研究者
J-GLOBAL ID:200901002605833439   更新日: 2020年08月17日

新井 直人

アライ ナオト | Arai Naoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~inasweb/http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~inasweb/
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (5件): DNA二本鎖切断修復 ,  DNA ,  酵母 ,  相同組換え ,  遺伝子
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2016 - 2019 DNA相同組換えタンパク質Rad52の非相同末端結合での働き
  • 2010 - 2015 相同DNA組換え開始自在制御による新規ゲノム多様化機構の検証と標的組換えの実現
  • 2008 - 2013 (新学術領域研究)組換え酵素における天然変性領域の機能
  • 2008 - 2013 (新学術領域研究)組換え酵素における天然変性領域の機能
  • 2008 - 2010 培養による卵胞卵子成熟とその成熟卵子由来胚からの産子生産に関する基礎的研究
全件表示
論文 (10件):
  • Takeshi Shinohara†, Naoto Arai†, Yukari Iikura, Motochika Kasagi, Tokiha Masuda-Ozawa, Yuuki Yamaguchi, Kayo Suzuki-Nagata, Takehiko Shibata, Tsutomu Mikawa†The, authors wish it, to, be, known that, in their opinion, the first two authors should be regarded as joint First Authors. Nonfilament-forming RecA dimer catalyzes homologous joint formation. Nucleic Acids Research. 2018. 46. 20. 10855-10869
  • 新井直人, 香川亘. 出芽酵母Rad52の相同組換えにおける分子メカニズム. 生化学. 2014. 86. 5. 693-697
  • Naoto Arai, Wataru Kagawa, Kengo Saito, Yoshinori Shingu, Tsutomu Mikawa, Hitoshi Kurumizaka, Takehiko Shibata. Vital roles of the second DNA binding site of Rad52 in yeast homologous recombination. The Journal of Biological Chemistry. 2011. 286. 20. 17607-17617
  • Naoto Arai, Daisuke Ito, Tadashi Inoue, Takehiko Shibata, Hideo Takahashi. Heteroduplex Joint Formation by a Stoichiometric Complex of Rad51 and Rad52 of Saccharomyces cerevisiae. The Journal of Biological Chemistry. 2005. 280. 37. 32218-32229
  • Naoto Arai, Ryoko Akiyama, Naoko Niimi, Hiroaki Nakatsubo, Tadashi Inoue. Meiotic contraction of CAG repeats in Saccharomyces cerevisiae. Genes and Genetic Systems. 1999. 74. 159-167
もっと見る
特許 (1件):
  • RecA組換え酵素および組換え活性をもつ蛋白質を用いた直鎖二重鎖DNA多量体形成技術
書籍 (3件):
  • 出芽酵母のDNA組換えタンパク質Rad51の精製法
    「タンパク質実験マニュアル」,朝倉書店 2006
  • 出芽酵母のDNA組換えタンパク質Rad52の精製法
    「タンパク質実験マニュアル」,朝倉書店 2006
  • 酵母からのDNA結合タンパク質(RPA)の精製方法
    「タンパク質実験マニュアル」,朝倉書店 2006
講演・口頭発表等 (72件):
  • Deoxyriboseの2’ CH2の相同的組換えでの役割:何故、染色体はDNAなのか
    (第37回染色体ワークショップ・第18回核ダイナミクス研究会 2019)
  • Rad52によるDNA末端結合の促進には2つのDNA結合領域が必要である
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • 出芽酵母 Rad52の C末端 DNA結合領域の機能
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Rad52による DNA分子間の末端結合の促進
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Rad51重合体形成の欠損変異の解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 1992 埼玉大学 理工学研究科 生物環境科学
  • 1987 - 1989 日本大学 農学研究科 農芸化学
  • 1987 - 1987 日本大学 農獣医学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (埼玉大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04/01 - 日本大学生物資源科学部 准教授
  • 2000/04/01 - 2017/03/31 日本大学生物資源科学部 専任講師
  • 1997/04/01 - 2000/03/31 日本大学生物資源科学部 助手
  • 1996/01/01 - 1997/03/31 新技術事業団 研究員
  • 1994/11/01 - 1995/12/31 理化学研究所 奨励研究員
全件表示
所属学会 (4件):
Federation of American Societies for Experimental Biology (FASEB) ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology (ASBMB) ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る