研究者
J-GLOBAL ID:200901002663166027   更新日: 2020年06月07日

酒井 聡樹

サカイ サトキ | Sakai Satoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/422b5a63a153bf9fcf3fcee4315bfad4.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/422b5a63a153bf9fcf3fcee4315bfad4.html
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (5件): 種子 ,  トレードオフ ,  資源投資 ,  性投資 ,  花
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2018 - 2019 アリが花形質を進化させた?:虫媒花の形質進化の研究における新しい挑戦
  • 2016 - 2018 近交弱勢を避ける道:その戦略の進化の統一的理解
  • 2013 - 2015 自家不和合性の進化における二つの謎:理論的解析をその検証による解明の試み
  • 2012 - 2015 外来移入植物による遺伝的汚染-ギシギシ属在来種の危機的状況を探る
  • 2009 - 2011 植物における、最適な花・胚珠生産戦略:新統一理論の提唱とその検証
全件表示
論文 (41件):
  • Misaki, A, Itagaki, T, Matsubara, Y, Sakai, S. Intra-flower variation in nectar secretion: secretion patterns and pollinator behavior in male- and female-phase flowers. American Journal of Botany. 2018. 105. 842-850
  • Wakabayashi, K, Oguro, M, Itagaki, T, Sakai, S. Floral induced and constitutive defense against florivory: comparison of chemical traits in 12 herb species. Plant Ecology. 2018. 219. 985-997
  • Oka, C, Itagaki, T, Sakai, S. Effect of the number of embryos in a seed and of seed size on seedling emergence and growth in polyembryonic Ophiopogon japonicus var. umbrosus (Asparagaceae) Botany. Botany. 2016. 94. 261-268
  • Fusato, Y, Itagaki, T, Oguro, M, Sakai, S. Effect of change in floral openness with floral age on floral display and reproduction in Gentiana. Acta Oecologica. 2015. 67. 261-268
  • Sakai, S. Evolution of exalbuminous seeds as a result of competition between maternally-derived and paternally-derived genes. Evolutionary Ecology Research. 2011. 12. 855-871
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (20件):
  • これから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術 第2版
    共立出版 2018
  • これからレポート・卒論を書く若者のために 第2版
    2017
  • 植物学の百科事典
    2016
  • これから論文を書く若者のために:究極の大改訂版
    2015
  • これから研究を始める高校生と指導教員のために:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方
    2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • サワギキョウにおける花序内花間性投資パターン:花序サイズによる違い
    (日本生態学会 2007)
  • 胚珠の余剰生産を説明する新仮説:受精胚珠間の資源競争を制御する雌親の戦略
    (日本生態学会 2007)
  • 種子発芽動態の違いがツユクサ属植物の性分配変異に与える影響:理論と検証
    (日本生態学会 2007)
  • 雪解け時期と花の形が、二型花柱性植物の性投資に与える影響
    (日本生態学会 2007)
  • 食害がヒメシャガの繁殖に与える影響:開花時期に依存して、つぼみ・花・果実への食害は異なるのか?
    (日本生態学会 2007)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 1998/09 - 日本植物学会 日本植物学会奨励賞
  • 1998/03 - 日本生態学会 日本生態学会宮地賞
所属学会 (5件):
アメリカ自然史学会(The American Society of Naturalists) ,  アメリカ植物学会(The Botanical Society of American) ,  アメリカ生態学会(The Ecological Society of American) ,  進化学会(The Society for the Study of Evolution) ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る