研究者
J-GLOBAL ID:200901002548209570   更新日: 2022年06月28日

佐倉 統

サクラ オサム | SAKURA Osamu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP)  チームリーダー
ホームページURL (1件): http://sakuralab.jp/
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (34件): Evolutionary Biology ,  Technology and Society ,  Science ,  科学技術論 ,  科学知識 ,  企業複合体 ,  群間行動変異 ,  差別的な親の投資 ,  景観適合 ,  稀少生物保護 ,  進化心理学 ,  科学技術と社会 ,  文化変容 ,  ホピュラーサイエンス ,  科学史 ,  優生学 ,  行動生態学 ,  人間生物学 ,  科学カフェ ,  情報社会論 ,  人間の諸問題 ,  ミーム学 ,  東アジア ,  比較科学史 ,  知識流通 ,  国際比較 ,  科学コミュニケーション ,  進化生物学 ,  ダーウィン進化論 ,  知識進化論 ,  人文・社会科学と自然科学 ,  理論受容 ,  メディア研究 ,  社会生物学
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2019 - 2023 AIとロボットの社会受容におけるテクノアニミズム概念の有効性の検討と国際比較
  • 2019 - 2022 「日本的なるもの」はどのように語られてきたか?--分野横断的比較と俯瞰的分析
  • 2021 - 2022 持続的社会受容を実現する倫理起点サービスデザイン
  • 2021 - 2022 AIの社会実装に伴う倫理的・社会的問題の研究
  • 2018 - 2022 情報社会における医療コミュニケーションのあり方に関する研究
全件表示
論文 (140件):
  • Osamu Sakura. Robot and Ukiyo-e: Implications to Cultural Varieties in Human-Robot Relationships. AI & SOCIETY. 2021
  • 佐倉 統. 研究業績とは何(であるべき)か?. 東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究. 2021. 100. 0. 1-18
  • Osamu Sakura, Shin’ichi Fukuzumi, Kai Ishikawa. Human-centered AI: Technology, society and culture collide. Impact Publication. 2021. 24-26
  • 佐倉 統. 「新しい知見」が意味するところは専門家と社会とで異なる (特集 原子力利用の安全性に関する新知見の評価をめぐって : 工学の取組みと他領域との協働) -- (新知見について考える). 学術の動向. 2020. 25. 12. 22-25
  • Yu Kageyama, Xin He, Toshio Shimokawa, Jinichi Sawada, Takufumi Yanagisawa, Morris Shayne, Osamu Sakura, Haruhiko Kishima, Hideki Mochizuki, Toshiki Yoshimine, et al. Nationwide survey of 780 Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis: their status and expectations from brain-machine interfaces. Journal of Neurology. 2020. 267. 10. 2932-2940
もっと見る
MISC (94件):
  • 佐倉 統. 書評:黒木登志夫『新型コロナの科学』. 日本経済新聞. 2021
  • 佐倉 統. コミュニケーションの変化が時代を変える. 理研ニュース. 2021. 475. 9
  • 佐倉 統, 大澤 真幸. 科学技術と社会の関係値から見る現状と持続可能な社会. CCI FUTURE IMPACT Forum for SDGs. 2021
  • 佐倉 統. 書評:トレヴァー・コックス『コンピューターは人のように話せるか?』. 日本経済新聞. 2020
  • 佐倉 統. 書評:アンジェラ・サイニー『科学の人種主義とたたかう』. 日本経済新聞. 2020
もっと見る
書籍 (80件):
  • 神のいない世界の歩き方: 「科学的思考」入門 (ハヤカワ文庫NF)
    早川書房 2022 ISBN:415050590X
  • 雪と人生 (角川ソフィア文庫)
    KADOKAWA 2021 ISBN:404400689X
  • 科学とはなにか : 新しい科学論、いま必要な三つの視点[Audible版]
    Audible Studios 2021
  • 科学とはなにか 新しい科学論、いま必要な三つの視点 (ブルーバックス)
    講談社 2020 ISBN:4065221420
  • ダーウィン『種の起源』を漫画で読む
    いそっぷ社 2020 ISBN:9784900963894
もっと見る
講演・口頭発表等 (308件):
  • 第5回ポスト・トゥルースと科学:ファクトとナラティブ
    (科学技術振興機構HITE領域コラボ「混沌(カオス)を生きる」 2021)
  • 企画・司会
    (AIP科学技術と社会チーム公開シンポジウム《AIと身体性:その2》 2021)
  • ロボットと浮世絵--AI文化論試論--
    (博報堂大学 2021)
  • 第4回ケアの未来:他者の身体と向き合う医療・介護ビジネス
    (科学技術振興機構HITE領域コラボ「混沌(カオス)を生きる」 2021)
  • 第3回サイボーグと魂のつながり:インド・日本・ギリシアの哲学から考える機械と身体
    (科学技術振興機構HITE領域コラボ「混沌(カオス)を生きる」 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 京都大学 霊長類学
  • - 1992 京都大学
  • - 1985 東京大学 心理
  • - 1985 東京大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2017/03 - 現在 理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP) 科学技術と社会チーム チームリーダー
  • 2007 - 現在 東京大学 大学院情報学環 教授
  • 2015 - 2018/03 東京大学 大学院情報学環 情報学環長
  • 2012/07 - 2012/08 ブリティッシュコロンビア大学 脳神経倫理ナショナルコア 客員研究員
  • 2000 - 2007 東京大学 大学院情報学環 助教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2021 - 現在 日本学術会議 特任連携会員
  • 2019/02 - 現在 East Asian Science, Technology and Society誌 Senior Advisor
  • 2017/04 - 現在 日本展示学会 評議委員
  • 2017 - 現在 日本生命倫理学会 評議員
  • 2014/07 - 現在 『5: Designing Media Ecology』誌 編集委員
全件表示
所属学会 (9件):
日本人間行動進化学会 ,  日本子ども学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本進化学会 ,  科学技術社会論学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本生命倫理学会 ,  日本展示学会 ,  人工知能学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る