研究者
J-GLOBAL ID:200901002670332510   更新日: 2023年01月26日

野津 寛大

ノヅ カンダイ | Nozu Kandai
所属機関・部署:
職名: 特命教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (4件): 尿細管疾患 ,  遺伝性腎疾患 ,  小児腎臓病学 ,  小児科
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2022 Alport症候群に対するエクソンスキッピング療法の開発
  • 2017 - 2020 Alport症候群に対する新規治療法の開発
  • 2015 - 2018 遺伝性塩類喪失性尿細管機能異常症の発症メカニズムの解明および治療法の開発
  • 2014 - 2017 アルポート症候群の分子治療法の確立
  • 2013 - 2015 アルポート症候群に対するリードスルー誘導療法を利用した遺伝子治療
全件表示
論文 (495件):
  • Tsukasa Tanaka, Hiroshi Yamaguchi, Yusuke Ishida, Kazumi Tomioka, Masahiro Nishiyama, Daisaku Toyoshima, Azusa Maruyama, Hiroki Takeda, Hiroshi Kurosawa, Ryojiro Tanaka, et al. Clinical and laboratory characteristics of complex febrile seizures in the acute phase: a case-series study in Japan. BMC neurology. 2023. 23. 1. 28-28
  • Kazumi Tomioka, Masahiro Nishiyama, Shoichi Tokumoto, Hiroshi Yamaguchi, Kazunori Aoki, Yusuke Seino, Daisaku Toyoshima, Hiroshi Kurosawa, Hiroko Tada, Hiroshi Sakuma, et al. Time course of serum cytokine level changes within 72 h after onset in children with acute encephalopathy and febrile seizures. BMC neurology. 2023. 23. 1. 7-7
  • Shingo Ishimori, Tomoko Horinouchi, Junya Fujimura, Tomohiko Yamamura, Natsuki Matsunoshita, Naohiro Kamiyoshi, Mai Sato, Masao Ogura, Koichi Kamei, Kenji Ishikura, et al. Is influenza vaccination associated with nephrotic syndrome relapse in children? A multicenter prospective study. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2022. 1-10
  • Yoriko Noguchi, Ryosuke Bo, Hisahide Nishio, Hisayuki Matsumoto, Keiji Matsui, Yoshihiko Yano, Masami Sugawara, Go Ueda, Yogik Onky Silvana Wijaya, Emma Tabe Eko Niba, et al. PCR-Based Screening of Spinal Muscular Atrophy for Newborn Infants in Hyogo Prefecture, Japan. Genes. 2022. 13. 11
  • Hiroshi Yamaguchi, Kandai Nozu, Hiroaki Hanafusa, Yoshinori Nambu, Takumi Kido, Atsushi Kondo, Akihiro Tamura, Hiroyuki Awano, Ichiro Morioka, Hiroaki Nagase, et al. Impact after the Change from Voluntary to Universal Oral Rotavirus Vaccination on Consecutive Emergency Department Visits for Acute Gastroenteritis among Children in Kobe City, Japan (2016-2022). Vaccines. 2022. 10. 11
もっと見る
MISC (326件):
  • 野津 寛大. 電解質異常から発見する小児遺伝性腎疾患 バーター症候群・ギッテルマン症候群. 日本小児科学会雑誌. 2022. 126. 2. 215-215
  • 洪本加奈, 森貞直哉, 森貞直哉, 中村さやか, 齋藤敦郎, 城戸佐知子, 小林大介, 野村耕治, 野津寛大. Marfan症候群とX連鎖性高IgM症候群を合併した兄弟とその家族への遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2022. 43. 1
  • 榊原 菜々, 森貞 直哉, 野津 寛大. 【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第6版】腎・泌尿器疾患 繊毛病. 小児内科. 2021. 53. 増刊. 484-490
  • 野津 寛大, 堀之内 智子, 山村 智彦. 【小児遺伝子疾患事典】先天異常症候群 COL4A5(関連疾患:Alport症候群 関連遺伝子:COL4A3、COL4A4). 小児科診療. 2021. 84. 11. 1436-1440
  • 飯島 一誠, 堀之内 智子, 賈 暁媛, 野津 寛大, 徳永 勝士. 【新しい手法を駆使した腎臓病研究の最前線】糸球体疾患 ステロイド感受性ネフローゼ症候群と疾患感受性遺伝子 ゲノムワイド関連解析. 腎と透析. 2021. 91. 5. 837-843
もっと見る
講演・口頭発表等 (267件):
  • 遺伝性腎疾患における遺伝子診断の現状とこれからの課題
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • シクロスポリンの効果は一時的であったACTN4新規遺伝子変異を伴うFSGS男児例
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • The comprehensive gene screening for congenital, infantile, and steroid resistant nephrotic syndrome in Japan
    (ASN Kidney Week 2017 2017)
  • TGFBI関連眼腎症候群の1例:顆粒状角膜ジストロフィII型と腎症の合併例
    (第47回日本腎臓学会東部学術集会 2017)
  • 治療方針の決定に疾患パネル解析を用いたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の1例
    (・第38回日本小児腎不全学会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1997 神戸大学 医学部医学科卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
経歴 (10件):
  • 2021/06 - 現在 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野 教授
  • 2018/08 - 現在 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野こども急性疾患学部門 特命教授
  • 2016/04 - 2018/07 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野 准教授
  • 2014/07 - 2016/03 神戸大学医学部附属病院 総合周産母子センター 講師
  • 2013/04 - 2014/06 神戸大学医学部附属病院 小児科 助教
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/08 - 日本腎臓学会 第63回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞 Alport症候群に対するエクソンスキッピング療法の開発
  • 2019/04 - 日本小児科学会 2019年日本小児科学会学術研究賞 遺伝性腎疾患における分子生物学的発症機序の解明および治療法の開発
  • 2017/05 - 日本腎臓学会 第1回日本腎臓学会 Clinical Scientist Award Alport症候群の臨床遺伝学的研究
  • 2017/03 - 川野小児医学奨学団体 第17回小児医学川野賞 小児遺伝性腎疾患における網羅的診断体制の確立および治療法の開発
  • 2008/05 - 日本小児腎臓学会 第43回小児腎臓病学会学術集会奨励賞 発端者のCOL4A5遺伝子に体細胞モザイクに変異を有し、軽症の臨床症状を示したAlport症候群の2家系
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る