研究者
J-GLOBAL ID:200901002625492409   更新日: 2020年09月01日

長瀬 裕

ナガセ ユウ | Nagase Yu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 高分子化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (4件): 高分子合成 ,  機能性高分子 ,  Polymer Synthesis ,  Functinal Polymer
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2014 - 2017 血液接触性医療材料における血栓付着メカニズムの解明- 血小板活性化微細構造可視モデルの構築と新規材料の創生 -
  • 2014 - 2017 高プロトン伝導性無機-有機ハイブリッド材料を用いた次世代型燃料電池の創製
  • 2012 - 2015 元素の特徴を生かした機能性有機物質の創製
  • 2011 - 2014 膜表面にナノインプリント処理を施した高分子膜の物質透過性に関する研究
  • 2009 - 2012 分子創出 -新規な機能・卓越した選択性を発現させる分子デザイン-
全件表示
論文 (321件):
特許 (23件):
  • カテーテルシャフト用チューブ成型体、それを用いたカテーテル、カテーテルシャフト用チューブ成型体の製造方法および抗血栓性樹脂シート
  • 芳香分子を担持でき、該担持した芳香分子を徐放できる担体が固定された薄膜
  • ホスホリルコリン基を有する重合体からなるナノシート分散液
  • インドロカルバゾール含有イミド化合物及び合成中間体、これらの製造方法、有機半導体組成物、ならびに有機太陽電池素子
  • ホスホリルコリン基を有する化合物、その重合体ならびにその製造方法
もっと見る
書籍 (7件):
  • 手術用シーラント材・癒着防止材の利便化向上を目指した製品開
    技術情報協会 2016
  • Advances in Bioengineering
    InTech - Open Access Publisher of Scientific Books and Journals, Croatia 2015
  • 生体適合性材料・医療用プラスチック ~材料の設計・開発から成形加工まで~
    情報機構 2014
  • 体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件
    技術情報協会 2013
  • Biomedical Engineering - Frontiers and Challenges: Chapter 11 Biocompatible Polyamides and Polyurethanes Containing Phospholipid Moiety
    InTech - Open Access Publisher of Scientific Books and Journals, Croatia 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (411件):
  • Surface Modification by Nanosheets-coating Composed of Novel Functional Polymers
    (KMITL-Tokai Univ. Engineering Expo, Joint Seminor 2018)
  • Improvement of CO2 selectivity of highly gas permeable membrane by nanosheets composed of aromatic polymers containing PEO segments
    (KMITL-Tokai Univ. Engineering Expo, Joint Seminor 2018)
  • ホスホリルコリン基とソフトセグメントを併せ持つ生体適合性ポリエステルウレタンの合成
    (第67回高分子討論会 2018)
  • PEO鎖含有芳香族ポリマーナノシートによる高気体透過膜のCO2分離特性の改善
    (第67回高分子討論会 2018)
  • 生体適合性を示す高分子超薄膜の調製とコーティング能評価
    (ポリウレタンフォーラム 「ポリウレタンを考える XIX」 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 高度な生体適合性を発現するリン脂質極性基含有ポリウレタン材料の合成
    2009 -
  • 有機物水溶液から有機物を高効率に分離する高分子膜素材の合成研究
    2005 - 2007
  • 生体適合性材料の合成研究
    2003 - 2007
  • 新規なバイオ成分分離膜デバイスを創製する非吸着性マテリアルの開発
    2003 - 2006
  • 液晶配向膜に関する研究
    1997 - 2000
学歴 (4件):
  • - 1982 早稲田大学 応用化学専攻
  • - 1982 早稲田大学
  • - 1977 早稲田大学 化学科
  • - 1977 早稲田大学
学位 (2件):
  • 工学修士 (早稲田大学)
  • 工学博士 (早稲田大学)
経歴 (9件):
  • 1997 - 2002 東京工業大学大学院総合理工学研究科 客員教授(兼任)
  • 1997 - 2002 Guest Professor, Tokyo Institute of Technology,
  • 1983 - 2000 相模中央化学研究所 主任研究員
  • 1983 - 2000 Senior Researcher, Sagami Chemical Research Center
  • 2000 - - 東海大学工学部 教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2011/11 - 現在 (社)日本MRS シンポジウム代表オーガナイザー
  • 2008/04 - 現在 公益財団法人 相模中央化学研究所 評議員
  • 2005/06 - 現在 一般財団法人 向科学技術振興財団 評議員、選考委員
  • 1989/04 - 現在 (社)高分子学会 関東支部 湘北地区幹事
  • 2004/06 - 2012/05 (社)高分子学会高分子学会 関東支部理事
全件表示
所属学会 (3件):
日本MRS ,  日本化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る