研究者
J-GLOBAL ID:200901002462013672   更新日: 2021年02月02日

室井 禎之

ムロイ ヨシユキ | Muroi Yoshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.f.waseda.jp/ymuroi/http://www.f.waseda.jp/ymuroi/
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (1件): 独語学,言語学(認知意味論)、独語・独文学、言語学・音声学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 複合判断・単独判断に基づく「主語」相対化の文法理論構築に向けた経験的基盤研究
  • 2015 - 2018 感情形容詞の意味と構文に関するドイツ語・日本語対照研究
  • 2010 - 2014 近代ロシア・プラトニズムの総合的研究
  • 2007 - 2009 日本語を母語とするドイツ語学習者の学習環境とドイツ語習得過程
  • 2004 - 2006 音声コミュニケーション中心の少人数授業における日本語母語話者のドイツ語習得過程
全件表示
論文 (34件):
  • Yoshiyuki Muroi. Semantik und Konstruktion der Gefühlsadjektive im Deutschen und Japanischen. Hiroyuki Miyashita, Yasuhiro Fujinawa, Shin Tanaka (Hg.):: Form, Struktur und Bedeutung. 2020. 219-234
  • Yoshiyuki Muroi. Zustand und Eigenschaft, Subjektstärke und Salienz: Thetik-Kategorik beim Gefühlsadjektiv im Deutschen und Japanischen. Abraham, Werner / Leiss, Elisabeth / Tanaka, Shin (Hg.): Zur Architektur von Thetik und Kategorik: Deutsch, Japanisch, Chinesisch und Norwegisch. (=Studien zur deutschen Grammatik, 97). 2020. 243-265
  • Yoshiyuki Muroi. German Studies in Japan in the International Context: International Oriented Activities of the Japanese Association for German Studies (JGG) and Some Other Cases. Sunaoka, Kazuko & Muroi, Yoshiyuki (ed.): The Teaching of Foreign Languages in Japan and International Academic Activities. 2017. 53-67
  • 室井禎之. 感情形容詞における構文一心理動詞との関連において. 日本独夫学会研究叢書. 2016. 5-17
  • 室井禎之. ドイツ語学文学の国際交流と国際発信 -日本独文学会の国際交流事業を中心に. 砂岡和子・室井禎之(編著)『日本発多言語国際情報発信の現状と課題:ヒューマンリソースとグローバルコミュニケーションのゆくえ』. 2016. 9-23
もっと見る
書籍 (3件):
  • The Teaching of Foreign Languages in Japan and International Academic Activities
    朝日出版社 2017
  • 日本発多言語国際情報発信の現状と課題:ヒューマンリソースとグローバルコミュニケーションのゆくえ
    朝日出版社 2016
  • Gotō Hajime: Studien zur Geschichte der Nō-Masken
    Iudicium 2011
講演・口頭発表等 (11件):
  • ドイツ語のコプラの叙述機能と日本語におけるその対応現象
    (北海道ドイツ文学会第87回研究発表会 2019)
  • Adjective and predication type
    (51st Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea 2018)
  • Gefühlsadjektive in attributiver und prädikativer Verwendung
    (Österreichische Linguistiktagung 2017)
  • 脱他動化構文、モダリティー、および関連現象 -ドイツ語と日本語の対照から
    (早稲田ドイツ語学・文学会 2016)
  • Detransitiviät und Modalität im Deutschen und im Japanischen
    (Asiatische Germanistentagung 2016 Seoul 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1988 早稲田大学 ドイツ文学
  • - 1988 早稲田大学 ドイツ文学
  • - 1981 早稲田大学 ドイツ文学
学位 (2件):
  • 文学修士 (早稲田大学)
  • (BLANK)
経歴 (5件):
  • 1999 - 1999 早稲田大学 教授
  • 1997 - 1999 早稲田大学 助教授
  • 1999 - 早稲田大学 教授
  • 1991 - 1997 北海道大学 助教授
  • 1985 - 1988 早稲田大学 助手
委員歴 (12件):
  • 2015/05 - 2019/05 Japanische Gesellschaft für Germanistik Vorstandsmitglied
  • 2015/05 - 2019/05 日本独文学会 理事
  • 2014/05 - 2018/05 Gesellschaft zur Förderung der Germanistik in Japan e.V. Haushaltsprüfer
  • 2014/05 - 2018/05 公益財団法人ドイツ語学文学振興会 監事
  • 2018/05 - Gesellschaft zur Förderung der Germanistik in Japan e.V. Vorstandsmitglied
全件表示
所属学会 (3件):
日本言語学会 ,  ドイツ文法理論研究会 ,  日本独文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る