研究者
J-GLOBAL ID:200901002615830950   更新日: 2020年12月07日

水腰 英四郎

ミズコシ エイシロウ | Mizukoshi Eishiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 生物分子化学 ,  消化器内科学
研究キーワード (8件): 生活習慣病 ,  非アルコール性脂肪肝炎 ,  T細胞レセプター ,  免疫療法 ,  癌免疫 ,  樹状細胞 ,  腫瘍抗原ペプチド ,  肝細胞癌
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 科学研究費補助金(基盤研究B)
  • 2016 - 2018 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
  • 2013 - 2016 科学研究費補助金(基盤研究C)
  • 2010 - 2012 科学研究費補助金(基盤研究C)
  • 2007 - 2008 科学研究費補助金(基盤研究C)
全件表示
論文 (134件):
  • Tomoyuki Hayashi, Yoshiro Asahina, Hiroyoshi Nakanishi, Takeshi Terashima, Koichi Okamoto, Shinya Yamada, Hajime Takatori, Kazuya Kitamura, Eishiro Mizukoshi, Itasu Ninomiya, et al. Evaluation of the efficacy and safety of salvage photodynamic therapy by talaporfin sodium for cervical esophageal cancers and lesions larger than 3 cm. Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society. 2020
  • Tetsumori Yamashima, Tsuguhito Ota, Eishiro Mizukoshi, Hiroyuki Nakamura, Yasuhiko Yamamoto, Mitsuru Kikuchi, Tatsuya Yamashita, Shuichi Kaneko. Intake of ω-6 Polyunsaturated Fatty Acid-Rich Vegetable Oils and Risk of Lifestyle Diseases. Advances in nutrition (Bethesda, Md.). 2020. 11. 6. 1489-1509
  • Takeshi Terashima, Tatsuya Yamashita, Noboru Takata, Yasuhito Takeda, Hidenori Kido, Noriho Iida, Masaaki Kitahara, Tetsuro Shimakami, Hajime Takatori, Kuniaki Arai, et al. Safety and efficacy of sorafenib followed by regorafenib or lenvatinib in patients with hepatocellular carcinoma. Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology. 2020
  • Tuyen Thuy Bich Ho, Alessandro Nasti, Akihiro Seki, Takuya Komura, Hiiro Inui, Takashi Kozaka, Yoji Kitamura, Kazuhiro Shiba, Taro Yamashita, Tatsuya Yamashita, et al. Combination of gemcitabine and anti-PD-1 antibody enhances the anticancer effect of M1 macrophages and the Th1 response in a murine model of pancreatic cancer liver metastasis. Journal for immunotherapy of cancer. 2020. 8. 2
  • Takeshi Terashima, Masao Honda, Tadashi Toyama, Tetsuro Shimakami, Ryogo Shimizu, Hajime Takatori, Kuniaki Arai, Kazunori Kawaguchi, Kazuya Kitamura, Taro Yamashita, et al. IL-28B variant as a predictor in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with hepatic arterial infusion chemotherapy. Journal of gastroenterology and hepatology. 2020. 35. 10. 1813-1820
もっと見る
MISC (231件):
  • 柳 昌宏, 飯田 宗穂, 千葉 智義, 川瀬 翔太郎, 下出 哲弘, 須田 烈史, 朝日向 良朗, 西川 昌志, 丹尾 幸樹, 北原 征明, et al. 肝硬変を背景に原因不明の消化管出血を繰り返した小腸動静脈奇形の一例. ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease. 2019. 35. 1. 74-74
  • Shuichi Kaneko, Eishiro Mizukoshi, Taro Yamashita. Hepatocellular carcinoma(ISBN978-4-939028-67-0). Wiley. 2019. 1-379
  • 伊藤 綾, 岡藤 啓史, 柳 昌宏, 川瀬 翔太郎, 林 洸太郎, 松川 弘樹, 高田 昇, 西川 昌志, 寺島 健志, 飯田 宗穂, et al. 十二指腸病変を認めた潰瘍性大腸炎術後の一例. ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease. 2018. 34. 2. 216-216
  • 千葉 智義, 北原 征明, 上野 和音, 伊藤 綾, 下出 哲弘, 須田 烈史, 朝日向 良朗, 西川 昌志, 丹尾 幸樹, 鷹取 元, et al. サプリメント(サジージュース)を摂取し薬剤性肝障害を来した原発性胆汁性胆管炎生体肝移植後の一例. 日本消化器病学会北陸支部例会プログラム・抄録集. 2018. 127回. 39-39
  • 岩淵 禎弘, 川口 和紀, 本多 政夫, 山下 太郎, 酒井 佳夫, 水腰 英四郎, 金子 周一, 橋本 真一. ヒト肝がんにおけるシングルセル遺伝子発現解析(Single cell gene expression profiling in human hepatocellular carcinoma). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 1392-1392
もっと見る
特許 (3件):
  • MHCクラスII拘束性エピトープペプチドを含有する免疫増強剤
  • 肝臓がん発症リスクの判定方法、及び肝臓がん発症リスクの判定キット、及び医薬組成物
  • 細胞傷害性T細胞の作製方法
学歴 (2件):
  • - 1992 金沢大学 医科学科
  • - 1992 金沢大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (金沢大学)
経歴 (14件):
  • 2014 - 現在 金沢大学医薬保健研究域医学系准教授
  • 2006 - 2014 金沢大学附属病院消化器内科講師
  • 2002 - 2006 金沢大学附属病院消化器内科助手
  • 2002 - -: Kanazawa University
  • 1999 - 2001 : アメリカ合衆国国立衛生研究所 研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018 - 現在 日本肝臓学会 試験問題作成委員
  • 2018 - 現在 日本内科学会 試験問題作成委員
  • 2017 - 現在 日本消化器病学会 機関誌編集委員会委員
  • 2017 - 現在 日本消化器病学会 卒後教育員会委員
  • 2016 - 現在 石川県 社会福祉審議会委員
受賞 (10件):
  • 2017 - G-Plus 最優秀賞
  • 2012 - 第3回日本肝臓学会冠アワード
  • 2012 - 金沢医学館記念医学賞
  • 2011 - 第19回浜名湖シンポジウム研究助成
  • 2007 - Liver Forum in Kyoto 奨励研究助成費
全件表示
所属学会 (8件):
日本がん免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本登山医学会評議員 ,  日本インターフェロンサイトカイン学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本肝臓学会評議員 ,  日本消化器病学会評議員 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る