研究者
J-GLOBAL ID:200901002670332510   更新日: 2021年03月03日

野津 寛大

ノヅ カンダイ | Nozu Kandai
所属機関・部署:
職名: 特命教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (4件): 尿細管疾患 ,  遺伝性腎疾患 ,  小児腎臓病学 ,  小児科
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2020 Alport症候群に対する新規治療法の開発
  • 2015 - 2018 遺伝性塩類喪失性尿細管機能異常症の発症メカニズムの解明および治療法の開発
  • 2014 - 2017 アルポート症候群の分子治療法の確立
  • 2013 - 2015 アルポート症候群に対するリードスルー誘導療法を利用した遺伝子治療
  • 2009 - 最新の遺伝子解析技術を駆使した先天性尿細管チャネル・輸送体異常症の分子機構の解明
全件表示
論文 (278件):
  • Tomohiko Yamamura, Tomoko Horinouchi, China Nagano, Takashi Omori, Nana Sakakibara, Yuya Aoto, Shinya Ishiko, Koichi Nakanishi, Yuko Shima, Hiroaki Nagase, et al. Genotype-phenotype correlations influence the response to angiotensin-targeting drugs in Japanese patients with male X-linked Alport syndrome. Kidney international. 2020
  • Nana Sakakibara, China Nagano, Shinya Ishiko, Tomoko Horinouchi, Tomohiko Yamamura, Shogo Minamikawa, Yuko Shima, Koichi Nakanishi, Shingo Ishimori, Naoya Morisada, et al. Comparison of clinical and genetic characteristics between Dent disease 1 and Dent disease 2. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2020
  • Takayuki Okamoto, Nana Sakakibara, Kandai Nozu, Toshiyuki Takahashi, Asako Hayashi, Yasuyuki Sato, China Nagano, Masafumi Matsuo, Kazumoto Iijima, Atsushi Manabe. Onset mechanism of a female patient with Dent disease 2. Clinical and experimental nephrology. 2020
  • Koji Sakuraya, Kandai Nozu, Itsuhiro Oka, Shuichiro Fujinaga, China Nagano, Yoshiyuki Ohtomo, Kazumoto Iijima. A different clinical manifestation in a Japanese family with autosomal dominant distal renal tubular acidosis caused by SLC4A1 mutation. CEN case reports. 2020
  • Yuya Aoto, Tomoo Kise, Koichi Nakanishi, China Nagano, Tomoko Horinouchi, Tomohiko Yamamura, Shinya Ishiko, Nana Sakakibara, Yuko Shima, Naoya Morisada, et al. A case with somatic and germline mosaicism in COL4A5 detected by multiplex ligation-dependent probe amplification in X-linked Alport syndrome. CEN case reports. 2020
もっと見る
MISC (251件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (267件):
  • 遺伝性腎疾患における遺伝子診断の現状とこれからの課題
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • シクロスポリンの効果は一時的であったACTN4新規遺伝子変異を伴うFSGS男児例
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • The comprehensive gene screening for congenital, infantile, and steroid resistant nephrotic syndrome in Japan
    (ASN Kidney Week 2017 2017)
  • TGFBI関連眼腎症候群の1例:顆粒状角膜ジストロフィII型と腎症の合併例
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • 治療方針の決定に疾患パネル解析を用いたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の1例
    (・第38回日本小児腎不全学会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1997 神戸大学 医学部医学科卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
経歴 (9件):
  • 2018/08 - 現在 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野こども急性疾患学部門 特命教授
  • 2016/04 - 2018/07 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野 准教授
  • 2014/07 - 2016/03 神戸大学医学部附属病院 総合周産母子センター 講師
  • 2013/04 - 2014/06 神戸大学医学部附属病院 小児科 助教
  • 2010/03 - 2013/03 Medical College of Wisconsin Pediatrics Postdoctoral Fellow
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/08 - 日本腎臓学会 第63回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞 Alport症候群に対するエクソンスキッピング療法の開発
  • 2019/04 - 日本小児科学会 2019年日本小児科学会学術研究賞 遺伝性腎疾患における分子生物学的発症機序の解明および治療法の開発
  • 2017/05 - 日本腎臓学会 第1回日本腎臓学会 Clinical Scientist Award Alport症候群の臨床遺伝学的研究
  • 2017/03 - 川野小児医学奨学団体 第17回小児医学川野賞 小児遺伝性腎疾患における網羅的診断体制の確立および治療法の開発
  • 2008/05 - 日本小児腎臓学会 第43回小児腎臓病学会学術集会奨励賞 発端者のCOL4A5遺伝子に体細胞モザイクに変異を有し、軽症の臨床症状を示したAlport症候群の2家系
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る