研究者
J-GLOBAL ID:200901002548209570   更新日: 2020年05月07日

佐倉 統

サクラ オサム | SAKURA Osamu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP)  チームリーダー
ホームページURL (2件): http://sakuralab.jp/http://sakuralab.jp/
研究分野 (2件): 科学社会学、科学技術史 ,  生態学、環境学
研究キーワード (34件): ダーウィン進化論 ,  Evolutionary Biology ,  Technology and Society ,  Science ,  科学技術論 ,  科学知識 ,  企業複合体 ,  群間行動変異 ,  差別的な親の投資 ,  景観適合 ,  稀少生物保護 ,  進化心理学 ,  科学技術と社会 ,  文化変容 ,  ホピュラーサイエンス ,  科学史 ,  優生学 ,  行動生態学 ,  人間生物学 ,  科学カフェ ,  情報社会論 ,  人間の諸問題 ,  ミーム学 ,  東アジア ,  比較科学史 ,  知識流通 ,  国際比較 ,  科学コミュニケーション ,  進化生物学 ,  知識進化論 ,  人文・社会科学と自然科学 ,  理論受容 ,  メディア研究 ,  社会生物学
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2019 - 2023 AIとロボットの社会受容におけるテクノアニミズム概念の有効性の検討と国際比較
  • 2019 - 2022 「日本的なるもの」はどのように語られてきたか?--分野横断的比較と俯瞰的分析
  • 2015 - 2019 社会心理学研究の再現可能性検証のための日本拠点構築
  • 2015 - 2018 家庭用水版スマートメータのインターフェースの開発-用途毎に「見せる」技術の検証
  • 2013 - 2017 世界のトップに躍り出たカナダの脳神経倫理学を通して科学技術ガバナンスを考察する
全件表示
論文 (122件):
  • Yueh-Hsuan Weng, Yasuhisa Hirata, Osamu Sakura, Yusuke Sugahara. The Religious Impacts of Taoism on Ethically Aligned Design in HRI. Int. J. Soc. Robotics. 2019. 11. 5. 829-839
  • Jordan Amadio, Guo-Qiang Bi, Paul Frederick Boshears, Adrian Carter, Anna Devor, Kenji Doya, Hermann Garden, Judy Illes, L. Syd, M. Johnson, Lyric Jorgenson, et al. Neuroethics Questions to Guide Ethical Research in the International Brain Initiatives. Neuron. 2018. 100. 1. 19-36
  • Fujishima Yoko, Sakura Osamu. The rise of historical and cultural perspectives in fashion studies in Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF FASHION STUDIES. 2018. 5. 1. 197-209
  • 佐倉 統. 日本(人)にとって,科学とは?(この本! おすすめします). 情報管理. 2018. 60. 10. 757-760
  • Otaki Yurina, Ueda Kazuhiro, Sakura Osamu. Effects of feedback about community water consumption on residential water conservation. JOURNAL OF CLEANER PRODUCTION. 2017. 143. 719-730
もっと見る
MISC (75件):
  • 佐倉 統. 人と機械の未来. グラフィケーション2. 2018. 15. 6-11
  • 河村 満, 佐倉 統, 酒井 邦嘉. 特別鼎談 たのしいエチカ : 現代の科学倫理をめぐって. Brain and nerve : 神経研究の進歩. 2015. 67. 1. 73-81
  • 川島 真, 佐倉 統, 吉崎 達彦. 座談会 グローバル(G)とローカル(L)の間を国家(N)は埋められるか : 「時評2014」執筆陣が予想する (特集 2015年を読む). 中央公論. 2015. 129. 1. 68-77
  • 佐倉 統. 巻頭インタビュー 読書で治療家の思考を広げよう (治療家ならハマる一冊). 医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies. 2014. 73. 12. 12-19
  • 佐倉統. STAP騒動の教訓--「科学の言葉」は適切か--. 読売新聞. 2014
もっと見る
書籍 (73件):
  • 未来経営シンポジウム2018-社会ニーズの市場化に向けて-
    未来経営シンポジウム実行委員会 2018
  • 神経科学の最前線とリハビリテーション --脳の可塑性と運動
    医歯薬出版株式会社 2015 ISBN:4263215354
  • 人と「機械」をつなぐデザイン
    東京大学出版会 2015 ISBN:9784130633598
  • 5 : designing media ecology
    『5』編集室 2014
  • The Future of Bioethics: International Dialogues
    Oxford Univ Press 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (262件):
  • パネルディスカッション「これから10年のキーワード」
    (情報学環・福武ホール10周年記念シンポジウム「不確かな時代に生きる これから10年を導くキーワード」 2018)
  • パネル討論「高レベル放射性廃棄物の資源化」
    (内閣府ImPACT藤田プログラム「核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」「公開シンポジウム〜さぁ、始まる“資源化”という未来〜」 2018)
  • 科学技術を使いこなすために--科学知と生活知のギャップを考える--
    (内閣府ImPACT藤田プログラム「核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」「公開シンポジウム〜さぁ、始まる“資源化”という未来〜」 2018)
  • 科学技術と社会チームの成果報告
    (革新知能統合研究センターシンポジウム兼成果報告会「社会実装,倫理から基礎数理まで革新知能研究の最先端」 2018)
  • Toward a cultural studies of AI and robots
    (An IEEE Workshop: Japan's Vision for Ethically Aligned Design 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 京都大学 霊長類学
  • - 1992 京都大学
  • - 1985 東京大学 心理
  • - 1985 東京大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2017/03 - 現在 理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP) 科学技術と社会チーム チームリーダー
  • 2007 - 現在 東京大学 大学院情報学環 教授
  • 2015 - 2018/03 東京大学 大学院情報学環 情報学環長
  • 2000 - 2007 東京大学 大学院情報学環 助教授
  • 1994 - 1999 横浜国立大学 経営学部 助教授
委員歴 (15件):
  • 2019/02 - 現在 East Asian Science, Technology and Society誌 Senior Advisor
  • 2017/04 - 現在 日本展示学会 評議委員
  • 2017 - 現在 日本生命倫理学会 評議員
  • 2014/06 - 現在 『5: Designing Media Ecology』誌 編集委員
  • 2009/09 - 現在 日本子ども学会 理事
全件表示
所属学会 (9件):
日本人間行動進化学会 ,  日本子ども学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本進化学会 ,  科学技術社会論学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本生命倫理学会 ,  日本展示学会 ,  人工知能学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る