研究者
J-GLOBAL ID:200901002874782492   更新日: 2020年08月31日

福田 将虎

フクダ マサトラ | Fukuda Masatora
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 機能物性化学 ,  生体化学 ,  分子生物学 ,  生物分子化学
研究キーワード (6件): 遺伝子制御技術 ,  生体機能関連化学 ,  生物有機化学 ,  分子進化工学 ,  RNA編集 ,  転写後修飾
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2016 - 2019 細胞内シグナル伝達の一過的な制御を目指した新規RNA 変異導入技術の開発と応用
  • 2017 - ガイドRNAを用いた新規RNA変異導入技術の開発
  • 2014 - 2016 小分子化合物による生体内RNA 編集の制御とその機能解明
  • 2013 - 2016 生体内RNA 編集機構を利用した部位特異的変異導入法の開発
  • 2016 - RNA変異導入による新規遺伝子制御技術の開発
全件表示
論文 (27件):
  • Okuma, Kentaro, Oba, Akinori, Kuramoto, Risa, Iwashita, Hidefumi, Nagahora, Noriyoshi, Shioji, Kosei, Noguchi, Ryoma, Fukuda, Masatora. Synthesis and Fluorescence Properties of 1,​1-​Dimethyl-​1,​4-​Dihydrodibenzo[b,​h]​[1,​6]​naphthyridinium Iodides: Turn-​on Type Detection of DNA. European Journal of Organic Chemistry. 2017. 46. 6885-6888
  • Masatora Fukuda, Hiromitsu Umeno, Kanako Nose, Azusa Nishitarumizu, Ryoma Noguchi, Hiroyuki Nakagawa. Construction of a guide-RNA for site-directed RNA mutagenesis utilising intracellular A-to-I RNA editing. Scientific Reports. 2017. 7
  • Masatora Fukuda, Yui Oyama, Azusa Nishitarumizu, Miki Omura, Kanako Nose, Masanobu Deshimaru. Identification of an RNA element for specific coordination of A-to-I RNA editing on HTR2C pre-mRNA. GENES TO CELLS. 2015. 20. 10. 834-846
  • Masatora Fukuda, Kei Kurihara, Shota Yamaguchi, Yui Oyama, Masanobu Deshimaru. Improved design of hammerhead ribozyme for selective digestion of target RNA through recognition of site-specific adenosine-to-inosine RNA editing. RNA-A PUBLICATION OF THE RNA SOCIETY. 2014. 20. 3. 392-405
  • Kentaro Okuma, Tomohiro Koga, Saori Ozaki, Yutaro Suzuki, Kenta Horigami, Noriyoshi Nagahora, Kosei Shioji, Masatora Fukuda, Masanobu Deshimaru. One-pot synthesis of dibenzo[b,h][1,6]naphthyridines from 2-acetylaminobenzaldehyde: application to a fluorescent DNA-binding compound. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2014. 50. 98. 15525-15528
もっと見る
特許 (7件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 実験医学2018年12月号(RNAが修飾される!エピトランスクリプトームによる生命機能と疾患の制御)
    羊土社 2018 ISBN:9784758125147
  • 実験医学2018年6月号(がんは免疫系をいかに抑制するのか)
    羊土社 2018
  • Combinatorial methodologies for development of chemical and biological sensors
    Springer New York 2009
講演・口頭発表等 (69件):
  • A-to-I RNA編集を標的部位特異的に誘導するガイドRNAの設計と機能評価
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • A-to-I RNA編集の翻訳開始点生成によるタンパク質翻訳制御
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Identification of optimal structure and nucleotide sequences of AD-gRNA for an efficient site-directed A-to-I RNA editing
    (第45回国際核酸化学シンポジウム、日本核酸化学会第2回年会 2018)
  • RNA編集を部位特異的に誘導する機能性RNAの設計と機能評価
    (第12回バイオ関連化学シンポジウム 2018)
  • Development of the site-directed RNA editing technology for regulating an energy system in the cell
    (The 9th International Symposium of Advanced Energy Science 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 京都大学 エネルギー基礎科学専攻
  • 2000 - 2002 京都大学 エネルギー基礎科学
  • 1996 - 2000 関西学院大学 物理
学位 (1件):
  • 博士(エネルギー科学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2008 - 2010 京都大学大学院エネルギー科学研究科 グローバルCOE特定助教
  • 2010 - 福岡大学理学部化学科 助教
  • 2006 - 2008 京都大学エネルギー理工学研究所 講師(研究機関研究員)
  • 2008 - 京都大学次世代開拓研究ユニット 研究員
受賞 (2件):
  • 2009 - World Renewable Energy Congress 2009-Asia; Best Poster Award
  • 2008 - 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry Conference Prize
所属学会 (5件):
日本核酸医薬学会 ,  日本化学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本RNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る