研究者
J-GLOBAL ID:200901002604410429   更新日: 2019年09月09日

藤原 祥子

フジワラ ショウコ | FUJIWARA Shoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 植物分子生物・生理学
研究キーワード (7件): 微細藻類 ,  CO2 固定 ,  光合成 ,  デンプン ,  石灰化 ,  環境修復 ,  ヒ素
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 地球温暖化防止と地球環境浄化の融合-油性藻クロレラのAsストレス応答での新展開
  • 2016 - 2020 転写産物データベース・形質転換系を活用した円石層石灰化カスケードの解明
  • 2012 - 2016 光合成生物の貯蔵多糖合成系の多様性と進化
  • 2008 - 2012 ハプト藻の円石形成機構の解明 ~cDNAマクロアレイを用いて〜
  • 2001 - 2004 ヒ素耐性化につながるリン酸輸送体の解明
全件表示
論文 (66件):
  • Otaki, R., Y. Oishi, S. Abe, S. Fujiwara, N. Sato. Regulatory carbon metabolism underlying seawater-based promotion of triacylglycerol accumulation in Chlorella kessleri. Bioresour. Technol. 2019. 289. Octiber. 121686
  • Tsuzuki, M., K. Okada, H. Isoda, M. Hirano, T. Odaka, H. Saijo, R. Aruga, H. Miyauchi, S. Fujiwara. Physiological properties of photoautotrophic microalgae and cyanobacteria relevant to industrial biomass production. Mar. Biotechnol. 2019. 21. 406-415
  • Murota, C., S. Fujiwara, M. Tsujishita, K. Urabe, S. Takayanagi, M. Aoki, T. Umemura, J. J. Eaton-Rye, F. D. Pitt, M. Tsuzuki. Hyper-resistance to arsenate in the cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803 is influenced by the differential kinetics of its pst-ABC transporters and external phosphate concentration exposure. Algal Res. 2019. 38. 101410
  • Sakurada, S., S. Fujiwara, M. Suzuki, T. Kogure, T. Uchida, T. Umemura, M. Tsuzuki. Involvement of acidic polysaccharide Ph-PS-2 and protein in initiation of coccolith mineralization, as demonstrated by in vitro calcification on the base plate. Mar. Biotechnol. 2018. 20. 304-312
  • Matsumoto, H., S. Fujiwara, H. Miyagi, N. Nakamura, Y. Shiga, T. Ohta, M. Tsuzuki. Carbonic anhydrase inhibitors induce developmental toxicity during zebrafish embryogenesis, especially in the inner ear. Mar. Biotechnol. 2017. 19. 430-440
もっと見る
書籍 (8件):
  • 植物バイオテクノロジー実験マニュアル クローニングとシークエンス (渡辺格監、杉浦昌弘編) pp. 272-284
    農村文化社 1989
  • ライフサイエンス基礎実験 (水島, 大島, 高橋, 三浦編) pp. 116-124
    丸善 1996
  • クラミドモナスの遺伝学的取り扱い法. 新版微生物学実験法 (杉山, 渡邊, 大和田, 黒岩, 高橋, 徳田編) pp.159-163
    講談社サイエンティフィック 1999
  • Arsenate Uptake by Pi Transport System of an Arsenate-Resistant Mutant (共著)
    PS2001 Proceedings, 12<sup>th</sup> International Congress Photosynthesis 2001
  • 基礎生化学実験法 (日本生化学会編), 第1巻 基本操作 15章 15.1, 15.2, pp. 145-178, (都筑幹夫, 藤原祥子)
    2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • マクロアレイを用いた円石藻の円石形成細胞特異的発現遺伝子の網羅的解析(藤原祥子、広川安孝、高塚由紀子、須田邦裕、浅水恵理香、高柳賢利、柴田大輔、田畑哲之、都筑幹夫)
    (第11回マリンバイオテクノロジー学会大会(論文賞授賞講演) 2008)
  • 円石藻Pleurochrysisのβ-1, 3-, -1, 6-glucan(小林沙織、広川安孝、藤原祥子、多田塁、石橋健一、大野尚仁、都筑幹夫)
    (第11回マリンバイオテクノロジー学会大会 2008)
  • 原始紅藻Porphyridiumにおける貯蔵多糖の構造とその結合性合成酵素の性質(平原知香、下永高弘、藤原祥子、藤田直子、横山亜紀子、原慶明、中村保典、都筑幹夫)
    (日本植物学会第72回大会 2008)
  • 円石藻Pleurochrysis carteraeにおける遺伝子導入技術の確立の試み(遠藤博寿、笠島大貴、長坂征治、藤原祥子、都筑幹夫、長澤寛道)
    (第4回バイオミネラリゼーションワークショップ 2009)
  • 円石藻Pleurochrysisの石灰化における2価金属イオンと重炭酸イオンの影響(高塚由紀子、藤原祥子、片桐史朗、須田邦裕、柴田大輔、田畑哲之、都筑幹夫)
    (第3回バイオミネラリゼーションワークショップ 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (4件):
  • 1990/04 - 1994/03 通商産業省工業技術院 微生物工業技術研究所 研究員
  • 1994/04 - 2007/03 東京薬科大学 講師
  • 2007/04 - 2017/03 東京薬科大学 准教授
  • 2017/04 - 現在 東京薬科大学 教授
受賞 (2件):
  • 2004 - Marine Biotechnology 論文賞
  • 2007 - Marine Biotechnology 論文賞
所属学会 (4件):
日本植物生理学会 ,  日本植物学会 ,  日本光合成学会 ,  分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る