研究者
J-GLOBAL ID:200901002687967195   更新日: 2022年06月29日

楠原 俊昌

クスハラ トシマサ | Kusuhara Toshimasa
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.fhs.okayama-u.ac.jp/teacher/dr_kusuhara
研究分野 (5件): 生体医工学 ,  医療福祉工学 ,  皮膚科学 ,  リハビリテーション科学 ,  計測工学
研究キーワード (2件): 医用生体工学 ,  生体情報計測
論文 (32件):
もっと見る
MISC (41件):
  • 佐藤 宏樹, 楠原 俊昌, 中村 隆夫. Electrical impedance myographyに用いるハンドヘルド型電極アレイの作製 -骨格筋インピーダンスの測定精度向上を目的とした検証-. 電子情報通信学会技術研究報告. 2021. MBE2021-12. 12. 1-4
  • 上原治, 楠原俊昌, 舟木勇矢, 中村隆夫. 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスモデルの検討. 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web). 2021. 60th
  • 佐藤宏樹, 佐藤宏樹, 佐藤宏樹, 楠原俊昌, 神野俊克, 花山耕三, 中村隆夫. 下肢の形状を考慮したElectrical impedance myographyに用いるハンドヘルド型電極アレイの作製. 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web). 2021. 60th
  • 佐藤宏樹, 佐藤宏樹, 中村隆夫, 楠原俊昌, 花山耕三. 生体等価ファントムを用いたElectrical Impedance Myographyにおける電極間距離と電流到達距離の関係性. 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web). 2020. 59th
  • 中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 山本尚武. ペンドラムテストにおける不統一な下腿部支持力の2次関数近似による補正法. 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web). 2020. 59th
もっと見る
書籍 (1件):
  • Advanced Topics in Measurements
    InTech 2012 ISBN:9789535101284
講演・口頭発表等 (112件):
  • Electrical impedance myographyに用いるハンドヘルド型電極アレイの作製 -骨格筋インピーダンスの測定精度向上を目的とした検証-
    (MEとバイオサイバネティクス研究会 2021)
  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスモデルの検討
    (第60回日本生体医工学会大会 2021)
  • 下肢の形状を考慮したElectrical impedance myography に用いるハンドヘルド型電極アレイの作製
    (第60回日本生体医工学会大会 2021)
  • Electrical Impedance Myographyにおける電極間距離と電流到達距離の関係性 -下肢筋の測定に向けた基礎的研究-
    (第58回日本生体医工学会大会 2019)
  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚インピーダンス測定装置の開発
    (第57回日本生体医工学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 岡山大学 数理電子科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (岡山大学)
経歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 岡山大学 学術研究院保健学域 助教
所属学会 (2件):
日本生体医工学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る