研究者
J-GLOBAL ID:200901002700691803   更新日: 2022年06月27日

小川 和茂

オガワ カズシゲ | Ogawa Kazushige
研究分野 (1件): 民事法学
研究キーワード (9件): アンチ・ドーピング ,  ADR ,  投資協定仲裁 ,  国際民事手続法 ,  国際取引法 ,  スポーツ仲裁 ,  スポーツ法 ,  国際商事仲裁 ,  国際私法
論文 (20件):
  • 小川和茂. 2020東京大会のスポーツ仲裁裁判所アドホック部における審判の判定に対する不服申立てとField of Play原則. 仲裁とADR. 2022. 17. 43-48
  • 小川和茂. 第三者資金提供に関する情報の開示と最恵国条項に基づく他のBITの実体的な条項の均霑が争点とされた事例(投資協定仲裁判断例研究). JCAジャーナル. 2022. 69. 1. 32-38
  • 小川和茂. Introduction to Japanese Arbitration Act with Court Cases. 一般社団法人国際紛争解決センターウェブサイト(https://idrc.jp/#courtcase). 2021
  • 小川和茂. スポーツ仲裁における和解. 仲裁・ADRフォーラム. 2021. 7. 21-31
  • 小川 和茂. オリンピック・パラリンピックから考えるスポーツと法(第3回)選手選考と紛争解決. 法学教室. 2020. 474. 51-54
もっと見る
MISC (5件):
  • 小川和茂. スポーツ仲裁パネルの構成、審理手続、審問、仲裁判断【ビデオ教材】. https://youtu.be/vua1hshWiqU. 2020
  • 小川和茂. 国際仲裁の期間と仲裁手続にかかる費用【ビデオ教材】. https://youtu.be/QLeObRRCfwI. 2020
  • 小川 和茂. 仲裁判断の承認・執行【ビデオ教材】. https://youtu.be/ye9Bku5pPt0. 2020
  • 小川 和茂. 文献紹介 中村達也『仲裁法の論点』. 日本国際経済法学会年報. 2018. 27. 258-263
  • 小川 和茂. 海外文献紹介 Margaret L. Moses, The principles and practice of international commercial arbitration (Cambridge University Press, 2008) 358p. 仲裁とADR. 2009. 4. 58-61
書籍 (7件):
  • アンチ・ドーピングの手続とルール
    商事法務 2021
  • スポーツと法 : オリンピック・パラリンピックから考える
    有斐閣 2021 ISBN:9784641126299
  • スポーツ法へのファーストステップ
    法律文化社 2018 ISBN:9784589039651
  • スポーツの法律相談
    青林書院 2017
  • 国際商事仲裁の法と実務
    丸善雄松堂 2016 ISBN:9784841906752
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2005 立教大学大学院 法学研究科 博士後期課程退学
  • 2000 - 2003 立教大学大学院 法学研究科 博士前期課程
学位 (1件):
  • 修士(法学) (立教大学)
経歴 (21件):
  • 2022/04 - 現在 筑波大学法科大学院 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 上智大学法科大学院 兼任講師
  • 2020/09 - 現在 明治学院大学 法学部 兼任講師
  • 2018/02 - 現在 一般社団法人日本国際紛争解決センター 事務局次長
  • 2017/04 - 現在 立教大学 法学部 特任准教授
全件表示
所属学会 (4件):
国際取引法フォーラム ,  仲裁ADR法学会 ,  日本国際経済法学会 ,  国際私法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る