研究者
J-GLOBAL ID:200901002423001969   更新日: 2022年06月27日

秋津 元輝

アキツ モトキ | Akitsu Motoki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 農業社会構造 ,  食料農業経済 ,  社会学
研究キーワード (5件): 農食倫理 ,  環境問題 ,  農村社会 ,  forestry and fisheries in general ,  Sociology (including Social Welfare) Agriculture
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2008 - 過疎地域の振興に関する研究
  • 2008 - Renovation of the depopulated area in Japan
  • 2007 - 農業と農業者の倫理に関する研究
  • 2007 - Study on the ethics of agriculture and farmers
  • 2002 - 農村ジェンダーに関する研究
全件表示
論文 (52件):
  • 秋津元輝. 食政策の統合によって地域の魅力を取り戻すー日本版ローカル・フードポリシーの意義と役割. 農業と経済. 2021. 87. 4. 6-16
  • 秋津元輝. 共同討論(報告IV) 都市農村対流時代に向けた地方分散シナリオの展望:視点と論点. 農業経済研究. 2020. 92. 3. 262-268
  • 秋津元輝, 岩橋涼. 公共調達としての学校給食の可能性-有機農産物導入の意義と試み. 農業と経済. 2020. 86. 8. 6-16
  • 秋津元輝. 未来の国土と農山村像を描く4つのシナリオ. 農業と経済. 2020. 86. 4. 6-15
  • 秋津元輝. 地域農林業研究に質的方法論を取り戻す -質的研究論文の復権とその書き方-. 農林業問題研究. 2020. 56. 1. 5-10
もっと見る
MISC (3件):
  • Motoki Akitsu. Discussion: Prospects for a Decentralization scenario in the Era of Urban-Rural Multidimensional Circulation: Viewpoint and Issues. Journal of Agricultural Economics. 2021. 23. 57-58
  • 秋津 元輝, 立川 雅司. 研究の窓 国際学会をヨチヨチと歩く. 村落社会研究ジャーナル = Journal of rural studies. 2017. 23. 2. 42-44
  • 秋津 元輝. 冷静にしてかつ熱い志 : 求められる新しい「農業」の定義 (特集 「新しい農業」を生きる! 若手経営者たち) -- (座談会 「新しさ」とは何か?). 農業と経済. 2017. 83. 1. 26-27
書籍 (26件):
  • 小農の復権
    農山漁村文化協会 2019 ISBN:9784540191138
  • 農と食の新しい倫理
    昭和堂 2018 ISBN:9784812217207
  • せめぎ合う親密と公共-中間圏というアリーナ
    京都大学学術出版会 2017
  • 人間と作物
    ドメス出版 2016
  • Sustainable Consumption: Design, Innovation and Practice
    Springer 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • Grappling at Food Policy in Kyoto: Experiences and Future Prospects
    (RIHN 15th International Symposium on “Transitioning Cultures of Everyday Food Consumption and Production: Stories from a Post-growth Future” 2021)
  • 市民運動と行政の狭間で:食からのトランジション・京都市での試み
    (第62回環境社会学会大会 2020)
  • Building Organic Town toward an Establishment of Local Food Policy
    (The 5th KU-KUGSA Bilateral Symposium on "Food, Environment and Life for the Next Generation: Achieving the Sustainable Development Goals" 2019)
  • 給食からの食改革
    (日本有機農業研究会全国大会2019 2019)
  • How does Japanese Agriculture survive?: harsh condition and policy change
    (The 4th KU-KUGSA Bilateral Symposium 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1985 - 1988 京都大学 農林経済学専攻博士後期課程
  • 1982 - 1985 京都大学 農林経済学専攻修士課程
  • 1978 - 1982 京都大学 農林経済学
学位 (2件):
  • 農学修士 (京都大学)
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2015 - 現在 京都大学 大学院農学研究科 教授
  • 2007 - 2015 京都大学 大学院農学研究科 准教授
  • 2005 - 2007 京都大学 大学院農学研究科 助教授
  • 2003 - 2005 京都大学 大学院文学研究科 助教授(併任)
  • 1998 - 2005 奈良女子大学 文学部 助教授
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2018/10 - 2022/10 地域農林経済学会 副会長
  • 2020/01 - 2022/01 社会学系コンソーシアム 理事
  • 2018 - 2022 Asian Rural Sociology Association president
  • 2014 - 2022 International Rural Sociology Association the board of directors
  • 2019/11 - 2021/11 日本村落研究学会 会長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/09 - 地域農林経済学会 地域農林経済学会特別賞 『農と食の新しい倫理』昭和堂、2018年5月
  • 1998 - 日本村落研究学会 日本村落研究学会研究奨励賞 『農業生活とネットワーク-つきあいの視点から-』御茶の水書房、1998年1月
  • 1997/10 - 地域農林経済学会 地域農林経済学会特別賞(グループ賞) 『持続的農村の形成』富民協会、1996年3月
所属学会 (6件):
日本社会学会 ,  日本農業経済学会 ,  環境社会学会 ,  地域農林経済学会 ,  日本村落研究学会 ,  関西社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る