, Mengmeng Yang, Naoki Fujii, Toshiya Katano, Masahiro Hori, Takayuki Mine, Katsuya Saitoh, Hiroshi Murakami. Use of AERONET-OC for validation of SGLI/GCOM-C products in Ariake Sea, Japan. Journal of Oceanography. 2022
  • A. Kokhanovsky, R. Shimada, T. Aoki, M. Hori. The determination of snow parameters using SGLI/GCOM-C spaceborne top-of-atmosphere spectral reflectance measurements over Antarctica. Journal of Quantitative Spectroscopy and Radiative Transfer. 2022. 108226-108226
  • Guojing Gan, Jinglu Wu, Masahiro Hori, Xingwang Fan, Yongwei Liu. Attribution of decadal runoff changes by considering remotely sensed snow/ice melt and actual evapotranspiration in two contrasting watersheds in the Tienshan Mountains. Journal of Hydrology. 2022. 127810-127810
  • 谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 八久保晶弘, 庭野匡思, 杉浦幸之助, 的場澄人, 島田利元. 光学リモートセンシングによる雪氷プロダクトの地上検証観測. 日本リモートセンシング学会誌. 2021. 41. 5. 582-594
  • Kazuyoshi Suzuki, Hotaek Park, Olga Makarieva, Hironari Kanamori, Masahiro Hori, Koji Matsuo, Shinji Matsumura, Nataliia Nesterova, Tetsuya Hiyama. Effect of Permafrost Thawing on Discharge of the Kolyma River, Northeastern Siberia. Remote Sensing. 2021. 13. 21. 4389-4389
もっと見る
MISC (160件):
  • 青木 輝夫, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 谷川 朋範, 竹内 望, 山口 悟, 本山 秀明, 藤田 耕史, 山崎 哲秀, et al. SIGMA及び関連プロジェクトによるグリーンランド氷床上の大気・雪氷・雪氷微生物研究 : ArCSIIプロジェクトへのつながり (極地雪氷特集). 雪氷 : journal of the Japanese Society of Snow and Ice. 2021. 83. 2. 169-191
  • 久慈誠, 高田真奈, 廣瀬沙羅, 中辻菜穂, 堀雅裕. 船舶搭載型全天カメラ観測データ解析による海洋上の雲量の推定. 日本気象学会大会講演予稿集(CD-ROM). 2021. 119
  • 作野裕司, 斎藤克弥, 石坂丞二, 虎谷充浩, 比嘉紘士, 向井田明, 堀雅裕, 富田裕之. 海洋可視化のための衛星センサの現状と将来展望. 日本リモートセンシング学会誌. 2021. 41. 2
  • 堀雅裕. 雪氷圏観測に衛星リモートセンシングが果たしてきた役割と今後の展望. 日本リモートセンシング学会誌. 2021. 41. 2
  • 谷川朋範, 青木輝夫, 青木輝夫, 石元裕史, 増田一彦, 庭野匡思, 堀雅裕, 八久保晶弘, 的場澄人, 杉浦幸之助, et al. 積雪と海氷の波長別偏光特性. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
もっと見る
書籍 (1件):
  • 気候変動の解明に向けて -Global Imagerがとらえた地球-
    JAXA 2006 ISBN:4906653030
学位 (1件):
  • Doctor(Engineering) (Hokkaido University)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 国立大学法人富山大学 学術研究部都市デザイン学系 教授
  • 2016/04 - 2020/03 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター 主任研究開発員
  • 2008/04 - 2020/03 北海道大学大学院情報科学科 客員准教授
  • 2012/10 - 2016/03 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター 主任研究員
  • 2005 - 2012/09 宇宙航空研究開発機構 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/09 - 日本雪氷学会 平田賞 熱赤外域輝度温度による雪質情報の遠隔探査に関する研究
所属学会 (4件):
日本リモートセンシング学会 ,  日本雪氷学会 ,  日本気象学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る