研究者
J-GLOBAL ID:200901002985649503   更新日: 2020年09月01日

澤田 秀幸

サワダ ヒデユキ | Sawada Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 副院長
ホームページURL (1件): http://www.hosp.go.jp/9,458,30.html
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (4件): 神経保護 ,  神経細胞死 ,  アポトーシス ,  パーキンソン病
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2007 - 2008 パーキンソン病におけるジスキネジアに対するアマンタジンの有効性検証
  • パーキンソン病における神経細胞死
  • Neuronal death in Parkinson's olisease
論文 (79件):
  • Masayuki Kohsaka, Tomoko Oeda, Atsushi Umemura, Satoshi Tomita, Kwiyoung Park, Kenji Yamamoto, Hiroshi Sugiyama, Hideyuki Sawada. Oxybuprocaine for apraxia of lid opening in Parkinson's disease: A placebo-controlled pilot trial. Movement Disorders. 2018. 33. 3. 494-495
  • Hideyuki Sawada. Clinical efficacy of edaravone for the treatment of amyotrophic lateral sclerosis. EXPERT OPINION ON PHARMACOTHERAPY. 2017. 18. 7. 735-738
  • Kajikawa S, Oeda T, Park K, Yamamoto K, Sugiyama H, Sawada H. メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による感染性心内膜炎にくも膜下出血を合併した1例. Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology. 2017. 57. 12. 775-777
  • Tomoko Oeda, Atsushi Umemura, Yuko Mori, Satoshi Tomita, Masayuki Kohsaka, Kwiyoung Park, Kimiko Inoue, Harutoshi Fujimura, Hiroshi Hasegawa, Hiroshi Sugiyama, et al. Impact of glucocerebrosidase mutations on motor and nonmotor complications in Parkinson's disease. NEUROBIOLOGY OF AGING. 2015. 36. 12. 3306-3313
  • Satoshi Tomita, Tomoko Oeda, Atsushi Umemura, Masayuki Kohsaka, Kwiyoung Park, Kenji Yamamoto, Hiroshi Sugiyama, Chiaki Mori, Kimiko Inoue, Harutoshi Fujimura, et al. Impact of Aspiration Pneumonia on the Clinical Course of Progressive Supranuclear Palsy: A Retrospective Cohort Study. PLOS ONE. 2015. 10. 8. e0135823
もっと見る
MISC (67件):
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (4件):
  • Risk factors for psychosis in Parkinson's disease
    (3rd International Symposium on Dopaminergic and Nondopaminergic Mechanisms in Parkinson's Disease 2007)
  • Cardiac metaiodobenzylguanidine scintigraphy as a peripheral bimarker for the diagnosis of Parkinson's disease
    (XVII WFN World Congress on Parkinson's Disease and Related Disorders 2007)
  • Cardiac metaiodobenzylguanidine (MIBG) scintigraphy as a peripheral bimarker for the diagnosis of Parkinson's disease
    (5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience 2007)
  • Risk factors for psychosis in Parkinson disease
    (17th WFN World Congress on Parkinson’s disease and Related Disorders 2007)
Works (9件):
  • 日本学術振興会 平成 19年度 科学研究費補助金 神経細胞死と封入体形成との関係をアグレソーム形成とオートファジーから探る
    2007 - 2008
  • 精神神経疾患研究委託費 神経疾患の診断・治療・予防に関する包括的臨床研究 パーキンソン病のジスキネジアんに対する塩酸アマンタジンの有効性
    2006 - 2008
  • 国立病院機構共同臨床研究 パーキンソン病治療アウトカム:精神賞zひょうのハイリスクグループ道知恵と薬剤による予防研究
    2006 - 2008
  • 国立病院機構共同研究 パーキンソン病における麦角ドパミン受容体刺激薬による心臓弁膜症の頻度
    2006 - 2008
  • 日本学術振興会平成17年度 科学研究費補助金 プロテアソーム活性制御によるドーパミンニューロン保護の分子機構
    2005 - 2006
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 1997 京都大学 内科系
  • - 1997 京都大学 内科系
  • - 1997 京都大学
  • - 1986 京都大学 医学科
  • - 1986 京都大学
学位 (1件):
  • 京都大学博士(医学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2016/01 - 現在 国立病院機構宇多野病院 副院長
  • 2005/06 - 2015/12 国立病院機構宇多野病院 臨床研究部長
  • 2000 - 2005 京都大学助手
  • 2000 - 2005 Kyoto University Hospital, Assistant Professor
  • 1997 - 2000 京都大学医学部付属病院医員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本神経学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2002 - 第2回パーキンソン病フォーラムベストポスター賞
所属学会 (5件):
日本痴呆学会 ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本自律神経学会 ,  日本神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る