研究者
J-GLOBAL ID:200901002520832603   更新日: 2023年01月16日

菊地 賢司

キクチ ケンジ | Kikuchi Kenji
所属機関・部署:
職名: 特命研究員
研究分野 (2件): 原子力工学 ,  環境動態解析
研究キーワード (14件): 陽子線 ,  X線 ,  被膜強度 量子ビーム科学: 中性子線 ,  酸化被膜構造 ,  液体重金属 ,  照射損傷 ,  核変換 ,  高エネルギー陽子照射 ,  シイタケ・タケノコ・土壌に残留する放射性物質 原子力学: 核破砕材料 ,  環境動態解析: 原子力災害 ,  Proton beam. ,  X-ray ,  bamboo and soil. Atomic Power Studies: Spallation materials; High-energy proton irradiation; Nuclear transmutation; Irradiation damage; Heavy liquid metal; Oxide layer structure; Film strength. Quantum Beam Science: Neutron beam ,  Environmental Dynamic Analysis:Nuclear disaster; Residual radioactive materials in mushroom
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2015 - 2016 環境マーカー中における放射性セシウムの経時変化と環境移行調査
  • 2014 - 2015 土壌、リター、汚染水等に残留する放射性物質の構造解析と除染への応用
  • 2013 - 2014 放射性セシウムの存在形態の評価と除染法の開発
  • 2013 - 2014 Physical properties, structure, and shape of radioactive Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident derived from soil, bamboo and shiitake mushroom measurements
  • 2012 - 2013 放射性物質の移動・固定評価と除染法の開発
全件表示
論文 (121件):
  • 李 沛然, ゴン インティン, 菊地 賢司, 小松崎 將一. 福島第一原発事故とチェルノブイリ原発事故後の農耕地における放射性セシ ウムの挙動に対する耕うんの影響比較. 環境放射能除染学会誌. 2021. 9. 3. 117-130
  • Kikuchi Kenji. Field Research Report on Radioactive Cesium Contained in Persimmon Growing at Orchards of Fukushima Eight Years after the Nuclear Power Plant Accident. Journal of Soil and Water Science. 2021. 5. 2. 193-196
  • Interaction of Liquid Lead Bismuth and Materials in Spallation Target. 2021. 1024. 27-40
  • Atsushi Yamaguchi, Kenji Kikuchi, Masakazu Komatsuzaki, Ichiro Tanaka, Nobuo NIIMURA. Dissolution, Mechanical Properties, and Thermal Stability of Microparticles Containing Radioactive Cesium on Plant Litter Derived from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident. Radiology and Medical Diagnostic Imaging. 2020. 1-8
  • Kenji Kikuchi, Nobuo Niimura, Takashi Onozawa, Masakazu Komatsuzaki, Ichiro Tanaka. Detection of Radioactive Cesium onGranular Particle using Autoradiography, Germanium detector and Energy dispersive X-ray spectrometry. Radiology and Diagnostic Imaging. 2018. 1. 1-5
もっと見る
MISC (96件):
特許 (3件):
  • 汚染土壌又は汚染焼却灰の除染方法
  • 溶融金属用電磁流量計
  • 金属流体中の酸素濃度測定装置
書籍 (7件):
  • Spallation Materials Technology
    Trans Tech Publications 2021 ISBN:9783035715941
  • Reference Module in Materials Science and Engineering
    Oxford: Elsevier Inc. 2016 ISBN:9780128035818
  • 「長寿命核廃棄物処理としての加速器利用による核変換システム技術の現状と展望」技術予測レポート2023 下巻「低炭素化社会を目指す」日本の技術編
    日本能率協会総合研究所 2013
  • COMPREHENSIVE NUCLEAR MATERIALS, Chapter 5.09 Material Performance in Lead and Lead-bismuth Alloy
    Elsevier Ltd. 2012 ISBN:9780080560274
  • Applications of High Intensity Proton Accelerators
    World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd. 2010 ISBN:9789814317283
もっと見る
講演・口頭発表等 (163件):
  • 経済的除染方法開発のための汚染土壌からの 137Cs溶出条件の探索
    (2021年度量子ビームサイエンスフェスタ 2022)
  • 福島第一原子力発電所事故由来の顆粒状放射性Csの可溶化について
    (2018年度量子ビームサイエンス・フェスタ 2019)
  • Csの存在様式を考慮した福島原発由来土壌の除染に向けた試み
    (2017年度量子ビームサイエンス・フェスタ 2018)
  • Precise measurement of residual 3-D strain distribution ahead of a crack tip after over-loading cycle by neutron diffraction
    (MECASENS2015: 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICAL STRESS EVALUATION BY NEUTRON & SYNCHROTRON RADIATION 2015)
  • Precise measurement of residual 3-D strain distribution ahead of a crack tip after over-loading cycle by neutron diffraction
    (MECASENS2015: 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICAL STRESS EVALUATION BY NEUTRON & SYNCHROTRON RADIATION 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1977 東北大学 工学研究科 機械工学第II専攻
  • - 1975 東北大学 工学部 機械工学第II学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
経歴 (9件):
  • 2018/06 - 現在 茨城大学特命研究員
  • 2016/04 - 2021/08 茨城大学理工学研究科 非常勤講師
  • 2009/04 - 2016/03 茨城大学 フロンティア応用原子科学研究センター 教授
  • 2005/10 - 2009/03 日本原子力研究開発機構、J-PARCセンター、研究主席(2005.10-2009.3)
  • 1977/04 - 2005/09 日本原子力研究所 研究員 (1977.4-1989.3),副主任研究員 (1989.4-1994.3)、主任研究員(1994.4-2005.9)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2002/05 - 2018/10 国際核破砕材料技術ワークショップ 国際組織委員(第6,7,8,9,10,11,12,13,14回)
  • 2015/12 - 2015/12 原子力人材育成大学連合ネット原子力道場「被災地域からの復興支援リポート」 現地実施責任者
  • 2015/03 - 2015/03 日本原子力学会「2015年春の年会」現地実行委員会 委員長
  • 2012/09 - 2012/09 原子力人材育成大学連合ネット 原子力道場「核変換について」現地実施責任者
  • 2008/10 - 2008/10 第9回国際核破砕技術ワークショップ 委員長
全件表示
所属学会 (4件):
日本材料強度学会 ,  日本機械学会 ,  日本原子力学会 ,  日本中性子科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る